その他研究活動
公開件数:11件
No. 学内分類 単独・共同区分 研究業績名 発表等(場所、媒体、報告書名等) 研究期間
1 その他
単独
「優⽣思想と⽣命倫理――安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件」
社会福祉法⼈京都国際社会福祉協⼒会 2017年度研修講座「事例から学ぶソーシャルワーク」於:京都国際社会福祉センター
2017/09/20-
2 一般向け講座
単独
「事件を生んだ「「障害者はいらない」という考え方(優生思想)」を考える――安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件」
JCIL居場所づくり勉強会 第47弾 日本自立生活センターセンター事務所(油小路)
2017/08/01-
3 一般向け講座
単独
「安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件」 (京都自由大学 連続講座:相模原障害者殺傷事件)
京都社会文化センター
2017/07/14-
4 その他
単独
「社会に広がる「迷惑視」意識」
京都新聞 朝刊
2017/02/25-
5 その他
共同
「憎むのでもなく、許すのでもなく――歴史に立ち会うこと、歴史の証言者となること」
上智大学グリーフケア研究所人材養成講座、特別講義 於:上智大学11号館、2015年12月19日
2015/12/19-2015/12/19
6 その他
単独
「いのちの教育」がはらむ矛盾 自己犠牲の死 称揚するな」
『京都新聞』2010年4月9日
2010/04/09-
7 その他
単独
「終末期医療全国病院アンケート 読売新聞社・立命館大共同調査」コメント
『読売新聞』朝刊:1,3
2008/07/26-
8 その他
単独
公開研究会:「「いのちの教育」のゆくえ」 企画・運営・司会衣笠総合研究機構連携プロジェクト研究「争点としての生命」研究会

2004/09/25-
9 その他
単独
「生と死の教育のポリティクス──『生と死の語り方』を再考する」生協連医療部会公開学習会「非専門家への生命倫理教育のあり方――パターナリズムの克服やリビングウィルの今後にもふれて」

2004/08/07-
10 その他
単独
「幅広い「知」集め,「生と死」考える 東大大学院(いのち)」
『朝日新聞』朝刊(東京地方版)
2004/06/17-
11 その他
単独
「Teaching about reproductive technology in high school ethics class」お茶の水女子大学21世紀COE「ジェンダー研究のフロンティア」『ポストゲノム時代の生物医学とジェンダー』若手研究者ワークショップ

2004/01/06-2004/01/08