日本語
College of Social Sciences  /
Department of Social Sciences

 (Female)
 Izumi   OTANI  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Sociology
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Human Sciences
The Kinugasa Research Organization   /
Institute of Ars Vivendi
■Graduate school/University/other
03/1983  Sophia University  Faculty of Humanities  Department of Philosophy  Graduated
03/2006  Ritsumeikan University  Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences  Doctoral course  Completed
■Academic degrees
Doctor of Philosophy (03/2006 Ritsumeikan University)  
■Committee history
 日本生命倫理学会  理事、評議員、研究開発委員
 日本医学哲学・倫理学会  理事、評議員
■Academic society memberships
Japan Association for Bioethics  
The Japanese Association for Philosophical and Ethical Researches in Medicine  
The Japanese Society for Ethics  
■Subject of research
History of Discussion of Euthanasia/Death with Dignity
History of Induction of Bioethics/Thanatology to Japan
Analysis and Recombination of Discourse Structure of “Birth, Aging, Sickness and Death”
■Research keywords
生命倫理学・死生学の日本導入史、安楽死・尊厳死言説史、メディアに描かれる生老病死、ジェンダーと生命倫理、 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
「第9章 人間の尊厳と死――「死の尊厳」の語られ方を読み解く」, 柏木惠子・高橋惠子編『人口の心理学へ――少子高齢社会の命と心』  ちとせプレス  183-197  07/2016
「安楽死・尊厳死――少子高齢社会における「死に方/死なせ方」の政治学」日本老年行動科学会監修・大川一郎編集代表『高齢者のこころとからだ事典』  中央法規出版  542-543  09/2014
「安楽死と尊厳死」伏木信次・樫則章・霜田求編『生命倫理と医療倫理改訂3版』  金芳堂  108-115  03/2014
View details...

Papers
「ハンドル形電動車いす利用者をめぐる実態と法制度――日本・ドイツ・韓国を中心に」  川端美季・大谷いづみ  『立命館人間科学研究』  38, 91-100  01/2019  1346678X
「現代医学における「死の選択」が問いかけるもの」  大谷いづみ  『大法輪』  85/ 10, 135-142  10/2018
「生きるに値しない生命終結の許容」はどのように語られたか――日本法学界における「安楽死・尊厳死」論史の一断章」(緊急特集:相模原障害者殺傷事件)  大谷いづみ  『現代思想』  44/ 19, 102-113  10/2016
View details...

Research presentations
「安楽死・尊厳死論の系譜と障害者殺傷事件」  韓国障害学会定例会  03/16/2019
「「問い書き対話するいとなみ」と「障害を持つ女性」という経験」  2018年度 日本医学哲学・倫理学会 公開講座「障害のなかで生きること――「障害があることは不幸」なのか」  02/16/2019
「「死を選ぶ権利」について 考えておきたいこと」  生存学研究センター公開シンポジウム「安楽死のリアル ――一つではない「良い死」」  02/02/2019
View details...

Other research achievements
「優⽣思想と⽣命倫理――安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件」  社会福祉法⼈京都国際社会福祉協⼒会 2017年度研修講座「事例から学ぶソーシャルワーク」於:京都国際社会福祉センター  09/20/2017-
「事件を生んだ「「障害者はいらない」という考え方(優生思想)」を考える――安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件」  JCIL居場所づくり勉強会 第47弾 日本自立生活センターセンター事務所(油小路)  08/01/2017-
「安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件」
(京都自由大学 連続講座:相模原障害者殺傷事件)  京都社会文化センター  07/14/2017-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Competitive grants, etc. (exc. KAKENHI)
「生存学」創成拠点―障老病異と共に暮らす世界へ  グローバルCOE プログラム、事業推進担当者  2007  2011
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Research Project  Lecture
2017  Clinical Study of Education  Lecture
View details...

Teaching achievements
コミュニケーションペーパーとそのフィードバックによるをもとに授業を再構成し、学生の多様な意見を共有することによって教員と受講生、受講生同士の相互作用による双方向授業を行った。  04/2007-
基調講演「「問い」を立て直す ~「生と死の自己決定」をめぐって~」(第8回福祉教育研修講座、社団法人日本社会福祉教育学校連盟主催、於:法政大学)  01/2008-01/2008
View details...
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Bioethics