English
顔写真
生命科学部  /
応用化学科

 ツツミ   オサム   (男)
 堤    治   教授
 Osamu   TSUTSUMI

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
総合科学技術研究機構   /
ソフト・ハード融合機能材料研究センター
総合科学技術研究機構   /
SRセンター
■出身大学院・出身大学他
1991/03  佐世保工業高等専門学校  工業化学科  卒業
1993/03  熊本大学  工学部  応用化学科  卒業
1995/03  東京工業大学大学院  総合理工学研究科  化学環境工学専攻  修士課程  修了
1998/03  東京工業大学大学院  総合理工学研究科  化学環境工学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(工学) (1998/03 東京工業大学)  
■職歴
1997/04/01-1999/03/31  日本学術振興会・特別研究員
1998/04/01-1999/01/25  California Institute of Technology 博士研究員 [国外]
1999/01/26-1999/04/30  University of Arizona 博士研究員 [国外]
1999/05/01-2002/12/31  東京工業大学 資源化学研究所 高分子材料部門 ・助手
2002/04/01-2007/03/31  東京理科大学 理学部第二部 化学科・非常勤講師(併任)
2003/01/01-2007/03/31  (株)荏原総合研究所 化学研究室・研究員
2007/04/01-2008/03/31  立命館大学理工学部応用化学科(高分子材料化学研究室)・准教授
2008/04/01-2014/03/31  立命館大学生命科学部応用化学科(高分子材料化学研究室)・准教授
2014/04/01-  立命館大学生命科学部応用化学科(高分子材料化学研究室)・教授(現在に至る)
■委員歴
2000/07-  18th International Liquid Crystal Conference (ILCC 2000) 出版委員会委員
2005/04-2007/03  高分子学会関東支部湘北地区懇話会 幹事
2006/07-2008/12  日本液晶学会 学会誌編集委員
2009-2011  日本化学会 国際化学オリンピック チューターおよび問題翻訳委員
2011/01-  日本液晶学会 化学・材料フォーラム委員
2012/02-  日本化学会近畿支部幹事
2012/04-  日本化学会春季年会実行委員会 会場小委員会副委員長
■所属学会
American Chemical Society  
日本化学会  
高分子学会  
日本液晶学会  
近畿化学協会  
American Association for the Advancement of Science  
■免許・資格
電話級アマチュア無線技士  (1987)    危険物取扱者免状(甲種)  (2014)   
■研究キーワード
高分子化学,機能性材料,ソフトマテリアル,液晶,光化学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
フォトクロミズムを利用する光応答性高分子液晶材料(「ナノ・IT時代の分子機能材料と素子開発」)  堤 治, 中野 誠, 池田 富樹 (吉野勝己監修)  エヌ・ティー・エス  第2編第3章第2節 (159 - 169)  2004
液晶表示材料(「新改訂・表面科学の基礎と応用」)  堤 治, 池田 富樹(日本表面化学会編)  エヌ・ティー・エス  第3編第4章 (1240 - 1242)  2004
光を用いた書き込み技術(「次世代液晶ディスプレイ」)  堤 治, 池田 富樹(小林俊介編)  共立出版  第10章 (142 - 165)  2000
一覧表示...

論文
「研究現場最前線」立命館大学 生命科学部応用化学科 堤研究室  堤治  液晶  23, 56–57  2019
Conducting Copolymers Nanocomposite Coatings with Aggregation-Controlled Luminescence and Efficient Corrosion Inhibition Properties  Kamal I. Aly, Osama Younis, Mahmoud H. Mahross, Esam A. Orabi, Mohamed Abdel-Hakim, Osamu Tsutsumi, Mohamed Gamal Mohamed, Marwa M. Sayed  Progress Org. Coatings  135, 525–535  2019  10.1016/j.porgcoat.2019.06.001
Luminescent Zinc(II) Selone Macrocyclic Ring  Gembali Raju, Moulali Vaddamanu, Mannarsamy Maruthupandi, Nirmala Muthukumaran, Shin-ya Nakamura, Yamane Masaya, Kyohei Hisano, Osamu Tsutsumi, Chinmoy Biswas, Sai Santosh Kumar Raavi, Ganesan Prabusankar  RSC Adv.  9, 14841–14848  2019  10.1039/c9ra01819k
一覧表示...

研究発表等
White-Color Luminescence Emitted from Liquid-Crystalline AIEgens  International Conference on Photochemistry (ICP) 2019  2019/07/23
Crystal-Size-Controlled Photoluminescence of Au(I) Complexes with High AIE Character  10th International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT 2019)  2019/06/25
Mechano-Optical Behavior of Chiral Liquid-Crystalline Elastomers  PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2019)  2019/06/17
一覧表示...

その他研究活動
未来の起源  TBSテレビ  2018/12/28-
ゴムフィルム 伸縮・光反射で色変化  日経産業新聞  2018/10/12-
白色発光する透明高分子材,立命館大が開発 曲面など対応  日刊工業新聞  2017/05/29-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
デバイスの低消費電力化に資する高分子液晶を利用した単一化合物白色発光材料  日本学術振興会 二国間交流事業(エジプト(MOSR-STDF)との共同研究)  2018/04  2020/03  代表
多機能・高性能発光デバイスを指向した白色発光高分子の開発  科学技術振興機構 地域産学バリュープログラム  2017/12  2018/11  代表
シンプルな素子構成によるフレキシブル有機LEDデバイスの開発  マッチングプランナープログラム「探索試験」  2015  2016  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
封止用ゴム材料の評価  2015/10-2016/03  受託研究  代表
新規色素の開発  2014/10-2015/09  受託研究  代表
フィルムコーティング技術と分子材料の融合による新規デバイスの開発  2014/10-2015/09  技術指導  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究成果国際発信プログラム   -     ソフト/ハード融合機能材料研究の国際成果発信と国際連携強化   代表   -   2017/10-2018/03   2017   1,000,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     Development of Luminescent Gold Complexes with NHC Carbene Ligands   代表   -   2017/04-2018/03   2017     
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     柔軟な異方性らせん集積金(Ⅰ)錯体の構造と機能の外場制御   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
一覧表示...

知的財産権
複合構造体、センサ及びセンサシステム  特願2019-031009
放射状らせん分子配向構造を有するコレステリック液晶ポリマー微粒子、コレステリック液晶ポリマー微粒子の製造方法、及び分散安定剤の使用方法  特願2019-030942
円偏光発光用組成物  特願2018-025262
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  材料化学実験2  実験・実習・実技
2017  有機化学実験2  実験・実習・実技
2017  応用化学セミナー  演習
一覧表示...

教育活動
立命館高校「高2キャリアガイダンス」を担当。  2015/11-2015/11
Web講義
わたしたちの「くらし」をささえる化学』
わたしたちの生活を豊かにする材料
―有機機能材料-  2009/05-2009/05
生命科学部・応用化学科は何を目指しているのか?何が学べるのか?  2008/09-2008/09
一覧表示...
■関連URL
 高分子材料化学研究室
 高分子材料化学研究室 Facebook
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
高分子化学
機能物質化学
機能材料・デバイス