English
顔写真
生命科学部  /
応用化学科

 ツツミ   オサム   (男)
 堤    治   教授
 Osamu   TSUTSUMI

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
総合科学技術研究機構   /
ソフト・ハード融合機能材料研究センター
総合科学技術研究機構   /
SRセンター
■出身大学院・出身大学他
1991/03  佐世保工業高等専門学校  工業化学科  卒業
1993/03  熊本大学  工学部  応用化学科  卒業
1995/03  東京工業大学大学院  総合理工学研究科  化学環境工学専攻  修士課程  修了
1998/03  東京工業大学大学院  総合理工学研究科  化学環境工学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(工学) (1998/03 東京工業大学)  
■職歴
1997/04/01-1999/03/31  日本学術振興会・特別研究員
1998/04/01-1999/01/25  California Institute of Technology 博士研究員 [国外]
1999/01/26-1999/04/30  University of Arizona 博士研究員 [国外]
1999/05/01-2002/12/31  東京工業大学 資源化学研究所 高分子材料部門 ・助手
2002/04/01-2007/03/31  東京理科大学 理学部第二部 化学科・非常勤講師(併任)
2003/01/01-2007/03/31  (株)荏原総合研究所 化学研究室・研究員
2007/04/01-2008/03/31  立命館大学理工学部応用化学科(高分子材料化学研究室)・准教授
2008/04/01-2014/03/31  立命館大学生命科学部応用化学科(高分子材料化学研究室)・准教授
2014/04/01-  立命館大学生命科学部応用化学科(高分子材料化学研究室)・教授(現在に至る)
■委員歴
2000/07-  18th International Liquid Crystal Conference (ILCC 2000) 出版委員会委員
2005/04-2007/03  高分子学会関東支部湘北地区懇話会 幹事
2006/07-2008/12  日本液晶学会 学会誌編集委員
2009-2011  日本化学会 国際化学オリンピック チューターおよび問題翻訳委員
2011/01-  日本液晶学会 化学・材料フォーラム委員
2012/02-  日本化学会近畿支部幹事
2012/04-  日本化学会春季年会実行委員会 会場小委員会副委員長
■所属学会
American Chemical Society  
日本化学会  
高分子学会  
日本液晶学会  
近畿化学協会  
American Association for the Advancement of Science  
■免許・資格
電話級アマチュア無線技士  (1987)    危険物取扱者免状(甲種)  (2014)   
■研究キーワード
高分子化学,機能性材料,ソフトマテリアル,液晶,光化学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
フォトクロミズムを利用する光応答性高分子液晶材料(「ナノ・IT時代の分子機能材料と素子開発」)  堤 治, 中野 誠, 池田 富樹 (吉野勝己監修)  エヌ・ティー・エス  第2編第3章第2節 (159 - 169)  2004
液晶表示材料(「新改訂・表面科学の基礎と応用」)  堤 治, 池田 富樹(日本表面化学会編)  エヌ・ティー・エス  第3編第4章 (1240 - 1242)  2004
光を用いた書き込み技術(「次世代液晶ディスプレイ」)  堤 治, 池田 富樹(小林俊介編)  共立出版  第10章 (142 - 165)  2000
一覧表示...

論文
Color tuning donor-acceptor-type azobenzene dyes by controlling the molecular geometry of the donor moiety  Shigeyuki Yamada, Junko Bessho, Hitoya Nakasato, Osamu Tsutsumi  Dyes and Pigments  150, 89–96  2018  10.1016/j.dyepig.2017.11.002
Electron-density distribution tuning for enhanced thermal stability of luminescent gold complexes  Shigeyuki Yamada, Shun Yamaguchi and Osamu Tsutsumi  J. Mater. Chem. C  5, 7977–7984  2017  10.1039/C7TC00728K
Mesogenic Gold Complexes Showing Aggregation-Induced Enhancement of Phosphorescence in Both Crystalline and Liquid-Crystalline Phases  Shigeyuki Yamada, Yuki Rokusha, Ryo Kawano, Kaori Fujisawa, and Osamu Tsutsumi  Faraday Discussions  196, 269-283  2017  10.1039/C6FD00157B
一覧表示...

研究発表等
Aggregation-Controlled Emission: Full-Color and White-Color Luminescence from a Single Liquid-Crystalline AIEgen  9th International Conference on Materials for Advanced Technologies  2017/06/21
環状三核金錯体の発光挙動の結晶サイズ依存性  第15回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム  2017/06/04
ひずみ応答性液晶エラストマー  第15回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム  2017/06/04
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
シンプルな素子構成によるフレキシブル有機LEDデバイスの開発  マッチングプランナープログラム「探索試験」  2015  2016  代表
発光材料としての液晶性金錯体の開発  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  2011  2011  代表
液晶を利用した金ナノ微粒子の組織化と光による組織構造制御  (財)池谷科学技術振興財団 研究助成  2009  2009  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
封止用ゴム材料の評価  2015/10-2016/03  受託研究  代表
新規色素の開発  2014/10-2015/09  受託研究  代表
フィルムコーティング技術と分子材料の融合による新規デバイスの開発  2014/10-2015/09  技術指導  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究成果国際発信プログラム   -     ソフト/ハード融合機能材料研究の国際成果発信と国際連携強化   代表   -   2017/10-2018/03   2017   1,000,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     Development of Luminescent Gold Complexes with NHC Carbene Ligands   代表   -   2017/04-2018/03   2017     
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     柔軟な異方性らせん集積金(Ⅰ)錯体の構造と機能の外場制御   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
一覧表示...

知的財産権
フォトルミネッセント材料として有用なポリマー  特願2016-142396
光応答性液晶組成物  特願2014-219144 (P2014-219144)
高分子電解質膜,電極および燃料電池  特願2007-086856
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  材料化学実験2  実験・実習・実技
2017  有機化学実験2  実験・実習・実技
2017  応用化学セミナー  演習
一覧表示...

教育活動
立命館高校「高2キャリアガイダンス」を担当。  2015/11-2015/11
Web講義
わたしたちの「くらし」をささえる化学』
わたしたちの生活を豊かにする材料
―有機機能材料-  2009/05-2009/05
生命科学部・応用化学科は何を目指しているのか?何が学べるのか?  2008/09-2008/09
一覧表示...
■関連URL
 高分子材料化学研究室
 高分子材料化学研究室 Facebook
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
高分子化学
機能物質化学
機能材料・デバイス