研究発表等
公開件数:77件
No. 発表題名 発表会議名(発表誌等の媒体名) 発表年月日
1 保育施設における乳幼児の「かみつき」・「ひっかき」事例に関する継続的調査
第30回日本保健福祉学会学術集会
2017/10/01
2 デジタルペンを用いた描画プロセスにおける筆速変化の分析
日本心理学会第81回大会
2017/09/21
3 乳幼児の集団保育場面における「かみつき」・「ひっかき」事例の発生について -年齢別に見た発生頻度や被害部位にも注目して-
日本心理学会第81回大会
2017/09/21
4 Nurturance in Young Children: Investigation using semi-structured interviews
the 4th International Conference on Education, Psychology, and Social sciences
2017/08/04
5 世界の子どもたちの幸福
立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構 第3期拠点形成型 R-GIRO研究プログラム「学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成」/立命館大学人間科学研究所(いばらきコホートプロジェクト)/総合心理学部 共催による講演会
2017/07/10
6 The D2-R Test; Comparative Studies in Selective Attention between French and Japanese Elderlies/Students
The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences
2017/03/25
7 「養育者と乳幼児の社会的関係性に関する研究:行動観察,指標開発から縦断研究まで」
発達心理学会関西地区懇話会
2016/12/04
8 縦断研究のこれまでとこれから:科学的根拠に基づく対人援助を目指して
「対人援助の新展開:理論・方法・制度の視点から」
2016/12/03
9 Interaction Rating Scale: Evaluating caregiver–child relationships through observable behaviours.
British Psychological Society Developmental Psychology Section Annual Conference
2016/09
10 創造性と自己表現・その光と影―教育・支援のありかたといじめ問題―
立命館グローバル・イノベーション研究機構「学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成」主催,立命館大学人間科学研究所「学融的な人間科学の構築プロジェクト」共催シンポジウム
2016/09/22
11 Applicability of French "Palate Education" to Japanese Preschoolers
31st International Congress of Psychology
2016/07
12 Relation between self-regulation and social interaction in the youngest class of kindergarten: A short-term longitudinal study.
31st International Congress of Psychology
2016/07/25
13 Quantitative dynamic analysis of developmental changes in children's drawing activities through the Digital Pen
31st International Congress of Psychology
2016/07/25
14 デジタルペンを用いた線描画課題における子どもの行動制御能力の発達的変化の検討
日本発達心理学会第27回大会
2016/05/01
15 デジタルペンを用いた描画発達検査における描画プロセスの検討:幼児期から学童期の発達的変化に注目して
日本発達心理学会第27回大会
2016/05/01
16 学童期における系列化の発達―円系列課題を用いて―
日本発達心理学会第27回大会
2016/04/29
17 d2-R テストを用いた視覚的注意の測定と発達的変化:日独比較による検討
2015年度立命館大学人間科学研究所年次総会
2015/11/21
18 乳幼児の集団保育場面で発生した「かみつき」・「ひっかき」事例について:保育士による縦断調査の結果から
日本心理学会第79回大会
2015/09/23
19 The d2-R test of attention; The Comparison between French and Japanese elderly people.
14th European Congress of Psychology
2015/07/09
20 Japanese Children’s Drawing Processes and Performance on Bender Gestalt Test: Analysis Using a Digital Pen
Association for Psychological Science the 27th Annual Convention
2015/05/23
21 描線情報解析ソフトを用いた描画発達検査の分析
日本発達心理学会第26回大会
2015/03/20
22 乳幼児期のかかわりが社会性発達に及ぼす影響:出生コホートと保育コホートによる検証
第73回日本公衆衛生学会総会
2014/11
23 ワークショップ「コンピュータを用いた描画プロセスの定量的分析」
ワークショップ (文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C,25380903)/立命館大学人間科学研究所共催)
2014/09/13
24 幼児におけるうそ行動の認知的基盤の検討
日本心理学会第78回大会
2014/09/11
25 An attempt to computerize a projective approach
日本心理学会第78回大会
2014/09/11
26 Japanese adolescents’ concentration and attention measured by the d2-R test
Association for Psychological Science 26th Annual Convention
2014/05/23
27 d2-Rテストを用いた日本人小学生の注意・集中力の測定- ADHD-RSとの関連について -
日本発達心理学会第25回大会
2014/03
28 縦断観察による年少クラスの幼児の自己主張の発達的変化
日本発達心理学会第25回大会
2014/03
29 保育園年長児におけるオートバイを使用した 教育実践に関する実証的研究
日本心理学会第77回大会
2013/09/20
30 幼児におけるうそ行動と誤信念理解との関連
日本心理学会第77回大会
2013/09/20
31 外国の幼稚園に通う幼児の自己主張と社会的受容
日本心理学会第77回大会
2013/09/19
32 Changes in characteristic of self-assertion based on age by observation of young children
The 13th European congress of Psychology
2013/07
33 Japanese preschoolers’ drawing process and performance on Bender Gestalt test as analyzed by use of a digital pen
The 13th European congress of Psychology
2013/07/12
34 Self-assertion and Social acceptance of young child who attends a foreign country’s kindergarten
Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity
2013/04/29
35 Comparing concentration and attention between French and Japanese students: A new methodological approach to the d2-R test
Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity
2013/04/29
36 18か月時の睡眠リズムと社会能力の発達軌跡に関する研究
第71回日本公衆衛生学会総会
2012/10/24
37 幼児におけるベンダーゲシュタルトテスト得点とその筆運プロセスの関連;筆速と筆順に注目して
日本心理学会第76回大会
2012/09
38 Quantitative dynamic analysis of developmental changes in children’s drawings and writings through the Digital Pen.
The 30th International Congress of Psychology
2012/07
39 Developmental changes in young children's self assertion:Observation in free play situations
The 30th International Congress of Psychology
2012/07/25
40 乳幼児のなぐり描きに関する縦断的研究-行動計測機器を用いた検討-
日本発達心理学会第23回大会発表論文集p.473
2012/03/10
41 行動計測機器を用いた幼児の描画研究-ベンダーゲシュタルトテストの分析-
日本心理学会第75回大会
2011/09
42 行動計測機器デジタルペンを用いた幼児の書字・描画研究-筆順エラーに着目して-
発達心理学会第22回大会
2011/03/25
43 Quantitative dynamic assessment of Asperger’s Disorder through a Digital Pen drawing exploration.
The 1st Global Congress for Consensus in Pediatrics & Child Health.
2011/02
44 Value of Children and Intergenerational Relations in Japan
The 11th meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences
2010/10/09
45 フィリップ・ワロン氏「発達障害(自閉症、LD、ADHD等)とコンピュータ利用によるその診断」・クロード・メスマン氏「女性の名において―フランスにおける女性の諸問題―」(公開講演会)
フィリップ・ワロン先生、クロード・メスマン先生講演会(主催:科学研究費補助金『行動計測機「デジタルペン」を用いた幼児の描画プロセスの研究』研究代表者:矢藤優子)
2009/10/28
46 空気をはかる技法―あいまいさをデータ化する工夫と苦労―
日本心理学会第73回大会
2009/08
47 行動計測機器デジタルペンを用いた幼児の描画研究-筆順と筆速に着目して-
日本発達心理学会第20回大会
2009/03/23
48 「母親の態度・行動と子どもの知的発達 日米比較研究」を読む―日本における発達心理学/文化心理学の軌跡を未来に活かすために
日本発達心理学会第19回大会シンポジウム
2008
49 両親の育児方針の一致が子どもの発達に与える影響について―主観的な一致感と4ヵ月・9ヵ月時のKIDS得点との関連から―
日本発達心理学会第19回大会発表
2008
50 4ヵ月齢の母子相互作用は9ヵ月齢の何を予測するか
日本発達心理学会第19回大会発表
2008
51 行動計測機器を用いた幼児の描画に関する発達的研究
日本発達心理学会第19回大会発表
2008
52 共同注意研究の最前線-臨床への架け橋-:乳幼児と養育者のおもちゃ遊び場面における共同注意-視覚障害を手がかりに-
第18回日本乳幼児医学・心理学会シンポジウム
2008/11/15
53 4ヶ月・9ヶ月齢時における乳児のStill-Faceに対する反応と18ヶ月齢時の社会能力との関連
日本心理学会72回大会
2008/09/19
54 心理学に貢献する行動計測の最前線
日本心理学会72回大会
2008/09/19
55 The relationship between parents' attitudes toward controlling their child and the child's sociability
The 20th biennial meetings of international society for the study of behavioral development
2008/07
56 Children's drawings analyzed by the digital pen
XXIXth International Congress of Psychology
2008/07/20
57 発達心理学と行動計測のコラボレーション
日本発達心理学会企画シンポジウム
2007
58 多変量データに基づいて類型化された4ヵ月齢児の行動パターンと母親の育児ストレス―Still-Face 場面の行動分析から―
日本心理学会第71回大会発表
2007
59 多変量データに基づいて類型化されたStill-Faceに対する乳児の反応パターンと社会性―4・9ヵ月齢における縦断的データをもとにして―
日本パーソナリティ心理学会第16回大会発表
2007
60 遊び場面における母子の絵本への関わり方―20-22ヵ月齢児を対象として―
日本発達心理学会第17回大会
2006
61 Japanese 4-month-old Infants’ and Mothers’ Interaction in Still-Face Situation.
The 19th biennial meetings of international society for the study of behavioral development
2006
62 Still-Face場面における母子の行動分析 -4ヵ月齢・9ヵ月齢の縦断的変化-
日本心理学会第70回大会
2006
63 家庭でのおもちゃ遊び場面における視覚障害児とその母親の聴覚・触覚による共同注意
日本発達心理学会第16回大会発表論文集p.511
2005
64 シンポジウム「キレる行動を科学する(1)その進化生態学的適応価」 指定討論者
日本発達心理学会第16回大会
2005/03/29
65 Mother-Infant Joint Attention and Maternal Utterances during Toy Play.
The 18th biennial meetings of international society for the study of behavioral development
2004
66 聴覚的な注意の共有のための方略―幼児と成人の比較―
日本発達心理学会第14回大会発表論文集p.264
2003
67 Mother-Infant Joint Attention and Maternal Responsiveness during Toy Play.
The 17th biennial meetings of international society for the study of behavioral development
2002
68 母子の注意共有と子どもに向けられた母親の発話
日本発達心理学会第12回大会p.63
2001
69 母子の注意共有と注意を向けさせる母親の行動
日本心理学会第64回大会発表論文集p.1061
2000
70 Maternal Attention-Directing Behaviors and Mother-Infant Joint Attention at Toy Play Situation.
The 16th biennial meetings of international society for the study of behavioral development
2000
71 おもちゃ遊び場面での7ヵ月児とその母親の注意の共有-子どもの気質との関連-
日本発達心理学会第11回大会発表論文集p.313
2000
72 積み木課題場面における母親の子に対する教示方略②
日本心理学会第63回大会発表論文集p.864
1999
73 積み木課題場面における母親の子に対する教示方略
日本発達心理学会第10回大会発表論文集p.467
1999
74 注意の共有を手がかりとした母子相互作用研究
日本心理学会第62回大会発表論文集p.312
1998
75 母子の遊び場面での注意共有の方略
日本発達心理学会第9回大会発表論文集 p.213
1998
76 20~22ヵ月児の養育環境及び母親の子への接し方
日本心理学会第61回大会発表論文集 p.275
1997
77 通園施設における発達障害児の行動特性とその変化
日本発達心理学会第8回大会発表論文集 p.156
1997