English
総合心理学部  /
総合心理学科

 ヤトウ   ユウコ   (女)
 矢藤    優子   教授
 Yuko   YATO

■兼務所属(本学内)
文学研究科
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
OIC総合研究機構   /
認知科学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1996/03  大阪大学  人間科学部  卒業
2001/03  大阪大学大学院人間科学研究科  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(人間科学) (2001/03 大阪大学大学院人間科学研究科)  
■職歴
2001/04/01-2001/09/30  大阪成蹊女子短期大学 非常勤講師(教育心理学担当)
2002/04/01-2005/03/31  富山短期大学 幼児教育学科 講師
2003/04/01-2004/09/30  富山大学人文学部 非常勤講師(心理学演習担当)
2003/10/01-2004/03/31  富山大学教養教育実施機構 非常勤講師(こころの科学担当)
2005/04/01-2007/03/31  JST社会技術研究開発センター 計画型研究開発 研究員
2006/04/01-2008/09/30  富山短期大学 専攻科食物栄養専攻 非常勤講師(小児発達特論担当)
2007/04/01-2011/03/31  JST社会技術研究開発センター 計画型研究開発 研究員(兼任)
2007/04/01-2016/03/31  立命館大学文学部心理学専攻 准教授
2012/09/26-2013/03/31  パリ第8大学 LUTIN - Userlab 客員研究員
2016/02/22-2016/03/22  ジョージワシントン大学客員研究員
2016/04/01-  立命館大学総合心理学部 教授
■委員歴
2006/01-2008/01  日本発達心理学会  企画委員
2008/01-2008/03  日本発達心理学会  機関誌編集委員
2010/04-  社会福祉法人大五京  理事
2011/01-2012/12  日本発達心理学会  国際研究交流委員
2011/04-  学校法人大五洋  評議員
2015/03-2018/03  日本心理学会  地域別代議員
■所属学会
日本公衆衛生学会  
日本疫学会  
日本パーソナリティ心理学会  
日本保健福祉学会  
日本発達心理学会  
日本心理学会  
Association for Psychological Science  
■研究テーマ
行動観察に基づく乳幼児と養育者の相互作用研究、行動計測機器を用いた乳幼児の行動発達研究
■研究概要
行動計測機器を用いた幼児の描画に関する発達的研究

 本研究では乳幼児期における筆運動作の制御・ストローク単位を構造化する能力と描画能力との関連、およびその発達過程について調べることを目的とし、筆記用具として加速度センサ内蔵の「デジタルペン」(ANOTODP201)を使用した。これは、絵に描かれたアナログ情報をデジタル情報に変換しPC上で処理することができる行動計測ツールである。これによって、子どもが絵画を描く速度、筆圧、軌跡のストローク情報を正確に測定・記録することができる。また、軌跡を繰り返し再生することで、完成された文字や絵の分析だけでなく描画のプロセスそのものの分析を行うことが可能となる。
■研究キーワード
比較発達心理学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『インクルーシブ社会研究』第17号
対人援助の新展開―理論・方法・制度の視点から―  相澤育郎・矢藤優子 編  立命館大学人間科学研究所  2017/03
「心理学スタンダード」Ⅱ時間の中の人間発達 4章「子ども・青年期」  サトウタツヤ・北岡明佳・土田宣明 編著  ミネルヴァ書房  49-63  2014/04
0歳~12歳児の発達と学び~保幼小の連携と接続に向けて~ 第2章 乳児期の子どもの発達と学び 2節 社会性  清水益治・森敏昭(編著)  北大路書房  35-42  2013/05
一覧表示...

論文
幼児におけるうそ行動の認知的基盤の検討  藤戸麻美・矢藤優子  発達心理学研究  26/ 2, 135-143  2015/06
d2-Rテストを用いた日本人小学生の視覚的注意の測定
-心理学的臨床検査としての日本への導入を目指して-  矢藤優子・廣瀬翔平・Wallon Philippe・Mesmin Claude・Jobert Matthieu  パーソナリティ研究  23/ 2, 91-95  2014/12
保育園年長児におけるオートバイを使用した教育実践に関する実証的研究  矢藤優子・杉本五十洋  立命館文学  636, 122-130  2014/03
一覧表示...

研究発表等
デジタルペンを用いた描画プロセスにおける筆速変化の分析  日本心理学会第81回大会  2017/09/21
乳幼児の集団保育場面における「かみつき」・「ひっかき」事例の発生について
-年齢別に見た発生頻度や被害部位にも注目して-  日本心理学会第81回大会  2017/09/21
Nurturance in Young Children: Investigation using semi-structured interviews  the 4th International Conference on Education, Psychology, and Social sciences  2017/08/04
一覧表示...

その他研究活動
The d2-R test of attention; The Comparison between French and Japanese elderly people.  Qi - Questioni e idee in psicologia, NUMERO 29 il magazine online di Hogrefe Editore  2015/07-2015/07
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
R-GIRO研究プログラム   第3期拠点形成型R-GIRO研究プログラム     学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成   代表   国内   2016/07-2017/03   2016     
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     子どもの発達とメディアに関する実証的研究:科学的根拠に基づく子育て支援を目指して   代表   -   2016/06-2017/03   2016   200,000   
研究成果国際発信プログラム   -     Interaction Rating Scale (かかわり指標)のアメリカ人親子への適用と文化比較   代表   -   2016/04-2017/03   2016   500,000   
一覧表示...

受賞学術賞
日本発達心理学会  JSDP Award: Keynote for The British Psychological Society, Developmental Section & Social Section Annual Conference  2016/09
日本公衆衛生学会  日本公衆衛生学会 最優秀発表賞  2014/11
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  心理学概論  講義
2016  心理学研究法Ⅴ  講義
2016  専門演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
立命館高校 立命館宇治 立命館守山高校「アカデミック・ナビゲーション・ディ」を担当。  2015/12-2016/01
2015年度オープンキャンパスにおいて「乳幼児の心理学 -ヒトの行動の起源を探る-」というタイトルで模擬講義を行った。  2015/08-
立命館高校「学部紹介ウィーク」を担当。  2015/06-2015/06
一覧表示...
■関連URL
 Website RGIRO
 Website YATO
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
教育心理学