English
経営学部  /
経営学科

 ヨコタ   アキノリ   (男)
 横田    明紀   教授
 Akinori   YOKOTA

■兼務所属(本学内)
経営学研究科
OIC総合研究機構   /
イノベーション・マネジメント研究センター
OIC総合研究機構   /
デザイン科学研究センター
■出身大学院・出身大学他
1996/03  立命館大学  経営学部  経営学科  卒業
2002/03  東北大学大学院  経済学研究科  経営学専攻  博士課程前期課程  修了
2006/03  東北大学大学院  経済学研究科  経営学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
学士(経営学) (1996/03 立命館大学)   修士(経営学) (2002/03 東北大学)   博士(経営学) (2006/03 東北大学)  
■職歴
1996/04/01-1997/01/05  野村システムサービス株式会社
1997/01/06-1999/03/31  NRI情報システム株式会社
(野村システムサービス株式会社より社名変更)
2004/04/01-2006/03/31  独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2006/04/01-2007/03/31  山形県立米沢女子短期大学 社会情報学科 講師
2007/04/01-2014/03/31  立命館大学 経営学部 准教授
2014/04/01-  立命館大学 経営学部 教授
■委員歴
2015/05-2017/05  経営情報学会  理事
■所属学会
経営情報学会  
日本経営システム学会  
日本オペレーションズ・リサーチ学会  
プロジェクトマネジメント学会  
■研究テーマ
(2)統合基幹業務システム導入プロジェクトに関する研究: 導入方法論の構築と成功要因の分析
(1)企業情報システムの運用と保守作業に関する実証研究
■研究概要
1.企業情報システム導入プロジェクト管理,2.企業情報システムの運用と保守管理

■研究キーワード
企業情報システム, プロジェクトマネジメント, 成功要因, 保守・運用管理 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「第9章: 情報システムの改廃の時期をどのように捉えるか?」『IT資産の価値と評価: IT資産がもたらす多面的価値の検討と評価手法の提案』  IT資産価値研究部会(経営情報学会)  電子出版著書(コンテン堂)  pp.166-193  2016/10
「第5章: 価値再発見のためのオペレーション・マネジメント」『IT投資マネジメントの変革』  松島桂樹編著  白桃書房  pp.87-106  2013/03  978-4561245995
一覧表示...

論文
Inventing a business-ERP alignment assessment model through three Japanese  Huang,T. and Yokota,A.  Business Process Management Journal  Earlycite(Acceped 17-Jun-2018)  2019  1463-7154  10.1108/BPMJ-03-2017-0068
中小企業におけるIT化の現状と業務プロセスアウトソーシングにおけるクラウドコンピューティングの役割に関する事例研究  横田明紀  立命館経営学  51/ 5, 105-134  2013/01
保守分類に基づく保守の傾向と企業情報システムの特性に関する考察  横田明紀、宗平順己  経営情報学会誌  21/ 3, 183-203  2012/12
一覧表示...

研究発表等
情報システム開発プロジェクトの有効性とリスクに関する評価フレームワークの考察  経営情報学会2018年秋季全国研究発表大会  2018/10/20
イベント駆動型アプローチによるプロジェクトプランニング  日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年秋季研究発表会  2018/09/06
An event-driven project planning model with a Bayesian network based approach  The 29th European Conference On Operational Research (EURO2018)  2018/07/09
一覧表示...

その他研究活動
【特別講演】情報システムのライフサイクルに関する検討について~改廃が必要なシステムをどのように把握するか~  第9回 コンサルティングセミナー『戦略的ITマネジメントの実践』~ライフサイクル視点を取り入れた持続的成長への挑戦~ 大阪・三井物産株式会社関西支社セミナールーム  2013/11/14-2013/11/14
【特別講演】情報システムのライフサイクルに関する検討について~改廃が必要なシステムをどのように把握するか~  第8回 コンサルティングセミナー『戦略的ITマネジメントの実践』~ライフサイクル視点を取り入れた持続的成長への挑戦~ 東京都・三井情報愛宕本社  2013/09/20-2013/09/20
経営情報システムの『衰退期』をどのように捉えるのか?  経営情報学会関西支部研究会 グランフロント大阪・ナレッジキャピタル[ナレッジサロン]  2013/08/24-2013/08/24
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
地方都市における企業情報システム導入状況把握に関する調査 (A Study of Enterprise Information System Implementation Project in Regional Area)  学園都市推進協議会  2006  2006  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
教育研究支援システムの構築 【概要】教育研究支援を利用者との双方向で行えるシステムを提案する。特に,文書データから意味のある情報を抽出することを中心に利用者によって作成された課題やレポートの解析を行うことで,各受講生別の理解度を客観的に評価することが可能となる。また,分析結果をデータベースで管理することにより,受講生自身も各自の学習成果をより正確かつ適切に把握することができる。  2007/04-2009/03  共同研究  分担
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     総合基幹業務システムにおけるライフサイクル・マネジメントに関する実証研究   代表   -   2016/06-2017/03   2016   200,000   
学外研究制度   -     企業情報システムの衰退段階に関する研究   -   国内   2015/09-2016/03   2015     日本 
研究推進プログラム   基盤研究     統合基幹業務システムにおけるライフサイクルに関する考察   代表   -   2015/04-2016/03   2015   250,000   
一覧表示...

研究交流希望テーマ
企業情報システムのライフサイクルに関する研究  To date, many companies have installed and replaced their enterprise information systems. Those implemented systems have to improve and enhance a system’s functions on the appropriate timing. It is an important decision making to plan the upgrade and enhance the implemented system’s function. Thus, it is important to understand the timing of the system improvement. There is a lot of research of system’s life cycles. However, there is little the research of implemented system’s life cycle. This study focuses on the ERP (Enterprise Resource Planning) system which is the package base system. The ERP system is integrated with a lot of related systems such as SCM (Supply Chain Management) and CRM (Customer Relationship Management) and so on. The purposes of this study are (1) to identify the factors of trigger for the system improvement and (2) to consider the necessary improvement plan.
There is a different life cycle which depends on the environment change. Moreover, there is a different life cycle in the function of the system. For example, the function of backbone has a longer-term life cycle compared with the functions of strategy and information. The length of the life cycle is different depending on the speed of an environmental change. To relate the timing of the environment change and the system improvement is important to the system implemented companies.
The contribution of this study is useful for both researchers and implemented companies. To relate the timing of the environment change and the system improvement is a useful guide for the planning of the system operations. Many researches of a current information system focus on system implementation. However, the system improvement after implementation gives the important effect to the information system life cycle. Especially, this study suggests the framework of the decision making for tactical management of the enterprise information systems.
(キーワード)企業情報システム, 導入プロジェクト, プロジェクト・マネジメント, ライフサイクル  受託研究,共同研究,その他
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  基礎演習Ⅰ  演習
2017  基礎演習Ⅱ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
一覧表示...

教育活動
高大連携科目提供  2007/10-2009/03
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
企業情報システム導入プロジェクトについて
 「経営情報論」は情報システム(コンピュータや情報ネットワーク)が企業の経営活動にどのように利用され,また,貢献しているのかを考える学問領域です。情報システムが経営活動で用いられ始めたのは1950年代後半から1960年代のことであり,学問としては50年程度の歴史しかない非常に若い分野です。しかし,昨今の情報通信技術(ICT: Information and Communication Technology)の急速な発展に伴う情報機器の高性能化・低価格化やネットワーク(特にインターネット)の普及により,今日,情報システムの支援を抜きにして企業の経営活動は成り立たなくなるといっても過言ではないと思います。

一方,現実には「情報システムを刷新したが,期待した効果が得られない」「刷新前の方が良かった」など,問題も多く発生しています。こうした問題の多くは,企業の業務や組織の管理および経営方針と情報システムの使われ方との間の整合性の不一致(ミスマッチ)に起因しています。この課題に関して,これまでの研究では企業情報システムの1つである統合基幹業務パッケージ・システム(ERP: Enterprise Resource Planning)の導入プロジェクトの管理を中心に,「情報システムの導入を成功させる為に,プロジェクト管理上の重要な要因は何か=成功要因(CSF: Critical Success Factor)は何か」という基本的で素朴な疑問の探究を研究課題としてきました。

■経営学部の皆さんへ
兎角「情報システム」といえば工学的(=理系)なイメージを強く持たれているかも知れません。しかし,企業の経営活動において情報システムの利用・活用の重要性を理解するには,組織の管理や業務(ビジネス)の遂行手順,将来への戦略方針など経営学的な要素が不可欠です。また,情報システムを見ていくと,企業の基本的なビジネスのあり方や考え方が見えてきます。情報システムへの考察を通じて企業が直面しているビジネスの問題を捉えてみませんか?
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経営情報論