English
国際関係学部  /
国際関係学科

 アダチ   ケンキ   (男)
 足立    研幾   教授
 Kenki   ADACHI

■兼務所属(本学内)
国際関係研究科
衣笠総合研究機構   /
国際地域研究所
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
衣笠総合研究機構   /
人文科学研究所
■出身大学院・出身大学他
 筑波大学大学院  国際政治経済学研究科  博士課程  修了
 京都大学  法学部  卒業
■取得学位
博士 (筑波大学)  
■職歴
2001/04-2003/03  日本学術振興会・特別研究員
2003/04-2003/09  筑波大学社会科学系・助手
2003/10-2007/03  金沢大学法学部・助教授
2007/04/01-  立命館大学国際関係学部・准教授
2008/04/01-  京都大学・非常勤講師
2008/04/01-  筑波大学・非常勤講師
2010/08/15-2012/04/30  アメリカン大学客員教授
2012/04/01-  関西学院大学・非常勤講師
■委員歴
2015/01-  国際安全保障学会  理事
2015-2017  International Studies Association  Carl Beck Award Committee
2016-  グローバル・ガバナンス学会  理事
2012-  国際安全保障学会 編集委員
2014-2016  日本国際政治学会  事務局副主任
2010-2011  日本平和学会 編集委員
2007-2009  日本カナダ学会 企画委員
■所属学会
日本国際政治学会  
国際安全保障学会  
International Studies Association  
日本カナダ学会  
International Political Science Association  
グローバルガバナンス学会  
■研究テーマ
国際政治学
■研究概要
国際政治学

 国際政治学理論、グローバルガヴァナンス論、NGO論、軍縮・軍備管理
■研究キーワード
国際政治学、政治学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『軍縮・不拡散の諸相』  日本軍縮学会編  信山社  25-43  2019/04
『セキュリティ・ガヴァナンス論の脱西欧化と再構築』  ミネルヴァ書房  2018/01
『軍備管理・軍縮』  志學社  2017/09
一覧表示...

論文
Human Security Challenges After Guns Fall Silent  Lin Lin Khine and Kenki Adachi  Ritsumeikan International Affairs  17, 93-104  2020/02
Consequence of Norm Localization: Achievements and Challenges of Localized Human Security in Southeast Asia  Kenki Adachi  Ritsumeikan International Affairs  17, 1-18  2020/02
「常備軍なきセキュリティ・ガヴァナンス―コスタリカの事例」  足立研幾  『立命館国際研究』  30/ 4, 23-43  2018/03
一覧表示...

研究発表等
Globalizing the Concept of Security Governance: Incorporating the Non-Western Cases  International Studies Association  2020/03/27
Viscosity of Norms: Why Doesn’t the Nuclear Non-Proliferation Norm Disappear?  International Studies Association  2020/03/25
Consequence of Norm Localization: Achievements and Challenges of Localized Human Security in Southeast Asia  University of Indonesia  2020/01/29
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
安全保障分野におけるグローバルガヴァナンス  平和安全保障研究奨学金  2004  2006  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究所重点研究プログラム   -     紛争・平和構築研究(Conflict and Peacebuilding Studies: CAPS)プロジェクト   -   -   2019/04-2020/03   2019   3,000,000   
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     武力紛争の社会的要因に関する研究-シエラレオネ内戦後の首長層と都市若年層-   代表   -   2017/04-2018/03   2017     
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     武力紛争の社会的要因に関する研究-シエラレオネ内戦後の首長層と都市若年層-   代表   -   2016/04-2017/03   2016     
一覧表示...

受賞学術賞
 カナダ首相出版賞(翻訳部門)  2006/07
 カナダ首相出版賞  2004/07
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  Advanced Seminar  演習
2017  IR-GR301 専門演習  演習
2017  IR-GR401 卒業論文  演習
一覧表示...

教育活動
大学院「特別演習」において海外留学予定・希望者向けに、海外大学院で扱う基本英語文献の精読、解説を行う特別授業を実施している。  2009/04-
専門演習において、他大学の同様の関心を有する学生と交流し知的刺激を得るため、毎年合同ゼミを開催。  2008/04-
専門演習において、学生自身の関心のあるテーマを自ら調査し、政策として提言することで企画提案能力、プレゼンテーション能力向上を目指す「政策提言報告」を実施  2007/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
世界政府なき国際社会における秩序
 国際政治学の諸理論を用いて具体的な事例を分析する事を通し、世界政府なき国際関係における秩序の形成・維持の問題について考察しています。 具体的には、軍縮問題を中心に、国際刑事裁判所設立、医薬品特許問題等、非国家主体が秩序形成・維持に大きな役割を果たした事例を取り上げています。
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
政治学
国際関係論