English
人間科学研究科

 ナカムラ   リュウイチ   (男)
 中村    隆一   教授
 Ryuuichi   NAKAMURA

■兼務所属(本学内)
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
■出身大学院・出身大学他
1977/03  教育学部教育学科  卒業
2004/03  教育学研究科障害児教育専攻大学院  修士課程  修了
■所属学会
日本心理学会 日本教育学会 日本応用心理学会 日本発達心理学会 日本小児神経学会  
■研究テーマ
乳児期における志向的活動と相互交渉の検討
幼児期における描画の臨床的検討
発達の質的転換期の定量的検討
■研究概要
乳幼児期における発達過程の評価方法の開発

 発達を心理学的現象として測定する方法には、知能検査が一般的であるが、臨床場面においては個人内の時間軸における一貫性のもとづく機能連関性に着目をした評価が欠かせない。
本研究では、既存の知能検査の下位項目や診断的意味の大きいと考えられる追加項目について、
①年齢的推移、②該当年齢における機能連関、③該当年齢群内における各項目の共変動、の3点についての検討を加え、乳幼児期において一貫性を有する尺度として構成しようとする。
■研究キーワード
志向的活動 描画 評価 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『発達のひかりは時代に充ちたか?――療育記録映画『夜明け前の子どもたち』から学ぶ――』  田村和宏 玉村公二彦 西垣順子 木下孝司 白石正久 河合隆平  2017/02
『発達の旅 人生最初の10 年 旅支度編』(クリエイツかもがわ 2013-03).pdf  クリエイツかもがわ  2013/03
一覧表示...

論文
発達臨床から見た「可逆操作の高次化における発達の階層-段階理論」の意義と課題  中村隆一  心理科学  27/ 2, 26-34  2007/07
可逆操作概念の意義――発達診断・発達相談の経験から――  中村隆一  人間発達研究所紀要  18/19, 25-33  2007/03
発達の最近接領域と発達保障論にかかわるいくつかの議論  中村隆一  障害者問題研究  33/ 2, 74-79  2005/08
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  対人援助学演習Ⅱ  演習
2017  対人援助学演習Ⅲ  演習
2017  対人援助学研究法Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
「対人関係援助技術HB」において,発達診断場面に実際に参加し,そこでの観察を通じて明らかになった下位検査項目の実施手続き・評価などの課題を受講者自身で検討し,改善案を報告し合い,実践力を高めるともに各自  2007/04-
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
教育心理学
特別支援教育