論文
公開件数:26件
No. 発表論文の標題 著者名等 掲載誌名 巻/号,頁 出版年月 ISSN DOI URL
1 "A MATERIALIST APPROACH TO EARLY MODERN GLOBALITY"
Norihisa Yamashita
International Journal of Asian Studies
7, 221-226
2010/06



2 下田淳『ヨーロッパ文明の正体』書評
山下範久
『比較文明』
30, 256-258
2014/10



3 「資本主義と民主主義」
山下範久
『比較文明』
29, 43-60
2013/10



4 「萱野稔人・神里達博『没落する文明』、水野和夫『終わりなき危機』書評」
山下範久
『比較文明』
28, 244-247
2012/11



5 「カール・ポランニー『市場社会と人間の自由』書評)」
山下範久
『ピープルズ・プラン』
59, 159-161
2012/10



6 「書評 S・N・アイゼンシュタット『日本―比較文明的考察』」
山下範久
『比較文明』
27, 186-189
2011/11



7 「ポスト・リオリエント第10回 「埋め込まれた自由主義(後編)」

『季刊atプラス』太田出版
7
2011/02



8 「ポスト・リオリエント第9回 「埋め込まれた自由主義(前編)」

『季刊atプラス』太田出版
6, 156-167
2010/11



9 「ポスト・リオリエント第8回 「ヘゲモニー概念を脱思考する」

『季刊atプラス』太田出版
5, 146-157
2010/08



10 「ポスト・リオリエント第7回 「ウォーラーステインの蹉跌―ポスト・リオリエント的ヒストリオグラフィのために」

『季刊atプラス』太田出版
3, 146-157
2010/02



11 「伊東俊太郎著『伊東俊太郎著作集第七巻・第八巻・第九巻(麗澤大学出版会、2008-9年)』」

『比較文明』
25
2009/12



12 「ポスト・リオリエント第6回 「平滑空間」と「長期持続」のあいだ」

『季刊atプラス』太田出版
1, 142-155
2009/08



13 「ポスト・リオリエント第5回 資本主義の再歴史化」

『季刊at』太田出版
15, 153-162
2009/04



14 「ポスト・リオリエント 4・<帝国>について」

『季刊at』太田出版
14, 129-140
2008/12



15 「ポスト・リオリエント 3・共和主義をめぐって」

『季刊at』太田出版
13, 128-140
2008/09



16 「名著で味わう食文化 砂糖、ワイン、麺の歴史で知る 食はイコール哲学」

『週刊エコノミスト』2008年8月12・19日合併号 毎日新聞社

2008/08



17 「ポスト・リオリエント 2・帝国から考え直すための準備」

『季刊at』太田出版
12, 129-140
2008/06



18 「ポスト・リオリエント 1・『リオリエント』から考え直す

『季刊at』太田出版
11, 122-134
2008/04



19 「システム概念の再導入 2・再帰的界面と人類学的界面」

『10+1』INAX出版
50, 45-47
2008/03



20 「普遍主義の歴史的症状」

『神奈川大学評論』神奈川大学出版会
59, 51-59
2008/03



21 システム概念の再導入 2・再帰的界面と人類学的界面

10+1(INAX出版)
50
2008/03



22 新しいラスカサス主義としての『文明の接近』


32, 152-155
2008/01



23 「システム概念の再導入(1)」

『10+1』 INAX出版
49, 67-69
2007/12



24 「スールーから見た世界システム」

『季刊 at 』 太田出版
9, 6-17
2007/09



25 「従来型世界システム論の3つの限界」

『10+1』 INAX出版
48, 55-56
2007/09



26 「歴史としての大きな物語批判」

『神奈川大学評論』
57, 83-91
2007/07