English
薬学部  /
創薬科学科

 タカダ   タツユキ   (男)
 高田    達之   教授
 Tatsuyuki   TAKADA

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
バイオメディカルデバイス研究センター
総合科学技術研究機構   /
創薬科学研究センター
生命科学研究科
薬学研究科
■出身大学院・出身大学他
1988/03  東北大学大学院  農学研究科
■所属学会
日本分子生物学会  
International Society for Stem Cell Research  
■研究テーマ
多能性幹細胞の分化制御、化学物質が細胞分化に与える影響解析、幹細胞生物学を利用した琵琶湖固有種の保存、固有種における分子細胞生物学
■研究概要
多能性幹細胞の分化制御とその薬学への応用

 多能性幹細胞(ES iPS細胞、生殖幹細胞、組織幹脂肪など)を材料にその分化機構の解明を通して、分化制御方法を研究している。また幹細胞生物学を利用した固有種の保存、生殖細胞分化、天然物や化学物質が細胞分化、発ガンに与える影響解析も試みている。
■研究キーワード
幹細胞、多能性、分化、バイオテクノロジー、環境、琵琶湖固有魚介類 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
遺伝子発現の制御を測定する新手法  岡本誉士典、高田達之  化学  12-17  2016/07
多機能細胞から脂肪細胞への運命決定メカニズム  The lipid, 19, 13-18 (2008)  13-18  2008
カニクイザルES細胞とその遺伝子改変ザル作製への利用  バイオインダストリー  2,17-23  2005
一覧表示...

論文
DNA methylation dynamics in
mouse preimplantation embryos
revealed by mass spectrometry  Yoshinori Okamoto, Naoko Yoshida, Toru Suzuki, Nobuhiro Shimozawa, Maki Asami, Tomonari Matsuda, Nakao Kojima, Anthony C. F. Perry & Tatsuyuki Takada  Sci. Rep.  6:19134  2016/01  10.1038/srep19134
Development and characterization of an embryonic cell line from endangered endemic cyprinid Honmoroko Gnathopogon caerulescens (Sauvage, 1883)  Higaki S., Shimada M., Koyama Y., Fujioka Y., Sakai N., Takada T.  In Vitro Cell Dev Biol Anim.  51, 763-768  2015  10.1007/s11626-015-9894-y
Oral administration of Brazilian propolis exerts estrogenic effect in ovariectomized rats  Okamoto Y, Tobe T, Ueda K, Takada T, Kojima N  J. Toxicol. Sci.  40/ 2, 235-242  2015  10.2131/jts.40.235
一覧表示...

研究発表等
琵琶湖固有魚のin vitro精子分化系を用いた化学物質の影響解析  第19回日本内分泌撹乱化学物質学会  2016/12/08
琵琶湖固有種ホンモロコ(Gnathopogon caerulescens)における雌雄生殖細胞低温保存の試み  第109回日本繁殖生物学会  2016/09/12
マウス初期胚におけるDNAメチル化動態の定量解析  第109回日本繁殖生物学会  2016/09/12
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
ES, iPS細胞を用いた環境バイオセンサーの開発  科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成21年度「シーズ発掘試験A(発掘型)」  2009  2009  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     琵琶湖固有魚トランスクリプトーム解析による精子生産サイクルの情報化とその制御   代表   -   2016/07-2017/03   2016   200,000   
研究成果国際発信プログラム   -     幹細胞とその分化を利用した琵琶湖固有種の保存方法の開発とその環境科学研究への展開   代表   -   2016/04-2017/03   2016   500,000   
研究の国際化推進プログラム   -     琵琶湖固有種ホンモロコにおけるin vitro精子形成とDNAメチル化   代表   -   2015/10-2016/03   2015   500,000   
一覧表示...

知的財産権
タモロコ属魚類精子の受精能の評価方法  2014-20931  日本
モロコ細胞株・その製造方法及び用途  2011-129549  日本
遺伝子中のメチル化塩基の迅速・超高感度分析法  2011-102765  日本
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  生化学実習1  実験・実習・実技
2016  創薬研究概論  講義
2016  卒業研究1  演習
一覧表示...

教育活動
立命館慶祥高校「SSH立命館大学BKC研究室訪問」を担当した。  2015/10-2015/10
キャリア形成セミナー:
薬剤師としての、ビジョン形成、モチベーション向上のため、学外から講師を招き、セミナーを行い、その後、学生が気軽に質問、相談できるように軽食を取りながらの懇親会を企画実行した。  2010/12-
基礎専門科目「生物科学II」で理解することを最重要視し、詳しい解説をベースとした対話型講義を試みている。  2009/10-
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
応用分子細胞生物学
発生生物学
応用ゲノム科学
放射線・化学物質影響科学
生物系薬学