English
顔写真
政策科学部  /
政策科学科

 ヨシダ   トモヒコ   (男)
 吉田    友彦   教授
 Tomohiko   YOSHIDA

■兼務所属(本学内)
政策科学研究科
立命館アジア・日本研究機構   /
アジア・日本研究所
OIC総合研究機構   /
地域情報研究所
■出身大学院・出身大学他
1991/03  京都大学  工学部  建築第二学科  卒業
1993/03  京都大学大学院  工学研究科  環境地球工学専攻  修士課程  修了
1996/03  京都大学大学院  工学研究科  環境地球工学  博士課程後期課程  単位取得退学
■取得学位
博士(工学) (1996/11 京都大学)  
■職歴
1995/04-1996/03  日本学術振興会特別研究員(DC)
1996/04/01-1998/10/31  豊橋技術科学大学建設工学系助手
1998/11/01-2004/03/31  筑波大学社会工学系講師(留学生センター兼任)
2001/04/01-2008/03/31  筑波大学 大学院 環境科学研究科 兼任
2004/04/01-2008/03/31  国立大学法人筑波大学大学院システム情報工学研究科講師に配置替
2005/07-2005/08  韓国・漢陽大学都市大学院Visiting Scholar
2008/04/01-2010/03/31  立命館大学政策科学部准教授
2010/04/01-2012/03/31  立命館大学 政策科学部 副学部長(大学院及び大学基準協会認証評価担当)
2010/04/01-  立命館大学政策科学部教授
2013/04/01-2015/03/31  (公財)大学コンソーシアム京都 学生交流事業部長 兼任
2015/04/01-2017/03/31  立命館大学政策科学部 副学部長(大学院担当)
■委員歴
1996-  日本建築学会 住宅の地方性小委員会  委員
2008-  都市住宅学会 関西支部  常議員
2011/01-  京都市 地域・多文化交流ネットワークサロン事業推進委員会  委員
2014/05-  都市住宅学会  理事
2014/06-  都市住宅学会 業績賞委員会  委員
2014/11-  大阪府能勢町 都市計画審議会  会長
2015/01-  京都市景観・まちづくりセンター  専門家(コンサルタント及びコーディネーター)
2016/07-  大阪府茨木市 空家等対策協議会  会長
2017/07-  大阪府岸和田市 空家等対策協議会  会長
2017/09-  大阪府茨木市 居住施策推進委員会  委員
2018/02-  山科区 空き家対策プロジェクトチーム  サブリーダー
2018/05-  京都市 大規模小売店舗立地審議会  副会長
2019/04-  大阪府 茨木市都市計画審議会  委員
■所属学会
日本建築学会  
日本都市計画学会  
都市住宅学会  
環境情報科学センター  
日本不動産学会  
Meridian180(Northwestern University)  
■免許・資格
一級建築士(296144号)  (2001)   
■研究テーマ
都市・地域計画、住宅政策、まちづくり
■研究概要
研究室紹介ポスター
研究室紹介ポスター

都市・地域計画、住宅政策、まちづくり

 2000年代の後半から欧米や日本のような先進諸国では本格的な人口減少の時代を迎えて、「都市縮小」や「コンパクトシティ」へと大きなパラダイム転換を経験した。我々は言わば「いかに都市を作り上げるか」という規範から、「一旦作り上げられた都市の活力をどのように持続させていくか」という規範への転換を経験しつつある。しかし、もはや「シュリンキングシティ」とか、「コンパクトシティ」といったキーワードだけでは把握し尽くせない多面的な社会的転換の段階に移行しつつある。例えば、空き家や空き地の問題は広く認知されつつあるものの、自治体の行政計画策定の現場では空き家数を確定するデータの更新の定まった方法論が確立されたとは言い難く、まだまだ五里霧中の状況である。標本統計のような大まかなものではなく、行政計画策定に耐えうるような正確な空き家データの更新の方法については、未だに誰もわからないままなのである。こうした新しい社会システムの持続的な運用には一定程度の経験が必要であり、定まった方法が確立されるまではあと10年20年が必要となるだろう。本研究室では、このような新たな社会システムのあり方を論じるため、単なる「警鐘」型の研究を一歩超えて、実践的な研究を目指していきたい。
■研究キーワード
都市計画、地域計画、住宅政策、住宅問題、都市政策、まちづくり 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
まちづくりとしての地域包括ケアシステム: 持続可能な地域共生社会をめざして  辻哲夫(監修)、田城孝雄(編集)、内田要(編)  東京大学出版会  177-193  2017/12  978-4-13-051142-1
社会・政策の統計の見方と活用  久保真人編、久保真人・式王美子・吉田友彦・川口章・古田和久・三浦麻子・小野達也・武林亨著  朝倉書店  66-86  2015/05  9784254500219
都市の空閑地・空き家を考える  浅見泰司  プログレス  90-102  2014/09  978-4905366355
一覧表示...

論文
Reasonable Spatial Layout of Future Allotment Gardens Based on Beijing City Master Plan and Citizen Opinion  Ye, M. and Yoshida, T.  Journal of Policy Science, The Policy Science Association of Ritsumeikan University(査読付)  26/ 2, 81-102  2019/02
Citizens’ Use Demand for Allotment Gardens: A Case Study of Beijing, China  Ye, M. and Yoshida, T.  Journal of Policy Science, The Policy Science Association of Ritsumeikan University(査読付)  26/ 2, 57-79  2019/02
Users' Behaviors and Evaluations of Allotment Gardens —An Empirical Research of Four Allotment Gardens in Beijing  Ye, M. and Yoshida, T.  Urban and Regional Planning Review(査読付)  6, 1-21  2019/02  2187-3399  10.14398/urpr.6.1
一覧表示...

研究発表等
Possibilities of Smart Community from the Context of Shrinking Cities  Smart and Shrinking Cities: International Perspective -An International Conference on Critical Urban Issues-  2019/02/23
Data Availability as a Challenge for Analyzing Suburban Interrelations in Metropolitan Context  Growing Bad? The Sub-Urban Housing Challenge. International Scientific Symposium on Built Environment and Urban Design with Workshops on Housing for Planners and Researchers  2018/09/06
Shrinking Planning in the Historical Planning Context  Round Table 69, 18th International Planning History Society Conference  2018/07/18
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
首都圏郊外部における放棄住宅地の環境管理に関する基礎的研究  国土交通省土地関係研究者育成支援事業  2004  2004  代表
住宅・都市計画学データベースのアクセスログ解析による資料閲覧需要の計測  第一住宅建設協会(奨励研究)  2003  2003  代表
開発途上国における土地区画整理事業施行の特徴について  筑波大学学内プロジェクト  2002  2002  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
Joint Short Course Program on "Urban Land Management" between Gadjah Mada University and Ritsumeikan University  2018/10-2018/10  技術指導  分担
向日市中心市街地における空き家・空き店舗の活用に関する調査研究  2010/06-2011/03  受託研究  代表
木更津市における郊外戸建て住宅地の再生・再編のための実態把握等調査業務  2006/10-2007/03  受託研究  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
アジア・日本研究推進プログラム   -     政策科学研究によるアジア都市論の再構築   代表   -   2017/04-2018/03   2017   5,000,000   
アジア・日本研究推進プログラム   -     政策科学研究によるアジア都市論の再構築   代表   -   2016/07-2017/03   2016   5,000,000   
学術図書出版推進プログラム   -     郊外の衰退と再生   代表   国内   2010/04-2011/03   2010   1,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
都市住宅学会  都市住宅学会(論説賞)  2015/06
日本不動産学会  日本不動産学会賞(著作賞)  2015/05
都市住宅学会  都市住宅学会賞(著作賞)  2012/05
一覧表示...

研究交流希望テーマ
都市計画、住宅政策、まちづくり  人口減少社会を見据えた新しい都市計画理論形成のための研究調査  受託研究,共同研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  RP特別演習Ⅰ  演習
2017  グローバル/ローカル・オンサイト演習Ⅱ  演習
2017  リサーチ・プロジェクトⅠ  演習
一覧表示...

教育活動
大分県岩田高校模擬講義「政策科学のめざすもの ~都市計画とまちづくりを中心に~」  2017/06-2017/06
『社会・政策の統計の見方と活用』(久保真人編、久保真人・式王美子・吉田友彦・川口章・古田和久・三浦麻子・小野達也・武林亨著)朝倉書店、pp.66-86を作成した(再掲)。  2015/05-
第10回全国大学コンソーシアム研究交流フォーラム第7分科会「地域の核となる大学づくり」において、「地域共創サイトへの院生派遣プログラムによる大学の多核化」として報告した。  2013/09-2013/09
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
住環境政策研究室の個人HPも参照してください。
 なお記載していない情報として、インド・ニューデリー計画建築大学(School of Planning and Architecture, Delhi)短期留学(1993年11~12月)などもあります。
■関連URL
 立命館大学住環境政策研究室ホームページ
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
都市計画・建築計画
環境政策・環境社会システム
衣・住生活学