English
産業社会学部  /
現代社会学科

 ヒダカ   カツユキ   (男)
 日高    勝之   教授
 Katsuyuki   HIDAKA

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
■出身大学院・出身大学他
 早稲田大学政治経済学部  卒業
 英リーズ大学大学院国際社会学研究科  修士課程  修了
 英ロンドン大学東洋アフリカ研究学院大学院メディア学研究科  博士課程  修了
■取得学位
博士〔Ph.D.(メディア学)〕 (ロンドン大学:University of London)  
■職歴
1989/04-1995/07  NHK報道局(特報1部、特報2部など)ディレクター
1995/07-2001/07  NHK報道局(おはよう日本部・衛星放送部)ディレクター
2001/07-2004/03  NHK大阪放送局報道部ディレクター・報道番組担当デスク
2004/04-2008/03  神戸親和女子大学文学部助教授
(2007年4月より准教授)
2005/10-2007/03  神戸親和女子大学国際交流部長を兼任
2007/04-2008/03  英オックスフォード大学客員研究員
2008/04-2012/03  立命館大学産業社会学部准教授
2011/04-2013/03  立命館大学学生部副部長を兼任
2015/04/01-2017/03/31  関西大学外国語学部非常勤講師
2012/04-  立命館大学産業社会学部教授(~現在に至る)
■委員歴
2013/09-  ロンドン大学映像メディア研究所  教授級共同研究員(Professorial Research Associate)
2018/05-  国際コミュニケーション学会(ICA)「危機コミュニケーション」研究会議  メンバー
2019/06-  日本マスコミュニケーション学会  理事
2017/07-2019/06  日本マスコミュニケーション学会メディア史研究部会  幹事
2012/04-  立命館大学放送局(RBC)  顧問 その他
■所属学会
International Association for Media and Communication Research  
International Communication Association  
European Association for Japanese Studies  
Oxford University Japan Society  
日本コミュニケーション学会  
日本マス・コミュニケーション学会  
日本国際文化学会  
日本平和学会  
■研究テーマ
メディア研究、ジャーナリズム研究、映像イメージ研究、言説理論(理論・方法論・応用と分析)
「物語(narrative)」としてのメディア表象分析(特に映画・テレビなどの映像メディア)
社会的記憶とメディア・映像イメージ
ノスタルジアとメディア(特に映画・テレビ)
カタストロフィとメディア・映像イメージ(震災後のメディア、原発(事故後)とメディア、大事件・大災後のメディア・文化など)
戦後のメディア・ジャーナリズム(特に1960年代、70年代の映画、テレビなど)
公共圏とメディア・ジャーナリズム
■研究キーワード
メディア、ジャーナリズム、テレビ・映画、映像イメージ、表象、言説、記憶、過去、歴史、ノスタルジー、公共圏・空間、政治、民主主義、グローバル化、モダニティ、ラディカル・デモクラシー、敵対性、ラクラウ&ムフ、昭和、戦後、1960年代・70年代、東日本大震災、福島原発事故、原発・エネルギー議題、大災害、イギリス 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
(単著)Japanese Media at the Beginning of the Twenty-first Century: Consuming the Past  単著  Routledge  全216頁  2017/04
(単著)『昭和ノスタルジアとは何か~記憶とラディカル・デモクラシーのメディア学~』(2015年度日本コミュニケーション学会・学会賞〔著作の部〕受賞)  単著  世界思想社  全536頁  2014/05
Collective Remorse for the Past(書籍Persistently Postwar:
Media and the Politics of Memory in Japan所収)  Blai Guarné, Artur Lozano, Dolores Martinez  Berghahn Books  122-142  2019/04
一覧表示...

論文
昭和から続く一連のノスタルジア  日高勝之  図書新聞  2018/09
昭和の勤労青年と「まなざし」の快楽~佐藤卓己著『青年の主張 まなざしのメディア史』を読む  日高勝之  京都メディア史研究年報  4, 154-173  2018/04
「メタ政治的正義」としての原発・エネルギー議題~フクシマ以降の「原発議題」言説の検証必要性~  日高勝之  第3回東日本大震災研究交流会研究報告書  13-19  2018/04
一覧表示...

研究発表等
「反原発」の言説史を考える ~フクシマ以前/以降~  日本マスコミュニケーション学会春季全国大会  2019/06/16
都市とコミュニケーション~ヘリテージと社会的想像から考える~  日本コミュニケーション学会第49回年次大会  2019/06/08
Negotiating Sex, Bizarreness and (De) Politics: February 26 Incident and Abe Sada on Films  International Symposium 'Directions in Japanese Film Studies'  2019/05/18
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
NHK衛星放送報道番組・新年度番組改定  2001/02-2001/05  その他  分担
立命館大学研究推進強化プロジェクト「昭和50年代のメディア文化」研究  2010/06-2011/03  共同研究  分担
Japanese and European New Wave Cinemas: Convergences and Divergences  2011/03-2014/03  受託研究  分担
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     震災・災害と日本の大衆メディア・文化   代表   -   2016/06-2017/03   2016   200,000   
研究推進プログラム   科研費連動型     震災、記憶とメディアをめぐる領域横断的研究   代表   -   2015/06-2016/03   2015   1,000,000   
学外研究制度   -     記憶、ナラティブとメディア   -   国外   2014/09-2015/09   2014     英国 
一覧表示...

受賞学術賞
日本コミュニケーション学会  2015年度日本コミュニケーション学会・学会賞〔著作の部〕受賞  2015/06
一覧表示...

研究交流希望テーマ
「ラディカル・デモクラシー理論のジャーナリズム研究、メディア研究への応用」  (概要)ポストマルク主主義の政治・言説理論家エルネスト・ラクラウとシャンタル・ムフなどのラディカル・デモクラシー理論をジャーナリズム研究、メディア研究への発展的な応用、展開を目指したい。  受託研究,共同研究,その他
「グローバル化、モダニティとメディア」  (概要)グローバル化の中でのメディア、言説の役割、課題などの多角的な検証。  受託研究,共同研究,その他
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プロジェクトスタディⅡA  演習
2017  専門演習  演習
2017  卒業研究  演習
一覧表示...

教育活動
高大連携講義『21世紀のジャーナリズムと社会~メディア・リテラシーの新しい可能性~』で海外ニュース番組を活用し、ニュースが作られた背景を学生に多角的に推理させる実験的な取り組みを実施。  2009/10-
『専門演習』において、既存のニュース報道価値の理解の上に、学生自らに、ニュース報道価値を考案させる試みを実施している。  2008/04-
大学院科目『グローバルメディア研究』において、メディア・文化研究のキー概念への理解のために、関連するニュース報道と映画の2つのメディアの事例から横断的に学びを深める実践を行っている。  2008/04-
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
 I had served as a TV director and producer for NHK (Japan Broadcasting Corporation) many years before I became a media studies scholar. I directed numerous news and documentary programmes, particularly international news coverage of the 9/11 attacks, Israeli–Palestinian conflict, UNESCO World Heritage sites, NASA Space Shuttle launches, and the Great Hanshin Earthquake in Japan. During my career as a TV journalist, I developed an academic interest in the manner through which media industries integrate collective interests and memories into media narratives. Hence, I pursued a postgraduate course at the University of Leeds in the UK. After completing my MA, I continued my research in the said field while also directing and producing various television programmes. After I left NHK, I became a media studies scholar in Japan and turned my full attention to academic endeavours. I then returned to the UK to engage in media studies, for which I received a PhD at SOAS, the University of London. At present, I am a professor in media and cultural studies at Ritsumeikan University, Kyoto, Japan.

Although my current research interests are diverse and not limited to TV
journalism, they could be classified broadly into three areas as follows.
■Memories, Past, Modernity, and Media
My major research interest is the manner through which visual media products, such as films and television programmes, represent and make sense of the past, particularly the recent past that people experienced in their actual life histories. For example, there has been a recent ‘boom’ in the number of Japanese media representing a deeply nostalgic longing for the Japanese ‘heydays’ of high economic growth in the 1960s and occasionally the 1970s. I have explored why nostalgia has been sparked at this particular historical juncture and how that period is represented in the media today. Although the nostalgic media renderings are generally believed to be ‘sweet’ and ‘harmless’ consumer products, I have clarified that the nostalgic media’s continued adherence to the recent past does not merely represent a simple yearning for that time; to some extent, it also reflects a deep-seated discontent with the Japanese modernity and post-war society.

■Media Narratives after Catastrophic Disasters and Social Change
When catastrophic disasters occur, such as wars, huge earthquakes, and unprecedented terrorism, media industries tend to become active in creating narratives about them. (A recent example is the U.S. media after the 9/11 attacks.) My research interest is on the manner through which media narratives assess people’s experiences of catastrophic disasters and provide an ethical solution to past events. I am likewise interested in tracing a kind of genealogical transformation of media genres (e.g. horror films, domestic drama) after such catastrophic disasters. My current research focuses on Japanese films, documentaries, and television dramas after the Great East Japan Earthquake and Fukushima nuclear power plant accident last March 2011.

■Application of “Radical Democracy” to Media and Cultural Studies
Although the idea of “radical democracy” proposed by post-Marxism political theorists Ernesto Laclau and Chantal Mouffe has greatly influenced fields of political theory since the publication of their classic Hegemony and Socialist Strategy: Towards a Radical Democratic Politics in 1985, their argument has hardly been applied to the analysis of media content even if the idea is basically discourse theory. I have been exploring the possibility of applying the concept of “radical democracy” to actual media, film and discourse analysis.
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
図書館情報学・人文社会情報学
社会学
文化人類学・民俗学
ジェンダー