日本語
Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences

 (Male)
 Hiroshi   YOSHIDA  Professor

■Concurrent affiliation
The Kinugasa Research Organization   /
Ritsumeikan Center for Game Studies
■Graduate school/University/other
10/2005  The University of Tokyo  Graduate School of Humanities and Sociology  Aesthetics  Doctoral course  Completed
■Academic degrees
Doctor of Letters (10/2005 The University of Tokyo)  
■Career history
04/01/2006-03/31/2007  東京大学大学院人文社会系研究科・助手
04/01/2007-03/31/2008  東京大学大学院人文社会系研究科・助教
04/01/2008-03/31/2015  立命館大学大学院先端総合学術研究科・准教授
04/01/2015-  立命館大学大学院先端総合学術研究科・教授
■Committee history
04/2009-  日本音楽学会関西支部委員(機関誌編集担当委員)
04/2008-03/2009  先端総合学術研究科図書委員
04/2009-03/2010  先端総合学術研究科研究委員
04/2009-  先端総合学術研究科パートナーシップ委員
04/2009-  国際言語文化研究所運営委員
04/2010-  学生生活会議委員
04/2010-  新展開調査検討委員会委員
■Academic society memberships
The Musicological Society of Japan  
The Japanese Society for Aesthetics  
International Association for Aesthetics(国際美学連盟)  
THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION  
■Subject of research
Philosophy of the Senses
Music and Identity
Aesthetics of Video Game
■Research summary
Aesthetics, Philosophy of the Senses

 Aesthetics and Philosophy of the Senses

=Research theme(1)=
Historical and Philosophical Research on the Order of the Five Senses

=Research theme(2)=
Music and Identity

=Research theme(3)=
Aesthetics of Video Game (TV Game)
■Research keywords
Aesthetics, Philosophy of the Senses, Video Game Studies 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
近代ドイツのナショナル・アイデンティティと音楽  吉田寛  コンテンツワークス  03/2006
ヴァーグナーの「ドイツ」  吉田寛  青弓社  10/2009
〈音楽の国ドイツ〉の神話とその起源  吉田寛  青弓社  02/2013
View details...

Papers
近代ドイツのナショナル・アイデンティティと音楽  吉田寛  博士学位取得論文、東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学専門分野  10/2005
ハンスリックの「自律的」音楽美学再考──『音楽的に美なるものについて』の成立と改訂の過程を中心に  吉田寛  音楽学  44/ 2, 103-117  06/1999
聴衆とは何か──ハンスリックの音楽批評と公共的演奏会活動  吉田寛  美学  50/ 1, 25-36  06/1999
View details...

Research presentations
E・ハンスリックの最初期の批評活動──「絶対音楽」の美学の成立過程とその社会政治的背景  美学会第49回全国大会  10/11/1998
ハンスリック論の歴史的変遷──時代を映す鏡としての音楽学  日本音楽学会関東支部第275回定例研究会  02/06/1999
神津仙三郎の『音楽利害』(明治24年)と明治前期の音楽思想──19世紀音楽美学史再考のために  日本音楽学会第50回全国大会  11/07/1999
View details...

Other research achievements
美学会東部会編集幹事  2006-
早稲田大学演劇博物館演劇研究センター21世紀COEプログラム「演劇の総合的研究と演劇学の確立」(演劇理論研究(西洋/比較)コース、「オペラ/音楽劇の演劇学的アプローチ」プロジェクト)研究員  2006-
美学会東部会編集幹事  2007-
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Academic awards
日本ドイツ学会  2015年度日本ドイツ学会奨励賞  06/2016
Suntory Foundation  第37回サントリー学芸賞芸術・文学部門  12/2015
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2016  Project Seminar  Seminar
2016  Preliminary Project Seminar Ⅲ  Seminar
2016  History of Representation Theory  Lecture
View details...

Teaching achievements
博士論文審査委員(副査)「初期映画理論の美学と倫理──中川重麗、ヒューゴー・ミュンスターバーグ、コンラート・ランゲ、谷川撒三」(篠木涼、博士(学術)、甲563号、先端総合学術研究科)  07/2008-07/2008
博士論文審査委員(副査)「芸術としての書──戦後における新たな書への試み」(丸山果織、博士(学術)、甲572号、先端総合学術研究科)  07/2008-07/2008
博士論文審査委員(副査)「黒人霊歌は生きている──歌詞で読むアメリカ」(ウェルズ恵子、博士(学術)、乙475号、先端総合学術研究科)  01/2009-01/2009
View details...
■Message from researcher
感性学としての“aesthetics”の(再)構築に向けて
 私の専門は感性学(aesthetics)です。これまで日本の学問の世界では“aesthetics”という語は通常「美学」と訳されてきましたが、私はその語源(ギリシャ語で“αἰσθητική”またはラテン語で“aisthtike”とは、感性的なもの、およびその学を指します)に立ち戻って「感性学」と訳しています。

これまで伝統的に“aesthetics”は欧米でも日本でも主として「美」と「芸術」を研究対象としてきました。日本語の「美学」という訳語の語感もそれに対応しています。それに対して私は、美や芸術といった価値基準にとらわれずに、すなわち、それが「美しい」かどうか、あるいはそれが「芸術」であるかどうかに関わりなく、われわれの周りにある感性的な事象を学問的に捉えたい、捉えるべきだと考えています。私が“aesthetics”を(「美学」ではなく)あえて「感性学」と訳し、それを自らの専門分野とするのはそのためです。

感性学はもともとは十八世紀に哲学の一分野として成立した学問ですが、その後、心理学や生理学、知覚理論、人間工学などとも連携しながら今日まで発展してきました。感性学の対象範囲は(その名称が示唆する通り)きわめて広範であり、関連・隣接する学問分野も実に多彩ですが、私自身は現在(1)感覚(五感)の哲学、(2)日用品や機械技術製品にみられるデザインやインターフェイスの思想、(3)ビデオゲームにおける時間・空間・運動の認知、などを中心に研究を行っています。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Aesthetics/Art Studies