English
理工学部  /
電気電子工学科

 ハラフジ   ケンジ   (男)
 服藤    憲司   教授
 Kenji   HARAFUJI

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
総合科学技術研究機構   /
先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター
■出身大学院・出身大学他
1977/03  東北大学  工学部  卒業
1982/03  東北大学大学院  工学研究科  博士課程後期課程  修了
■取得学位
工学博士 (1982/03)  
■職歴
1987/04/01-2006/03/31  松下電器産業株式会社
2006/04/01-2008/03/31  高松工業高等専門学校
■所属学会
応用物理学会  
日本物理学会  
電子情報通信学会  
■研究テーマ
有機太陽電池の耐久性に関する実験的研究
■研究概要
有機太陽電池の耐久性に関する実験的研究

 有機材料を用いた太陽電池の実験的な研究を行っています。この「有機太陽電池」は、シリコン太陽電池にかわる低コストの環境に配慮した電力源として、世界的に期待されています。その研究開発の進展は目覚ましいのですが、光を電気に変換する効率がまだまだ低いことや、動作環境下におけるデバイスの耐久性が十分ではないことなどが課題になっています。この解決方法を、実験を中心にして、電気電子工学、物理、化学、生物、数理等の様々なアプローチで、若い創造的な力を結集して、基礎的な現象に力点を置きながら明らかにしていきます。
■研究キーワード
半導体、有機太陽電池、プラズマ、分子シミュレーション 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
例題と演習で学ぶ 続・電気回路 第2版  単著  森北出版  2017/11  978-4-627-73592-7
例題と演習で学ぶ 電気回路 第2版  単著  森北出版  2017/11  978-4-627-73582-8
グラフ理論による回路解析  単著  森北出版  2014/08  978-4-627-73631-3
一覧表示...

論文
Effect of a pentacene anode buffer on the performance of small-molecule organic solar cells  Kazuhiro Hanya, Yukio Onaru, Kenji Harafuji  Solid State Electronics  156, 62-72  2019/06
Effect of pentacene/Ag anode buffer and UV-ozone treatment
on durability of small-molecule organic solar cells  S. Inagaki, S. Sueoka, K. Harafuji  Journal of Physics: Conf. Series  864, 012066-1 - 012066-4  2017/08
Ultraviolet-ozone anode surface treatment and its effect on organic solar cells  Fatha Ema Farina, Wafa Syakira Binti Azmi, Kenji Harafuji  Thin Solid Films  623, 72-83  2017/02
一覧表示...

研究発表等
Annealed Thin Ag Layer on ITO Surface for Durability Improvement in Organic Solar Cells  3rd International Conference on Applied Surface Science (ICASS)  2019/06/19
Durability Improvement of Organic Solar Cells with Ultra-thin Ag/Au Layers  Advanced Energy Materials (AEM2018)  2018/09/11
Interface Analysis of Ultraviolet-Ozone Treated Anode Surface of Organic Solar Cells  Photovoltaic Science and Engineering Conference (PVSEC-26)  2016/10/26
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
窒化ガリウム結晶のエッチングに対する分子動力学シミュレーション  (財)南海育英会教育研究助成  2007  2007  代表
窒化ガリウム結晶の分子動力学シミュレーション  (財)南海育英会教育研究助成  2006  2006  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費連動型     ポーラス・シリカ絶縁膜の物性とダメージに関する分子動力学的研究   -   国内   2010/07-2011/03   2010   500,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  電気電子工学実験Ⅰ  実験・実習・実技
2017  卒業研究  演習
2017  電気電子工学応用演習  演習
一覧表示...

教育活動
専門科目「電気回路I」にて小集団授業を行い、学生個々人のレベルに沿った丁寧な授業を実施。前回授業の復習と、毎回の小テストにより、学びの具体化を指導。学生の共通理解困難項目を視点を変え説明。  2008/09-
専門科目「電気回路II」にて小集団授業を行い、学生のレベルに沿った説明を実施。前回授業の復習と小テストにより、学びの具体化を指導。「授業アンケート」を通し、授業の感想・要望を聴取し学生との意思疎通の実施  2009/04-
専門科目「結晶工学」にて、前回授業の復習と毎回の小テストにより、学びの具体化を指導。学生の共通理解困難項目を視点を変え説明。「授業アンケート」等を通し授業の感想・要望を聴取し学生との意思疎通を実施。  2008/09-
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
電子デバイス・電子機器
ナノ材料工学