English
衣笠総合研究機構  /
歴史都市防災研究所

 スズキ   ヨシユキ   (男)
 鈴木    祥之   教授
 Yoshiyuki   SUZUKI

■出身大学院・出身大学他
1972/03  京都大学大学院工学研究科  工学研究科  建築学  博士課程  単位取得退学
■取得学位
工学博士 (1986/03 京都大学)  
■所属学会
日本地震工学会  
日本建築学会  
日本自然災害学会  
地域安全学会  
■研究テーマ
耐震工学
建築振動論
木構造学
■研究概要
耐震工学 建築振動論 木構造学

 建築物の耐震信頼性設計法、制震システムの理論研究、構造ヘルスモニタリングなど、アドバンス・テクノロジー的な研究の他に、阪神・淡路大震災後は、都市地震防災や木造建築物の耐震設計法・耐震補強法に関する研究を行う。得に木造建築物では、伝統構法に関心をもって京町家や東本願寺の耐震調査、耐震補強設計を手がける等、木構造の再構築と木造文化の再生を目指している。
■研究キーワード
耐震工学、伝統構法木造建築物、耐震性能、耐震補強、文化遺産防災、地域防災 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「伝統的構法のための木造耐震設計法」 出版報告講演会(京都)  鈴木祥之、齋藤幸雄、長瀬 正、寺門宏之、中治弘行、後藤正美、佐藤英祐、向坊恭介  特定非営利活動法人緑の列島ネットワーク・伝統的構法木造建築物設計マニュアル編集委員会  3-9  2019/08
伝統的⽊造建築物の構造解析とこれからの⽊造建築の展望<新たな耐震計算法の解説を中心として>  鈴木祥之、長瀬 正  特定⾮営利活動法⼈ 伝統⽊構造の会  2-14  2019/06
伝統的構法のための木造耐震設計法 -石場建てを含む木造建築物の耐震設計・耐震補強マニュアル-  伝統的構法木造建築物設計マニュアル編集委員会  学芸出版社  2019/06  978-4-7615-4049-4
一覧表示...

論文
与謝野町旧加悦町役場の基礎と外壁の実地調査と材料試験  須田 達、浦 憲親、鈴木祥之  歴史都市防災論文集  13, 69-76  2019/07  1882-1766
3次元立体解析モデルを用いた旧加悦町役場庁舎の耐震性能評価に関する研究  浅野陽彦、吉富信太、中治弘行、須田 達、向坊恭介、佐藤英佑、鈴木祥之  歴史都市防災論文集  13, 15-22  2019/07  1882-1766
伝統木造仕口の回転めり込み反力分布についての考察  棚橋秀光、鈴木祥之  歴史都市防災論文集  13, 83-90  2019/07  1882-1766
一覧表示...

研究発表等
平成28年(2016年)熊本地震で被災した神社の被害状況に関する解析的研究  日本建築学会大会学術講演梗概集  2017/07
伝統構法木造仕口の繰り返し復元力特性に関する研究 (その2) 摩擦を含む回転めり込み実験  日本建築学会大会学術講演梗概集  2017/07
伝統構法木造仕口の繰り返し復元力特性に関する研究 (その1) 摩擦を除去した回転めり込み実験  日本建築学会大会学術講演梗概集  2017/07
一覧表示...

その他研究活動
伝統的構法のための木造耐震設計法出版報告講演会(京都)  キャンパスプラザ京都 第1講義室  2019/08/09-2019/08/09
伝統的木造建築物の構造解析とこれからの木造建築の展望<新たな耐震計算法の解説 を中心として>  東京都角筈区民ホール  2019/06/15-2019/06/15
講演「伝統構法の最新情報」,「新・木造の家」設計コンペ講演会  林野庁九州森林管理局大会議室  2017/12/09-2017/12/09
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
旧加悦町役場庁舎の利活用と改修に関する調査研究  2018/03-2019/03  受託研究  代表
伝統構法木造建築物に関する調査・実験的研究  2014/09-2016/03  その他  代表
加子母明治座の耐震改修調査研究  2014/05-2015/09  その他  代表
一覧表示...

受賞学術賞
 2003年度 計測自動制御学会論文賞受賞  2003/08
 1990年日本建築学会賞(論文)受賞  1990/05
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  都市防災工学Ⅱ  講義
2017  文化遺産保全継承論  講義
2017  文化遺産防災技術論  講義
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
建築構造・材料