日本語
College of Social Sciences  /
Department of Social Sciences

 (Male)
 Tsutomu   KANAYAMA  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Sociology
The Kinugasa Research Organization   /
Center for Korean Studies
Ritsumeikan Asia-Japan Research Organization   /
Asia-Japan Research Institute
■Graduate school/University/other
03/1983  Yamaguchi University  Faculty of Humanities  Western History Major, Department of Humanities  Graduated
12/1993  Western Michigan University  College of Communication  General Communication  Master's course  Completed
03/1998  Ohio University  College of Communication  Ph.D. Program in Masss Communication in School of Telecommunications  Doctoral course  Completed
■Academic degrees
BA (03/1983 Yamaguchi University)   MA (12/1993 Western Michigan University)   Doctor of Philosophy (Ph.D.) (03/1998 Ohio University)  
■Career history
09/01/1994-06/14/1997  州立オハイオ大学助手 [国外]
04/01/1998-03/31/2001  上智大学専任講師
04/01/1999-03/31/2004  津田塾大学非常勤講師
04/01/2001-03/31/2007  上智大学助教授
08/01/2004-03/31/2005  ジョージワシントン大学フルブライト客員研究員
04/01/2005-03/31/2007  慶應義塾大学非常勤講師
04/01/2005-03/31/2009  津田塾大学非常勤講師
06/16/2005-03/31/2009  日本大学非常勤講師
04/01/2007-03/31/2008  上智大学准教授
04/01/2008-03/31/2009  上智大学教授
04/01/2008-03/31/2009  Interim Director, The Institute of Social Justice, Sophia University
04/01/2009-  立命館大学教授
04/01/2009-  上智大学アメリカ・カナダ研究所客員研究員
09/21/2010-03/31/2011  関西大学非常勤講師
04/2012-09/2012  佛教大学非常勤講師
■Committee history
06/2013-06/2015  日本マス・コミュニケーション学会  国際ジャーナル創刊準備号編集委員会・編集委員
11/2011-10/2015  日本放送協会  日本放送協会 近畿地方番組審議会 審議委員
05/2004-05/2009  日本出版学会  日本出版学会(The Japan Society of Publishing Studies)理事
04/2010-03/2013  NPO京都コミュニティ放送  NPO京都コミュニティ放送理事
2005-2008  Society of Satellite Professionals International (SSPI)  Society of Satellite Professionals International (SSPI) Academic Council Member
05/2014-12/2014  日本放送協会  副委員長(近畿地方番組審議会)
01/2015-10/2015  日本放送協会  委員長(近畿地方番組審議会)
■Academic society memberships
International Communication Association  
Broadcast Education Association  
Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communication  
The Japan Society of Publishing Studies  
JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY  
Association for Education in Journalism and Mass Communication  
The Japan Society of Information and Communication Research  
■Subject of research
Japanese Television Broodcast Regulation in Transition
A Comparative Study of Internet between Japan and the United States
The Image of Japan in the International News
U.S. Terrestrial Television Broadcasting Policy-making Analysis
A Management Analysis on the U.S. Online Sports Media Business
■Research summary
Comparing World Broadcasting Systems and Analysis on their Broadcasting Policy-making Processes

 A Study on Glocal Journalism: Integrated Concepts between Local and Global Journalism in the Age of Globalization

=Research theme(1)=
During the Internet bubble economy period, the study was done on how the sports online internet media had been strategically managed their capital and technology resources.

=Research theme(2)=
A study on U.S. terrestrial digital broadcasting from the aspects of its policy-making and media management

=Research theme(4)=
A comparative study between U.S. and Japan regarding the computer mediated communications in 1996 when the global internet usage started diffusing to the world.

=Research theme(5)=
■Research keywords
Communications, Journalism, Broadcasting, Digitization, Broadcast Policy-making, Public Policy-making Analysis, Television Production, Satellite Communicatino, New Media and Related Technololgies, Internet, Media Sports, Terrestrial Digital Broadcasting, Media Policy, United States, Television, Broadcasting, Internatilnal News, Japanese Image, News Flow 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
Encyclopedia of Modern Sport:Sports and the Internet  中村敏雄、高橋健夫、寒川恒夫、友添秀則(編集主幹)  大修館書店  768-771  01/2015  978-4-469-06235-9
現代ジャーナリズム事典「ウォーターゲート事件」「ニュースアンカー」「ニュースキャスター」  三省堂  19, 227-229  06/2014  978-4-385-15108-3
はじめてのメディア研究:「基礎知識」から「テーマの見つけ方」まで 第2章「メディア史を概観する」column2「メディア政策と地デジ化」column4「人間を解放する営みとしての「パブリック・アクセス」  浪田陽子、柳澤伸司、筒井淳也、瓜生良則、福間良明、日高勝之、奥村信幸、坂田謙司、川口晋一、小泉秀昭、増田幸子、仲間裕子、粟谷佳司、赤井正二、長澤克重  世界思想社  35-70,150-151,210-211  04/2012  9784790715634
View details...

Papers
Broadcasting Policy and Regulation in Transition before the Dawn of a New Paradigm: Comparing Digital Television in Transition between Japan and the U.S.  KANAYAMA, Tsutomu  Ritsumeikan Social Sciences Review  53/ 2, 1-15  09/2017
Broadcasting Policy Research of Japan: A Historical Overview from 1950s to 2000s  Tsutomu Kanayama  RITSUMEIKAN Social Sciences Review  4/ 52, 37-51  03/2017  0288-2205
Changing Competitive Media Environment in the U.S. and Related Mega Media Mergers: Impacts of the 1980s Deregulation Policy, Telecommunications Act of 1996, and DTV Transition  Tsutomu Kanayama  RITSUMEIKAN Social Sciences Review  3/ 52, 1-18  12/2016  0288-2205
View details...

Research presentations
Broadcasting Policy and Regulation in transition before dawn of a New Paradigm: Comparing Digital Television in Transition between Japan and the U.S.  The 14th ITS Asia-Pacific Conference, International Telecommunications Society (ITS) Kyoto 2017  06/25/2017
変貌をとげる日韓のメディア状況:環境変化の中で浮かびあがる課題を国際メディア比較研究の観点から概観する  Korea-Japan Joint Seminar: Similarities and Differences in Media Use of Korean and Japanese Adolescents  10/21/2016
韓国におけるジャーナリズム環境の変化と代替メディアの登場  日本マス・コミュニケーション学会2014年度秋季研究発表会  11/08/2014
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Academic awards
Western Michigan University  Western Michigan Univsity Alumni Academy Award  10/2004
Council for International Exchange of Scholars  Fulbright Scholarship Award  08/2004
Phi Beta Delta  Ohio University Chapter of Phi Beta Delta  02/1997
View details...

Research exchange preferred theme
メディア技術の進展と社会変化  情報過多(インフォメーション・オーバーロード)の現代にあって、さまざまなメディア技術がさまざまな形で人々の情報アクセスを可能にする現代にあって、人々のメディア行動に関する実相を明らかにする。
(キーワード)メディア、テクノロジー、社会変動、メディア行動  Joint research
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Research in Applied Sociology V  Seminar
2017  Research in Applied Sociology VI  Seminar
2017  Seminar  Seminar
View details...

Teaching achievements
オーストラリア国立大学「Media and Politics in Japan」海外プログラムのプログラムコーディネーション、および産業社会学部学生との共修指導(日豪学生合計13名)  09/2016-09/2016
産業社会学部「企画研究」クラスで「インターナショナル・メディアキャンプin Seoul(韓国)」を実施し、学部生の比較メディア、および国際化教学実践に取り組んだ  09/2016-09/2016
東京において、マスコミ業界の内、テレビ、ラジオ、新聞、広告代理店業務の一線を担うプロフェッショナルから直接学ぶ「サマー・メディアキャンプin Tokyo 2015」を専門演習で実施  08/2016-08/2016
View details...
■Message from researcher
Educational Activities by balancing the Theory and Practice
 放送メディアのジャーナリスト・アナウンサーとして、10年近くに及ぶ日々の実践を積み重ねることができた。職業的なプロフェッションとしてジャーナリストの経験を積んだ上で、米国大学院でコミュニケーション学(修士号 MA in General Communication)、そしてマス・コミュニケーション学(博士号 Ph.D. in Mass Communications)を修めたことが、マスコミ学の研究者としての自分の立ち位置をユニークなものとしている。現在でもマス・コミュニケーション関連の研究を行う一方、コンテンツ制作実践者として、メディアテクノロジー(例えば、ノンリニアによるコンピュータベースでの映像コンテンツ加工作業など)を活用したコンテンツ制作作業を行っている。さらに、実務として積み重ねてきた、音声アナウンスのテクニック、カメラ撮影時のエステティックなどについても、学生たちに、直接、してみせながら、これを理論と関係させて講義してもいる。メディア理論とこれに関連する実践適用とのバランスをうまくとりながら、メディア教育に従事できることは、メディア研究・教育において、独自の研究視点を示したり、自ら実践して示す際に大いに役立っている。現在は、比較メディアの学びを通じて、学生たちにグローバルな視点を持つことの面白さを体験させたり、国際的なコミュニケーションの醍醐味を実感させることに力を入れており、「日韓メディア比較・インターナショナル・メディア・スタディーズ・キャンプ」を2011年度から連続実施している。メディア教育において、理論、実践、これにグローバルな学びを加えて展開できる国際的なネットワークを持っていることが、メディア教育・研究の大きな助けとなっている。
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Area Studies
Politics
Sociology