English
スポーツ健康科学部  /
スポーツ健康科学科

 サナダ   キヨシ   (男)
 真田    樹義   教授
 Kiyoshi   SANADA

■兼務所属(本学内)
スポーツ健康科学研究科
総合科学技術研究機構   /
スポーツ健康科学研究センター
総合科学技術研究機構   /
バイオメディカルデバイス研究センター
OIC総合研究機構   /
医療経営研究センター
■出身大学院・出身大学他
1988/03  鹿屋体育大学 (NIFS)  体育学部  卒業
2002/03  東京都立大学大学院  理学研究科  身体運動科学専攻  修士課程  修了
2005/03  東京都立大学大学院  理学研究科  身体運動科学専攻  博士課程  修了
■取得学位
博士(理学) (2005/03 東京都立大学)  
■職歴
1988/04/01-2005/06/30  株式会社ダイヤモンド・アスレティックス
2005/04/01-2013/03/31  武蔵野栄養専門学校 非常勤講師
2005/04/01-  独立行政法人 国立健康・栄養研究所 客員研究員
2005/07/01-2007/09/30  早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 専任講師
2007/04/01-2008/03/31  共立女子大学 非常勤講師(運動生理学)
2007/10/01-2009/03/31  早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 准教授
2009/04/01-2010/03/31  立命館大学 理工学部機械システム系ロボティクス学科 准教授
2010/04/01-2011/03/31  立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授
2011/04/01-  立命館大学 スポーツ健康科学部 教授
2014/04/01-2016/03/31  立命館大学 スポーツ健康科学部 副学部長
2017/04/01-  立命館大学 学生部副部長
■委員歴
2008/01-2009/12  独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
2008/04-  NPO法人健康早稲田の杜  理事 早稲田大学健康保険組合 特定保健指導受託
2008/08-2009/03  東京都保健福祉局  ヘルシーカンパニーサポート事業 ツール作成部会委員
2010/04-  京都滋賀体育学会  理事
2011/12-2012/11  独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
2013/08-2014/07  独立行政法人日本学術振興  特別研究委員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
2014/04-2018/03  京都滋賀体育学会  副会長
2014/04-  日本サルコペニア・フレイル学会  理事
2014/12-2015/11  独立行政法人日本学術振興会  科学研究費員会専門員
2015/12-2016/11  独立行政法人日本学術振興会  科学研究費員会専門員
2017/04-  立命館大学 人医学系研究倫理審査委員会  委員長
2017/04-  滋賀県「健康いきいき21」地域・職域連携推進会議  委員
2017/11-  日本肥満学会・サルコペニア・フレイル学会合同委員会  委員
2018/07-  甲賀市健康づくり推進協議会  副委員長
■所属学会
日本体育学会  
日本体力医学会  
アメリカスポーツ医学会  
ヨーロッパスポーツ科学会  
日本トレーニング科学会  
日本運動生理学会  
日本サルコペニア・フレイル学会  
日本肥満学会  
■免許・資格
教員免許保健体育中学校第I種 教員免許保健体育高等学校第Ⅱ種  (1988)    中央労働災害防止協会ヘルスケアトレーナー  (1991)    American College of Sports Medicine Health Fitness Specialist  (1995)    健康運動指導士  (2007)    国際救命救急協会 救急心肺蘇生法及びA.E.D使用技能資格  (2008)   
■研究テーマ
(1)生活習慣病予防のための運動処方開発にむけた科学的根拠の構築:肥満関連遺伝子、身体活動量、および食事摂取状況がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響
(2)日本人成人男女を対象としたサルコペニア評価基準および簡易評価法の開発
■研究概要
生活習慣病予防のための運動処方開発にむけた科学的根拠の構築:肥満関連遺伝子、身体活動量、および食事摂取状況がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響

  肥満関連遺伝子の多型と有酸素能がメタボリックシンドローム(MS)に対して、どのように関連するのかについては知られていない。本研究は、肥満関連遺伝子多型、身体組成、MSのリスクファクターおよび最大酸素摂取量との関係について検討し、有酸素能が肥満関連遺伝子多型の有無と独立してMSに関連するかどうかについて検証することを目的とした。

【研究テーマ(1) 概要】
 肥満関連遺伝子の多型と有酸素能がメタボリックシンドローム(MS)に対して、どのように関連するのかについては知られていない。
本研究は、肥満関連遺伝子多型、身体組成、MSのリスクファクターおよび最大酸素摂取量との関係について検討し、有酸素能が肥満関連遺伝子多型の有無と独立してMSに関連するかどうかについて検証することを目的とした。

 研究の実施状況、成果 被験者は、健康な成人男女754名とした。全被験者は、問診票の記入および安静時血圧の測定後、採血を行い、中性脂肪、HDLコレステロール、血糖値を測定した。最大酸素摂取量は自転車エルゴメーターを用いた漸増負荷法によって測定した。身体組成の測定は、DXA法によって行った。

【研究テーマ(2) 概要】
 現在、日本人を対象としたサルコペニアの評価基準値は報告されておらず、さらに一般対象者に広く用いることのできる簡易サルコペニア評価法は開発されていない。
そこで本研究は、日本人成人男女1768名(男性529名、女性1239名)を対象に、身体計測、二重エネルギーX線吸収測定法(DXA法)による体組成、および簡易体力測定を実施し、日本人にけるサルコペニア評価基準値の算出と簡易サルコペニア評価法を開発することを目的とした。
■研究キーワード
運動処方、肥満、生活習慣病、サルコペニア、遺伝子多型、身体活動量、メタボリックシンドローム、日本人、参照値、危険因子 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
サルコペニア概論  真田樹義、監修:荒井秀典  ライフサイエンス出版  24-25、32-33  2017/07
Physical Activity, Exercise, Sedentary Behavior and Health. “Relationship of Cardiorespiratory Fitness and Obesity Genes to Metabolic Syndrome in Adult Japanese Men”  Kiyoshi Sanada, Motoyuki Iemitsu, Haruka Murakami, Ryoko Kawakami, Yuko Gando, Hiroshi Kawano, Katsuhiko Suzuki, Mitsuru Higuchi, Motoyuki Miyachi.
Editor in Chief:Kazuyuki Kanosue, Editors:Satomi Oshima, Zhen-Bo Cao, Koichiro Oka.  Springer  171-191  2015/08
サルコペニアとメタボリックシンドローム  真田樹義  医歯葉出版株式会社  74-77  2015/01  0039-2359
一覧表示...

論文
閉経後サルコペニア女性を対象とした骨密度に対する軽負荷パワートレーニング効果の個体差に関連する要因の検討  浜口佳奈子, 栗原俊之, 藤本雅大, 家光素行, 佐藤幸治, 浜岡隆文, 真田樹義  トレーニング科学  in press  2018
日本人中高齢女性を対象とした内臓脂肪の分布とメタボリックシンドロームリスク因子との関係  中山侑紀,井門あゆみ,石井好二郎,家光素行,佐藤幸治,藤本雅大,栗原俊之,浅原哲子,真田樹義  京都滋賀体育学研究  34, 10-18  2018/08  2187-7866
Role of serum myostatin in the association between hyperinsulinemia and muscle atrophy in Japanese obese patients  Tanaka M, Masuda S, Yamakage H, Inoue T, Ohue-Kitano R, Yokota S, Kusakabe T, Wada H, Sanada K, Ishii K, Hasegawa K, Shimatsu A, Satoh-Asahara N  Diabetes Res Clin Pract  142, 195-202  2018/05  10.1016/j.diabres.2018.05.041
一覧表示...

研究発表等
中年期女性の骨指標に対する動脈硬化指標と歩行性及び非歩行性身体活動量の関係  日本体育学会第69回大会  2018/08/25
【招聘講演】高齢者期の代謝異常 サルコペニア肥満 運動療法の実際  一般社団法人日本肥満学会  2018/07/01
Increased Serum Irisin Level By Aerobic Training Is Involved In NO Production In Obese Rats  65th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine  2018/06/01
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
生活習慣病予防のための運動処方開発にむけた科学的根拠の構築:肥満関連遺伝子,身体活動量,および食事摂取状況がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響  文部科学省科学技術振興調整費SCOE・重点研究A  2007  2009  代表
生活習慣病予防のための運動処方開発にむけた科学的根拠の構築:肥満関連遺伝子,身体活動量,および食事摂取状況がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響  文部科学省科学技術振興調整費SCOE・プロトタイプ研究  2006  2006  代表
肥満関連遺伝子,身体組成,有酸素能力がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響  明治安田生命健康医科学研究助成  2006  2006  代表
一覧表示...

共同・受託研究実績
株式会社COMODE受託研究・高齢者を対象としたサルコペニア予防のための効果的な運動プログラムの開発  2012/07-2013/06  受託研究  代表
日本体力医学会プロジェクト研究、内臓脂肪堆積に基づく内臓脂肪型肥満の新基準策定  2012/04-2014/03  共同研究  代表
(財)京都府市町村職員厚生会が健康促進事業として行う会員研修の実施  2010/12-2010/12  技術指導
一覧表示...

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     ハワイ在住の日系アメリカ人におけるサルコペニアとフレイルとの関係   -   国外   2016/04-2016/09   2016     米国 
一覧表示...

受賞学術賞
日本スポーツ栄養学会第3回大会  優秀演題賞(実践報告部門)  2016/07
京都滋賀体育学会第144回大会  優秀若手研究奨励賞  2015/03
第22回日本運動生理学会大会  アワードⅢ  2014/07
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  健康スポーツ指導実習  実験・実習・実技
2017  基礎演習Ⅰ  演習
2017  基礎演習Ⅱ  演習
一覧表示...

教育活動
立命館慶祥高校「R-Navigation(高1・2対象学部ガイダンス)」を担当  2015/12-2015/12
立命館慶祥高校「アカデミック・ナビゲーション・ディ」を担当  2015/12-2015/12
博士課程前期課程-展開科目-「運動処方特論」において、最新の研究知見をPower Pointの資料を作成し、説明するだけでなく、最新の研究論文を学生同士で紹介・発表・質疑応答を行った  2014/09-2015/01
一覧表示...
■関連URL
 真田研究室HP
 プロフィール
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
身体教育学
スポーツ科学
応用健康科学
応用ゲノム科学