English
顔写真
生命科学部  /
応用化学科

 イナダ   ヤスヒロ   (男)
 稲田    康宏   教授
 Yasuhiro   INADA

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
総合科学技術研究機構   /
SRセンター
総合科学技術研究機構   /
先端マイクロ・ナノシステム技術研究センター
■出身大学院・出身大学他
1990/03  名古屋大学  理学部  化学科  卒業
1992/03  名古屋大学大学院  大学院理学研究科  化学専攻  博士課程前期課程  修了
■取得学位
博士(理学) (1998/03 名古屋大学)  
■職歴
1992/04-1996/03  名古屋大学理学部助手
1996/04-1998/03  名古屋大学大学院理学研究科助手
1998/04-2002/09  名古屋大学物質科学国際研究センター助手
1999/11-1999/11  客員研究員としてPurdue大学(米国)
2000/10-2001/09  文部省在外研究員としてInnsbruck大学(オーストリア)
2002/03-2002/03  文部科学省在外研究員(短期)としてスイス連邦工科大学
2002/10-2004/11  名古屋大学大学院理学研究科助手
2004/11-2007/03  高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所助教授
2005/04-2007/03  総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科助教授
2006/04-2007/03  北海道大学触媒化学研究センター客員助教授
2007/04-2009/03  高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所准教授
2007/04-2009/03  総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科准教授
2009/04-2010/03  高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所客員教授
2009/04-  立命館大学総合理工学院生命科学部
■委員歴
1999/04-2004/11  日本分析化学会東海支部  支部幹事
2005/01-2007/12  日本XAFS研究会  企画幹事
2010/04-2012/03  日本化学会  近畿支部幹事
2010/01-  日本XAFS研究会  企画幹事
2013/01-  日本化学会  欧文誌編集委員
2013/10-  日本分析化学会X線分析研究懇談会  運営委員
■所属学会
日本化学会  
アメリカ化学会  
触媒学会  
錯体化学会  
日本放射光学会  
溶液化学研究会  
日本XAFS研究会  
■研究テーマ
無機触媒反応メカニズムの解明
電池の電極活物質のキャラクタリゼーション
イメージングXAFS法の開発
時間分解XAFS法の開発
■研究概要
時間分解XAFS法のコンセプト 銅/ゼオライトの還元反応
時間分解XAFS法のコンセプト 銅/ゼオライトの還元反応

金属化学種を活性中心とする無機触媒反応機構の解明と時間分解X線分光法の開発

 金属化学種を活性中心とする触媒系は、現代社会を支える様々な材料の効率的な合成において、工場や自動車などからの排ガス浄化において、光や物質からエネルギーなどへの効率的変換において、などの多くの場面で重要な役割を果たしている。そのような無機系触媒材料の活性を理解する上で、触媒反応の反応機構を原子レベルで解明することが、より効率的な機能の発現や副作用の低減、さらに高活性な触媒材料の開発などのための決定的な情報となる。目的元素のX線吸収スペクトルに現れる微細構造からは目的元素の電子状態と周辺局所構造が得られ、それをサブナノ秒までの分解能で時間分解測定する手法を開発し、その時間分解XAFS法を用いて様々な無機触媒材料の反応機構の解明を行っている。また、放射光光源の先鋭化と歩調を合わせ、より高い感度と時間分解能を有する時間分解XAFS法の開発も進める。

【研究テーマ(1)概要】
いつ原子配置が変化し、いつ電子が移動したかをリアルタイムで知ることができれば、金属が関与する化学反応のメカニズムを原子レベルで確定することができる。目的元素のX線吸収スペクトル(XAFSスペクトル)に現れる微細構造からは、目的元素の電子状態と周辺局所構造を知ることができるので、それをサブナノ秒までの分解能で時間分解測定する手法の開発を進めている。そのような先端的研究装置においては放射光光源の利用が不可欠であるが、放射光光源の先鋭化と歩調を合わせ、より高い感度と時間分解能を有する時間分解XAFS法の開発を進めている。

【研究テーマ(2)概要】
金属を活性中心とする触媒系は、(a) 現代社会を支える様々な材料の効率的な合成において、(b) 工場や自動車などからの排ガス浄化において、(c) 光や物質からエネルギーなどへの効率的変換においてなど、多くの場面で重要な役割を果たしている。
そのような無機系触媒材料の活性を理解する上で、触媒反応の反応メカニズムを原子レベルで解明することが、より効率的な機能の発現や副作用の低減、さらに高活性な触媒材料の開発などのための決定的な情報となる。時間分解XAFS法を用いて、様々な無機触媒材料の反応メカニズムの解明を系統的に行っている。
■研究キーワード
触媒、反応機構、時間分解分光法、XAFS、不均一系触媒、光触媒、光励起状態、時間分解、ナノ秒、金属触媒、反応メカニズム 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
XAFSの基礎と応用  稲田康宏ほか29名  講談社サイエンティフィク  134-166,179-183  2017/07  978-4-06-153295-3
XAFS/EELSによる局所構造解析・状態分析技術  渡部孝、一國伸之、宮永崇史、奥村和、片山真祥、稲田康宏、木口賢紀、溝口照康、折笠有基、内本喜晴、山本和生、入山恭寿、平山司、岩澤康裕、森利之、脇田久伸、岡島敏浩、堀内伸、福森健三、大久保貴広、吉田朋子、田中庸裕、大塚祐二  情報機構  59-66  2014/09  978-4-86502-071-7
量子ビーム物質科学  門野良典、足立伸一、小野寛太、稲田康宏、伊藤晋一、鬼柳善明、大友季哉、兵藤俊夫  共立出版  64-95  2013/04  978-4-320-03489-1
一覧表示...

論文
Improvement of Cycle Capability of Fe-Substituted Li2S-Based Positive Electrode Materials by Doping with Lithium Iodide  Tomonari Takeuchi, Hiroyuki Kageyama, Koji Nakanishi, Hisao Kiuchi, Misaki Katayama, Yasuhiro Inada, Toshiaki Ohtam Toshiharu Fukunaga, Hikari Sakaebe, Hironori Kobayashi, and Eiichiro Matsubara  J. Electrochem. Soc.  166/ 3, A5231-A5236  2019/04  10.1149/2.0361903jes
Preparation Conditions of Nickel Particle Supported on Lithium Iron Phosphate for Its Carbon Modification Treatment  Tomohiro Ohsaki, Yusaku Yamamoto, Hirona Yamagishi, Shohei Yamashita, Misaki Katayama, and Yasuhiro Inada  Memoirs of the SR Center Ritsumeikan University  20, 9-12  2018/05
XAFS Analysis on Reduction Process of Cerium Oxide  Takashi Ukawa, Kaho Nishide, Yusaku Yamamoto, Shohei Yamashita, Misaki Katayama, and Yasuhiro Inada  Memoirs of the SR Center Ritsumeikan University  20, 5-8  2018/05
一覧表示...

研究発表等
セリア担持ニッケル触媒の還元過程におけるIn situ XAFS-XRD複合測定による化学状態解析  第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム  2019/01/10
二元素DXAFS法によるニッケルマンガン酸リチウム正極の反応解析  第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム  2019/01/10
Characterization and Redox Reactions of the Ni Species Supported on ZrO2 Investigated by Means of X-ray Absorption Spectroscopy  第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム  2019/01/10
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
不均一系金属担持触媒反応機構解明のための高分解能時間分解DXAFS装置の開発 (Development of High Precision Time-Resolved DXAFS Instrument for Mechanistic Studies of Heterogeneous Metal Catalysts)  NEDO産業技術研究助成事業  2005  2008  代表
超臨界ストップトフロー装置の開発と超臨界二酸化炭素中における高速反応速度の測定 (Development of Stopped-Flow Instrument for Supercritical Fluids and Measurements of Fast Reaction Rate in Supersritical Carbon Dioxide)  黎明研究  1999  1999  代表
時間分解XAFS法による電子移動反応機構の構造化学的研究 (Structural Study of Electron Transfer Mechanism by Means of Time-Resolved XAFS Technique)  倉田奨励金  1997  1998  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費連動型     一次元イメージングDXAFS装置の開発と不均一電極反応の動的観測   代表   -   2012/07-2013/03   2012   1,000,000   
研究推進プログラム   基盤研究     二次電池材料の時空間分解電子状態解析へ向けてのDXAFS装置の開発   代表   -   2012/04-2013/03   2012   1,300,000   
研究推進プログラム   若手研究(旧 若手スタートアップ含む)     ナノ構造形成制御を目指した不均一系担持金属触媒の酸化還元メカニズムの解明   -   国内   2009/06-2010/03   2009   1,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
日本分析化学会  日本分析化学会奨励賞  1999/09
東海化学工業会  東海化学工業会賞  2003/05
一覧表示...

研究交流希望テーマ
立命館大学SRセンターBL-3、BL-4、BL-5でのXAFS解析  2~10 keVの領域に吸収端を有する元素のXAFS測定を行い、目的元素近傍の局所構造解析や電子状態解析を行う。一般的なXAFSビームラインのBL-3においては、反応環境でのその場測定や3素子SSDを用いた蛍光X線収量法での測定が可能である。二次元イメージングXAFS測定にはBL-4を用いる。時間分解DXAFS実験はBL-5において可能である。
(キーワード)XAFS、局所構造解析、電子状態解析、蛍光X線収量  技術相談,受託研究,共同研究
時間分解XAFS法による触媒反応のメカニズム解析  反応メカニズムを原子レベルで解析、決定することが可能な時間分解XAFSを駆使し、不均一系/均一系触媒反応メカニズムの解明を行う。
(キーワード)触媒、メカニズム、時間分解、XAFS  技術相談,受託研究,共同研究
イメージングXAFS法による不均一な反応分布解析  二次元イメージングXAFS法(立命館SRセンターやKEK-PF)や一次元時空間分解イメージングDXAFS法(立命館SRセンター)を用いて、試料中で不均一に進行する反応の分布状態をその場観測し、時空間相関の解析を行なう。  技術相談,受託研究,共同研究
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  材料化学実験1  実験・実習・実技
2017  分析化学実験  実験・実習・実技
2017  分析化学実験1  実験・実習・実技
一覧表示...

教育活動
南山(男子部)高校 模擬講義 厳談社会を支える化学 -触媒の働きを通して-  2015/06-2015/06
専門科目「生物無機化学」において「コミュニケーションペーパー」を毎回配布し、授業での疑問点や授業改善の要望を聴取して活用。疑問点等は次回の授業で回答して学生との意思疎通を実施。  2012/05-2012/05
専門科目「無機機能化学」において「コミュニケーションペーパー」を毎回配布し、授業での疑問点や授業改善の要望を聴取して活用。疑問点等は次回の授業で回答して学生との意思疎通を実施。  2011/09-2012/01
一覧表示...
■関連URL
 無機触媒化学研究室
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
ナノ構造化学
ナノ材料化学
量子ビーム科学
無機化学
機能物性化学
分析化学
エネルギー関連化学
無機工業材料
触媒・資源化学プロセス