English
顔写真
生命科学部  /
生命情報学科

 テラウチ   カズキ   (女)
 寺内    一姫   教授
 Kazuki   TERAUCHI

■兼務所属(本学内)
生命科学研究科
■出身大学院・出身大学他
1999/03  東京大学大学院  総合文化研究科  博士課程  修了
■取得学位
博士(学術) (1999/03 東京大学)  
■職歴
2017/04-  立命館大学教授
2009-2017  立命館大学准教授
2008-2009  名古屋大学大学院理学研究科特任講師
■所属学会
日本時間生物学会  
日本光合成学会  
日本植物生理学会  
日本ゲノム微生物学会  
■研究キーワード
概日時計、体内時計、シアノバクテリア、環境適応、ゲノム、タンパク質 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
Mutation of alanine-422 in KaiC leads to a low amplitude of rhythm in the reconstituted cyanobacterial circadian clock  Kazuki Nagata, Katsuaki Oyama, Atsushi Ota, Chihiro Azai, Kazuki Terauchi  The Journal of General and Applied Microbiology  in press  2020
Synechocystis KaiC3 displays temperature and KaiB dependent ATPase activity and is important for growth in darkness.  Wiegard A., Köbler C., Oyama K., Dörrich K. A., Azai C., Terauchi K., Wilde A., Axmann M. I.  J Bacteriol.  in press  2020  DOI: 10.1128/JB.00478-19
Cooperative binding of KaiB to the KaiC hexamer ensures the accurate circadian clock oscillation in cyanobacteria  Murakami R., Yunoki Y., Ishii K., Terauchi K., Uchiyama S., Yagi H., Kato K.  Int. J. Mol. Sci.  20, 4550  2019
一覧表示...

研究発表等
極限環境と概日時計  日本薬学会第140年会  2020/03/28
ヒスチジンキナーゼCheAを融合させたLOVドメインの変異による機能解析  第61回日本植物生理学会年会  2020/03/21
嫌気環境で生育不良を示すシアノバクテリアSynechocystis sp. PCC 6803変異株の網羅的遺伝子発現解析  第14回日本ゲノム微生物学会年会  2020/03/07
一覧表示...
■社会活動業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

社会活動
日本時間生物学会評議員  2019-
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2019  代謝工学  講義
2019  生体分子ネットワーク特論  講義
2019  分子生物学実験  実験・実習・実技
一覧表示...

教育活動
立命館守山中学校第2学年 BKC スタディーツアー  2018/06-
第4回 女子中高生のためのサイエンスカフェ/物理と化学で紐解く生命科学の魅力 〜女性研究者と考えよう〜  2018/03-
育英西高校 特別講義「試験管の中の体内時計」  2016/10-
一覧表示...
■関連URL
 http://www.ritsumei.ac.jp/lifescience/bioinfo/terauchi/index.html