English
理工学部  /
物理科学科

 モリ   マサキ   (男)
 森    正樹   教授
 Masaki   MORI

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
■出身大学院・出身大学他
1983/03  京都大学  理学部  卒業
1988/03  京都大学大学院  理学研究科  物理学第二専攻博士後期課程  単位取得退学
■取得学位
理学学士 (1983/03 京都大学)   理学修士 (1985/03 京都大学)   理学博士 (1988/07 京都大学)  
■職歴
1988/04/01-1988/05/15  東京大学宇宙線研究所研究員(教務補佐員)
1988/05/16-1993/08/15  国立高エネルギー物理学研究所物理研究部助手
1993/08/16-1997/07/31  宮城教育大学教育学部助教授
1997/08/01-2003/09/30  東京大学宇宙線研究所助教授
2003/10/01-2009/03/31  東京大学宇宙線研究所教授
2009/04/01-  立命館大学理工学部教授
■委員歴
1999/09-2002/09  日本物理学会 会誌編集委員
2003/10-2004/09  日本物理学会 宇宙線分科代表
2004/10-2005/09  日本物理学会 宇宙線・宇宙物理領域代表
2005/09-2009/08  日本物理学会 代議員
2011/10-2017/09  日本学術会議 連携会員
2011-2017  International Union of Pure and Applied Physics  Commission 4 member
■所属学会
日本物理学会  
日本天文学会  
International Astronomical Union  
■研究テーマ
高エネルギーガンマ線の観測による天体物理学の研究
宇宙線物理学の実験的研究
■研究概要
高エネルギーガンマ線観測による天体物理学の実験的研究

 最も波長の短い光、ガンマ線を用いて高エネルギー天体物理学の研究を行っています。ガンマ線は非熱的に加速された粒子から発生するため、コンパクト天体や巨大ブラックホール周辺などの活動的天体における高エネルギー現象と密接に関連しています。 Fermiガンマ線宇宙望遠鏡や、国際宇宙ステーションに設置されたCALET宇宙線観測装置などのガンマ線観測データをもとに、電波や赤外線・可視光などの熱的放射とは異なる、加速された粒子が関わる高エネルギー天体現象の解明を進めるとともに、高エネルギー宇宙線の起源の問題を追及しています。また、BKCキャンパスに設置された60cm反射光学望遠鏡を用いた時間変動天体の観測も手掛けています。
■研究キーワード
天体ガンマ線、超新星残骸、パルサー及びパルサー星雲、活動銀河核、高エネルギー宇宙線 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
天体物理学 - Astrophysics for Physicists -  Arnab Rai Choudhuri (著)、森 正樹 (訳)  森北出版  2019/05  978-4-627-27511-9
天文学辞典 (シリーズ現代の天文学 別巻)  日本評論社  (第17巻関連担当)  2012/07  978-4-535-60738-5
宇宙の観測III―高エネルギー天文学 (シリーズ現代の天文学 17巻)  高橋忠幸  日本評論社  65-120  2008  978-4-535-60737-8
一覧表示...

論文
Dark Matter Signals on a Laser Interferometer  Satoshi Tsuchida, Nobuyuki Kanda, Yousuke Itoh and Masaki Mori  Physical Review D  (in press)  2019
Direct Measurement of the Cosmic-Ray Proton Spectrum from 50 GeV to 10 TeV with the Calorimetric Electron Telescope on the International Space Station  O.Adriani,Y.Akaike,K.Asano,Y.Asaoka,M.G.Bagliesi,E.Berti,G.Bigongiari,W.R.Binns,S.Bonechi,M.Bongi,P. Brogi,J.H.Buckley,N.Cannady,G.Castellini,C.Checchia,M.L.Cherry,G.Collazuol,V.DiFelice,K.Ebisawa,H.Fuke,T.G.Guzik,T.Hams,N.Hasebe,K.Hibino,M.Ichimura,K.Ioka,W.Ishizaki,M.H.Israel,K.Kasahara,J.Kataoka,R.Kataoka,Y.Katayose,C.Kato,N.Kawanaka,Y.Kawakubo,K.Kohri,H.S.Krawczynski,J.F.Krizmanic,T.Lomtadze,P.Maestro,P.S.Marrocchesi,A.M.Messineo,J.W.Mitchell,S.Miyake,A.A.Moiseev,K.Mori,M.Mori,N.Mori,H.M.Motz,K.Munakata,H.Murakami,S.Nakahira,J.Nishimura,G.A.deNolfo,S.Okuno,J.F.Ormes,S.Ozawa,L.Pacini,F.Palma,P.Papini,A.V.Penacchioni,B.F.Rauch,S.B.Ricciarini,K.Sakai,T.Sakamoto,M.Sasaki,Y.Shimizu,A.Shiomi,R.Sparvoli,P.Spillantini,F. Stolzi,J.E.Suh,A.Sulaj,I.Takahashi,M.Takayanagi,M.Takita,T.Tamura,T.Terasawa,H.Tomida,S.Torii,Y.Tsunesada,Y.Uchihori,S.Ueno,E.Vannuccini,J.P.Wefel,K.Yamaoka,S.Yanagita,A.Yoshida,and K.Yoshida  Physical Review Letters  122, 181102  2019/05  10.1103/PhysRevLett.122.181102
Characteristics and Performance of the CALorimetric Electron Telescope (CALET) Calorimeter for Gamma-ray Observation  N.Cannady,Y.Asaoka,F.Satoh,M.Tanaka,S.Torii,M.L.Cherry,M.Mori,O.Adriani,Y.Akaike,K.Asano,M.G.Bagliesi,E.Berti,G.Bigongiari,W.R.Binns,S.Bonechi,M.Bongi,P.Brogi,J.H.Buckley,G.Castellini,C.Checchia,G.Collazuol,V.DiFelice,K.Ebisawa,H.Fuke,T.G.Guzik,T.Hams,M.Hareyama,N.Hasebe,K.Hibino,M.Ichimura,K.Ioka,W.Ishizaki,M.H.Israel,K.Kasahara,J.Kataoka,R.Kataoka,Y.Katayose,C.Kato,N.Kawanaka,Y.Kawakubo,K.Kohri,H.S.Krawczynski,J.F.Krizmanic,T.Lomtadze,P.Maestro,P.S.Marrocchesi,A.M.Messineo,J.W.Mitchell,S.Miyake,A.A.Moiseev,K.Mori,N.Mori,H.M.Motz,K.Munakata,H.Murakami,S.Nakahira,J.Nishimura,G.A.deNolfo,S.Okuno,J.F.Ormes,S.Ozawa,L.Pacini,F.Palma,P.Papini,A.V.Penacchioni,B.F.Rauch,S.B.Ricciarini,K.Sakai,T.Sakamoto,M.Sasaki,Y.Shimizu,A.Shiomi,R.Sparvoli,P.Spillantini,F.Stolzi,J.E.Suh,A.Sulaj,I.Takahashi,M.Takayanagi,M.Takita,T.Tamura,N.Tateyama,T.Terasawa,H.Tomida,Y.Tsunesada,Y.Uchihori,S.Ueno,E.Vannuccini,J.P.Wefel,K.Yamaoka,S.Yanagita,A.Yoshida,and K.Yoshida  Astrophysical Journal Supplement  238, 5  2018/09  10.3847/1538-4365/aad6a3
一覧表示...

研究発表等
国際宇宙ステーション搭載検出器CALETによる宇宙線・ガンマ線の観測  京都大学大学院理学研究科談話会  2019/12/09
CALETによる高エネルギーガンマ線の観測と解析II  日本物理学会 2019年秋季大会  2019/09/17
High-Energy Gamma-ray Observations Using the CALorimetric Electron Telescope (CALET) on the ISS  36th International Cosmic Ray Conference  2019/07/29
一覧表示...

その他研究活動
「宇宙を観る新しい目」森正樹  日本物理学会誌  2019/06-2019/06
「CALETが開始した高エネルギー宇宙の新たな探求」鳥居祥二、浅岡陽一、森正樹、吉田篤正  日本物理学会誌  2018/06-2018/06
「ISS搭載カロリメータ型宇宙電子望遠鏡CALETの初期観測成果」鳥居祥二、浅岡陽一、森正樹、吉田篤正  ISASニュース(宇宙航空研究開発機構)  2018/03-2018/03
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

共同・受託研究実績
宇宙線・宇宙物理分野に関する学術動向の調査研究  2010-2012  受託研究
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費連動型     天体における粒子加速の限界を高エネルギーガンマ線で探る   代表   -   2014/06-2015/03   2014   500,000   
研究推進プログラム   若手研究(旧 若手スタートアップ含む)     天体ガンマ線衛星データの解析による高エネルギー天体の研究   -   国内   2009/06-2010/03   2009   1,000,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  ミクロとマクロの世界  講義
2017  科学技術表現  講義
2017  実験物理学講義1  講義
一覧表示...

教育活動
物理科学科新入生に対する個別面談  2012/11-2012/12
Lecture at Japan Super Science Fair (Ritsumeikan High School, BKC Campus, Nov. 11, 2012) "Looking into the Universe"  2012/11-2012/11
物理科学科新入生に対する個別面談  2011/11-2011/12
一覧表示...
■関連URL
 森 正樹のページ
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
天文学