English
経営学部  /
経営学科

 アヅマ   ケンタロウ  
 東    健太郎   教授
 Kentaro   AZUMA

■兼務所属(本学内)
経営学研究科
■出身大学院・出身大学他
2000/03  国際基督教大学  教養学部  卒業
2002/03  早稲田大学大学院  商学研究科  修士課程  修了
2007/03  ドイツ・マンハイム大学大学院  経営学研究科  博士課程後期課程  修了
■取得学位
学士(教養) (2000/03 国際基督教大学)   修士(商学) (2002/03 早稲田大学)   博士、経営経済学 (2007/03 ドイツ・マンハイム大学)  
■職歴
2000/04-2010/03  国際基督教大学教養学部 非常勤助手・非常勤講師
2003/04-2007/03  ドイツ・マンハイム大学経営学部 非常勤講師
2004/03/15-2007/03/31  ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生
2008/04-2011/03  法政大学人間環境学部 非常勤講師
2009/04-2010/03  獨協大学経済学部 非常勤講師
2010/04-  立命館大学経営学部 准教授
■研究キーワード
社会・環境情報開示、環境会計、コーポレート・フィランソロピー、CSR、環境パフォーマンス、環境経営 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
「よくわかる環境経営」  野村佐智代・佐久間信夫・鶴田佳史  ミネルヴァ書房  84-91、126-131  2014/05  978-4-623-06747-3
「企業の社会的責任と会計」『スタートアップ会計学』  中央経済社  2012/02
「環境会計と監査」『現代CSR経営要論』  佐久間信夫・田中信弘(編)  創成社  244-266  2011/03
一覧表示...

論文
Double-Edge of Corporate Legitimating Disclosure
Reactions of Japanese nuclear industry to the Fukushima Nuclear Accident  Kentaro Azuma, Aziz Islam  Proceedings, 8th Asia-Pacific Interdisciplinary Research in Accounting Conference  2016/07
コーポレート・フィランソロピーによる災害対応ー東日本大震災の被災者支援行動に収益性と地理的近接性が与えた影響ー  東健太郎  立命館経営学  54/ 2, 49-66  2015/09
Toward Mandatory Environmental Disclosure for Capital Markets: Discussion and Empirical Evidence from Japan  Nobuyuki Miyazaki  Journal of Social Science, International Christian University  2013/09
一覧表示...

研究発表等
東芝不正会計に対する資本市場の反応  社会関連会計学会東日本部会  2016/07/09
環境ディスクロージャーと環境パフォーマンスの関連性  社会関連会計学会西日本部会  2016/07/02
コーポレート・フィランソロピーによる災害対応  日本社会関連会計学会西日本部会  2015/06/27
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク