日本語
College of Comprehensive Psychology  /
Department of Comprehensive Psychology

 (Male)
 Hiroki   YAMAMOTO  Professor

■Concurrent affiliation
Graduate School of Human Science
Research Organization of Open Innovation & Collaboration   /
Research Center for Cognitive Sciences, Ritsumeikan University
■Graduate school/University/other
03/1987  University of Tsukuba  College of Human Sciences  Graduated
03/1992  University of Tsukuba  Graduate School, Division of Psychology  Doctoral course  Withdrawal from program with completion of credit requirements
■Academic degrees
B.A. (Education) (03/1987 University of Tsukuba)   M.A. (Education)  (03/1989 University of Tsukuba)   Ph.D. (03/2000 University of Tsukuba)  
■Career history
04/1994-03/2010  2008/04-2010/03
大阪学院大学教授
04/1997-03/2006  文部科学省メディア教育開発センター客員助教授,協同研究員
04/2006-03/2010  大阪学院大学教育開発支援センタ-所員
04/2010-03/2016  立命館大学文学部教授
04/2013-03/2014  立命館大学心理学域長・専攻主任
04/2016-03/2018  立命館大学大学協議会委員
04/2016-  立命館大学総合心理学部教授
04/2018-09/2018  京都大学大学院教育学研究科客員研究員
04/2019-  立命館大学OIC研究機構副機構長
■Committee history
04/2004-03/2007  日本人間工学会  評議員
01/2005-01/2011  日本教育心理学会  常任編集委員
07/2005-09/2006  日本教育心理学会  執筆マニュアルワーキンググループ委員
03/2007-12/2008  日本教育心理学会  紙面関係ワーキンググループ委員
04/2008-03/2009  日本教育心理学会  優秀論文賞選考委員
04/2009-03/2010  大阪学院大学  教員免許状更新講座講師
04/2009-03/2010  大阪府立吹田東高校  学校協議会委員
07/2009-03/2019  日本心理学会  専門別代議員第2部門(発達・教育)
09/2009-05/2013  日本教育心理学会  理事
02/2010-12/2012  日本教育心理学会  メ-ルマガジン委員会委員
04/2010-03/2011  日本教育心理学会  優秀論文賞選考委員
04/2011-03/2013  立命館大学   委員(学習学WG11-12,人間科学研究所運営委員11-13)
04/2012-03/2013  日本教育心理学会  城戸奨励賞選考委員
05/2013-05/2015  日本教育心理学会  代議員・社員
01/2014-01/2017  日本教育心理学会  編集委員
04/2015-03/2016  日本教育心理学会  城戸奨励賞選考委員
04/2015-03/2019  日本学校心理士会  学校心理士会年報編集協力者
05/2017-05/2019  日本教育心理学会  代議員・社員
04/2018-03/2019  日本教育心理学会  城戸奨励賞選考委員
04/2018-  日本教育心理学会  教育心理学年報編集委員
11/2018-10/2022  日本心理学会  教育研究委員会高校心理学教育小委員
04/2019-  日本教育心理学会  教育心理学年報副編集委員長
■Academic society memberships
The Japanese Association of Educational Psychology  
Japanese Association of School Psychologists  
The Japanese Psychological Association  
American Psychological Association, Division of Educational Psychology  
■Licenses and qualifications
学校心理士ス-パ-バイザ-  (2015)    ガイダンスカウンセラ-  (2012)   
■Subject of research
Explanatory representations to grasp and improve children’s underachievement of comprehension.
Explanatory representations supporting for deep understanding of high school textbokks.
Explanatory representations supporting tutoring and learning consultation.
■Research summary
Educational and Developmental Studies on Explanatory Strategy Supporting Leaners for their Comprehension.

 Educational and Developmental Studies on Explanation Strategy for Learners with Comprehension Difficulties.
■Research keywords
Educatinal psychology, Explanatory representation, comprehension support, tutoring 
■Research activities   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Books
教育・学校心理学  小野瀬雅人(編)  ミネルヴァ書房  学習・授業の課題と支援  03/2020
教師のための説明実践の心理学  山本博樹  ナカニシヤ出版  教材の説明力  10/2019
公認心理師のための説明実践の心理学  山本博樹(編)  ナカニシヤ出版  文書説明の有効性  11/2018  978-4-7795-1317
View details...

Papers
高校初年次生が構造方略を持続的に使うと説明文理解や学習適応ならびに学業達成は高まるのか?  山本博樹・織田 涼・島田英昭  学校心理士会年報  12  04/2020
高校初年次生と大学生の説明文理解に及ぼす標識化効果の境界条件  山本博樹・織田 涼・島田英昭  心理学研究  89/ 3, 240-250  08/2018
Comprehension of expository text using structure strategy affects academic adjustment and academic achievement in first-year high school students: Examination by means of expository text in civics textbook and presenting perspectives on learning supports.  山本博樹・織田 涼  学校心理士会年報  10, 1-10.  03/2018
View details...

Research presentations
大学生における過去のネガティブ経験の肯定的意味づけに 至る過程とその支援―ハーディネスの高低に着目して―  日本教育心理学会第61回大会  09/16/2019
探究学習の成立を支援する説明とは?  日本教育心理学会第61回大会  09/14/2019
学習支援としての説明は本当に有効なのか(4)-探究学習の成立を支援する説明の要件-  日本教育心理学会第61回大会  09/14/2019
View details...

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)
Link to Grants-in-Aid for Scientific Research -KAKENHI-

Academic awards
 日本児童文学学会論文賞  10/1992
 日本認知科学会分科会発表賞  06/1995
View details...

Research exchange preferred theme
児童生徒の「深い理解」を支援する説明表現  -説明表現の原則と有効性-  Technical consultation,Commisioned research,Joint research
高校「倫理」教科書の「深い理解」を支援する説明表現  -テキストデザインの原則と評価-  Technical consultation,Commisioned research,Joint research
児童生徒・高齢者の学習支援を支える説明実践  ー学習支援の原則と評価ー  Technical consultation,Commisioned research,Joint research
View details...
■Teaching experience   (Even top three results are displayed. In View details, all results for public presentation are displayed.)

Courses taught
2017  Psychological of Educational Practice  Lecture
2017  教授学習心理学特論  Lecture
2017  Research Methods in Psychology 1  Lecture
View details...

Teaching achievements
立命館アカデミックセンター講演「青年期の問題解決をうまく支える方法」  08/2019-08/2019
立命館大学総合心理学部で学ぶ心理学(伊丹高校)  07/2019-07/2019
大谷高校による1学期間にわたる学習支援プロジェクト(大谷プロジェクト)  04/2019-06/2019
View details...
■Message from researcher
『説けばそれで終いか?』
  説明に関する問題は,いまや社会的な問題として認識されており,説明責任の名のもとに広く人々の関心を集めています。もとより,現代社会は,説明によって成り立つ社会です。この説明社会では,だれもが説き手の役割を果たさなければならず,説明が悪いと社会的な責任を問われかねません。それでは,良い説明の要件とは一体何なのでしょうか。澄んだ声で朗々と自己主張することでしょうか。いや,説明とは相手に説いて「明らかにする」ことだったはずです。ここには,受け手の個人差に基づく「無明」とも言うべき理解不振が前提としてありますから、これを改善する支援行為としての成否が問われると考えられます。ここにこそ説明の本意があります。それなのに,説けばそれでお終いにするのでしょうか。説き手は受け手の理解不振を把握・支援し改善しなくてもよいのでしょうか。それでは,どのような説き方 (説明表現) を使えば, 受け手の理解を改善できるのでしょうか。子どもと高齢者に,同じ説き方でよいのでしょうか。教育心理学や発達心理学の知見に基づいて受け手の理解不振のメカニズムをおさえた上で,これらの問いに答え,受け手の理解を支援する説明のあり方を考えていきたいと思います。
■URL
 http://read.jst.go.jp/
■Tel
075-466-3184
■Research keywords(on a multiple-choice system)
Educational Psychology