English
スポーツ健康科学部  /
スポーツ健康科学科

 ヤマウラ   カズホ   (女)
 山浦    一保   教授
 Kazuho   YAMAURA

■兼務所属(本学内)
スポーツ健康科学研究科
OIC総合研究機構   /
イノベーション・マネジメント研究センター
OIC総合研究機構   /
医療介護経営研究センター
立命館グローバル・イノベーション研究機構
OIC総合研究機構   /
稲盛経営哲学研究センター
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
■出身大学院・出身大学他
1996/03  熊本大学大学院  教育学研究科  学校教育専攻  修士課程  修了
2003/03  広島大学大学院  生物圏科学研究科  環境計画科学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
修士(教育学) (1996/03 熊本大学)   博士(学術) (2003/03 広島大学)  
■職歴
2000/04-2001/03  財団法人 集団力学研究所 研究員
2001/04-2002/03  九州大学大学院人間環境学府行動システム専攻 研究生
2002/10-2004/03  中央労働災害防止協会 調査研究部 リサーチ・レジデント(任期付)
2004/04-2005/03  九州大学大学院人間環境学府行動システム専攻 研究生
2005/04-2010/03  静岡県立大学経営情報学部 講師
2007/04-2010/03  静岡県立大学地域経営研究センター 副センター長
2010/04/01-2016/03/31  立命館大学スポーツ健康科学部 准教授
2016/04/01-  立命館大学スポーツ健康科学部 教授
■委員歴
2006/04-2016/03  産業・組織心理学会  産業組織心理学会 理事
-2011/07  日本学術振興会  日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員 社会科学領域
2011/04-  静岡県  静岡県コンプライアンス委員会委員
2012/06-  産業・組織心理学会  「産業・組織心理学研究」編集委員
2014/04-2015/03  日本体育協会(文部科学省委託事業)  コーチ育成のためのモデル・コア・カリキュラム作成事業 ワーキングメンバー
2014/04-  中国電力株式会社  原子力安全文化有識者会議社外委員
2014-2015/03  出光興産株式会社  安全保安諮問委員会社外諮問委員
2015/04-2016/03  草津市勤労者福祉施設運営審議会 委員
2016/04-2019/03  産業・組織心理学会  「産業・組織心理学研究」常任理事・編集委員長
2017/04-2019/03  公益社団法人日本心理学会  地域別代議員(近畿)
2018/07-2019/06  日本学術振興会  日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
2019/04-2021/03  公益社団法人日本心理学会  専門別代議員(第4部門)
2019/04-  産業・組織心理学会  常任理事・副会長
■所属学会
日本心理学会  
日本社会心理学会  
日本グループ・ダイナミックス学会  
日本教育心理学会  
産業・組織心理学会  
経営行動科学学会  
Asian Association of Social Psychology  
九州心理学会  
中国・四国心理学会  
日本スポーツ心理学会  
日本トレーニング科学会  
日本体育学会  
Society for Personality and Social Psychology  
European Association of Work and Organizational Psychology (EAWOP)  
■免許・資格
小学校教員免許第1種    小学校教員専修免許   
■研究テーマ
リーダーシップとその開発に関する研究
上司-部下の関係性と組織環境がモチベーションに及ぼす影響に関する研究
キャリア発達上の危機的経験とその後の飛躍に関する研究
■研究概要
企業・チームにおけるリーダーシップとその開発に関する研究―上司-部下の良好な関係構築の観点から―

  企業や各種組織・チームが、変化著しい環境に適応するにはどうすればよいのか。その中で、個々人がいきいきと生活し、円滑なコミュニケーションと良好な人間関係に支えられて、成果を上げるために、リーダー(上司)やメンバー(部下)はそれぞれどうすればよいのか。
これらの問いに対する方策を導くには、
[組織構造レベル]組織のシステムとその運用、組織風土の観点
[集団・対人レベル]リーダーシップの観点
[個人レベル]一人ひとりの能力・スキル開発の観点
からそれぞれ分析していく必要がある。また、これらの現象がなぜ生じるのか、その根底にある人間の心理的な作用を考慮し、組織心理学/社会心理学的なアプローチを試みている。
■研究キーワード
組織心理学;集団力学;リーダーシップ;上司-部下の関係性;キャリア発達 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
第2巻人を活かす-人事部門 第6章 職場の人間関係と人間関係管理 「JAIOP 35周年記念企画(講座本)」  小野公一(編著)他  北大路書房  (入稿済み: 編集中)  2019/09
「経営・ビジネス心理学」第1章 リーダーシップ  山浦一保;松田幸弘(編著)、他章 池田浩・太田さつき・松本友一郎・田中芳幸・大森哲至・小川悦史・長野光朗・前田洋光・中川由理・武村幸祐・長谷川千洋  ナカニシヤ出版  1-15  2018/04
「社会心理学的リーダーシップ研究のパースペクティブⅡ」第4章:交換関係としてのリーダーシップ  坂田桐子(編著):山浦一保 他4名  ナカニシヤ出版  83-107  2017/11  978-4-7795-1215-5
一覧表示...

論文
青年期の対人関係および自己のあり方と青年の就労意識に関する構造の検討  岡田 努・榎本博明・下村英雄・山浦一保  心理学の諸領域(北陸心理学会)  5/ 1, 41-52  2016
高校野球選手における回旋腱板筋トレーニングの実施状況  小嶋高広・栗原俊之・伊坂忠夫・山浦一保・和智道生・金沢伸彦  トレーニング科学  27/ 1, 11-24  2016/01
Development of Japanese Measures of Reconciliatory Tendencies:
The Japanese Trait Forgivingness Scale and the Japanese Proclivity to Apologize Measure.(日本語版和解傾向尺度の作成:日本語版赦し傾向尺度と日本語版謝罪傾向尺度)  Ohtsubo Y, Yamaura K, & Yagi A.  Japanese Journal of Social Psychology  31/ 2, 135-142  2015/11
一覧表示...

研究発表等
How business philosophy affects creative activities: The Inamori management case  15th European Congress of Psychology (ECP)  2017/07
チームマネジメントによる妬み緩和条件の検討  京都滋賀体育学会第146回大会  2017/03/05
What does the Inamori Management Philosophy bring?  Ritsumeikan Inamori Philosophy Research Center The 2nd International Symposium. Japan: Osaki (OIC).  2016/12/08
一覧表示...

その他研究活動
平成30年度 静岡県立大学経営情報学部 特別講義  組織内外における人間関係構築と組織経営 人間関係構築のためのトレーニング  2018/12/21-2018/12/21
KDDI株式会社「解体新書2017 座談会」  KDDI 飯田橋ビル  2018/07/20-2018/07/20
運営委員リレー連載「“平和”の教育と組織心理学」  立命館大学 国際平和ミュージアムだより Vol.24-3, pp7-8.  2017/03/04-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
アスリートのキャリア発達上における危機的経験からの飛躍に関する研究  ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ研究助成  2011  2011  代表
青少年のキャリア意識形成と自己意識の発達促進に関する基礎研究  第37回(平成18年度)三菱財団社会福祉事業・研究助成  2006  2006  分担
一覧表示...

共同・受託研究実績
「少子化対策学生プロジェクト事業」企画提案にかかる事業(2016年度3回生ゼミ採択)  2016/08-2016/12  その他
「自分は大丈夫」という心理メカニズムを組み込んだ避難行動の定量的かつ実証的解明  2016/04-2019/03  共同研究  分担
運転士養成における指導方法に関する研究(調査対象職場の拡大による尺度や要素等の精度向上)  2012-2012/03  共同研究  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     リーダー-メンバーへの信頼関係(再)構築   -   国外   2017/09-2018/03   2017     スペイン 
研究推進プログラム   科研費連動型     関係性のばらつきによる不活性メンバーの活性化とチームリーダー育成のプログラム開発   代表   -   2015/06-2016/03   2015   500,000   
一覧表示...

受賞学術賞
京都滋賀体育学会  京都滋賀体育学会第146回大会 若手研究最優秀奨励賞  2017/03
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  研究入門Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅰ  演習
2017  専門演習Ⅲ  演習
一覧表示...

教育活動
【キャリア形成科目(スポーツ健康科学セミナーⅠ)】において、授業内容について、学生から質問を1個以上挙げてもらい、適宜それに回答することで、大講義における意思疎通を図った。  2018/04-
【学生勉強会】学生の要望をもとに、ディスカッションを中心とした専門分野の勉強会(組織論、人間関係論)を実施。その実践として、心理学実験との組み合わせで理解を深めてもらった。  2017/04-
【模擬講義】立命館宇治高等学校の1年生を対象に、模擬講義を行った(タイトル:身体のミクロからマクロの世界へ:リーダーシップとは?)  2017/04-
一覧表示...
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会心理学
教育心理学