English
情報理工学部  /
情報理工学科

 オオモリ   タカユキ   (男)
 大森    隆行   講師
 Takayuki   OMORI

■出身大学院・出身大学他
2003/03  立命館大学  理工学部  情報学科  卒業
2005/03  立命館大学大学院  理工学研究科  情報システム学専攻  博士課程前期課程  修了
2008/03  立命館大学大学院  理工学研究科  総合理工学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(工学) (2008/03 立命館大学)  
■職歴
2008/04-2010/03  立命館大学 情報理工学部 助手
2010/04-2015/03  立命館大学 情報理工学部 情報システム学科 助教
2013/09-2014/03  ブリティッシュコロンビア大学 客員助教
2015/04-  立命館大学 情報理工学部 情報システム学科 講師
■委員歴
2008-  情報処理学会 論文誌 査読委員
2010-2010  情報処理学会 次世代情報処理ハンドブック 執筆委員
2011-2011  IWSM/MENSURA'11 Reviewer, Session Chair
2011-2011  IASTED-SE'11 Session Chair
2011-2011  情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ・イン・修善寺 セッションリーダー
2012-2012  情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ・イン・琵琶湖 ローカルアレンジメント
2012-2012  Advances in Software Engineering, Hindawi Publishing, Reviewer
2013-2013  ICSM'13 ERA Track, Program Committee Member
2014-  ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア 査読委員
2015-2015  ICSME'15 ERA Track, Program Committee Member
2015-  電子情報通信学会 論文誌 査読委員
2016-2016  AICT'16 Special Session, Program Committee Member
2017-2017  ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017 出版委員長
■所属学会
情報処理学会  
電子情報通信学会  
日本ソフトウェア科学会  
■研究概要
柔軟性の高いソフトウェア開発支援環境に関する研究

 ソフトウェア開発においては、開発対象のアプリケーションや開発方法、開発者等の特性によって、最適な開発支援ツールは異なる。一般に、統合開発環境は頻繁に使われる支援ツールを備えた状態で提供されるが、多様なソフトウェア開発の要求に応えるためには、ツールの追加やユーザインタフェースのカスタマイズなどが必要となる。本研究では、このような統合開発環境の機能拡張やカスタマイズを容易に行うための手法の探求を行っている。さらに、開発者が開発環境上で行った作業を分析することで、最適な開発支援ツールを推測し、開発環境を自動的に開発作業に適応させる仕組みの構築を目指す。
■研究キーワード
ソフトウェア工学、統合開発環境、ソフトウェア保守、ソフトウェア進化 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
A Survey on Methods of Recording Fine-grained Operations on Integrated Development Environments and their Applications (English translation)  Takayuki Omori, Shinpei Hayashi, Katsuhisa Maruyama  Computer Software  32/ 1, 60-80  2016/04
繰り返しコード補完操作に基づくコード補完の改善  Takayuki Omori, Hiroaki Kuwabara, Katsuhisa Maruyama  コンピュータソフトウェア  32/ 1, 120-135  2015/02
統合開発環境における細粒度な操作履歴の収集および応用に関する調査  大森隆行,林晋平,丸山勝久  コンピュータソフトウェア  32/ 1, 60-80  2015/02
一覧表示...

研究発表等
Lost Comments Support Program Comprehension  Proceedings of 24th IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER'17)  2017/02
失われたコメントが語るもの ―削除されたコメントに関する調査―  ソフトウェア工学の基礎XXIII 日本ソフトウェア科学会FOSE2016  2016/12
ソースコード編集操作履歴の要約によるタスク理解支援  ソフトウェア工学の基礎XXI 日本ソフトウェア科学会FOSE2014  2014/12
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     開発者の操作履歴に基づきプログラムの変更を支援するソフトウェア総合開発環境   -   国外   2013/09-2014/03   2013     カナダ(バンクーバー) 
研究の国際化推進プログラム   -     統合開発環境におけるコード補完操作に着目したプログラム変更支援   代表   -   2012/10-2013/03   2012   200,000   
研究の国際化推進プログラム   -     細粒度なプログラム変更情報に基づくソフトウェア進化の理解支援   代表   -   2011/10-2012/03   2011   500,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 学生研究賞  2007/03
一覧表示...

研究交流希望テーマ
ソフトウェアの実開発における操作履歴の収集と分析  実用ソフトウェアの開発における開発者のソースコード変更等の操作履歴を収集し、これに基づき、新しいソフトウェア開発支援手法を創出する。
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  情報システム学実験1  実験・実習・実技
2016  情報システム学実験1  実験・実習・実技
2016  計算機構成論(大連)  講義
一覧表示...

教育活動
高大連携協定校アドバンストプログラム Processing講座 講師  2017-2017
高大連携協定校アドバンストプログラム Processing講座 教材作成  2017-2017
高大連携協定校アドバンストプログラム Processing講座 講師  2016/08-2016/08
一覧表示...
■関連URL
 ソフトウェア工学研究室
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
ソフトウエア