English
国際関係学部  /
国際関係学科

 ミナミカワ   フミノリ   (男)
 南川    文里   教授
 Fuminori   MINAMIKAWA

■兼務所属(本学内)
国際関係研究科
衣笠総合研究機構   /
国際言語文化研究所
■出身大学院・出身大学他
1996/03  一橋大学  社会学部  卒業
1998/03  一橋大学大学院  社会学研究科  修士課程  修了
2001/03  一橋大学大学院  社会学研究科  博士課程後期課程  単位取得退学
■取得学位
博士(社会学) (2006/05 一橋大学)  
■職歴
1999/01-2001/03  日本学術振興会特別研究員DC2
2001/04-2004/03  日本学術振興会特別研究員PD
2001/09-2002/08  カリフォルニア大学ロサンゼルス校アジア系アメリカ人研究センター客員研究員
2003/04-2005/03  東洋大学社会学部非常勤講師
2004/10-2007/03  神戸市外国語大学 外国語学部英米学科専任講師
2007/04-2010/03  神戸市外国語大学 外国語学部英米学科准教授
2010/04-2016/03  立命館大学 国際関係学部准教授
2013/04-2014/03  カリフォルニア大学バークレー校エスニックスタディーズ学部客員研究員
2016/04-  立命館大学 国際関係学部教授
■所属学会
日本社会学会  
日本アメリカ学会  
日本アメリカ史学会  
日本移民学会  
日本都市社会学会  
関東社会学会  
American Sociological Association  
■研究テーマ
アメリカ型多文化主義の後退と浸透をめぐる歴史社会学的研究
アメリカ型多文化主義の生成と展開をめぐる歴史社会学的研究
アメリカ合衆国における多人種コミュニティの歴史社会学的研究
アメリカ日系人におけるエスニシティの歴史社会学的研究
重国籍制度および重国籍者に関する学際的研究:アメリカ合衆国に注目して
ポスト占領期の日米間の国際移民と在米日系人社会
日本人の国際移動に関する比較社会学的研究
現代アメリカにおける移民政策と排外主義
■研究概要
アメリカ合衆国におけるエスニシティ・人種の歴史社会学的研究

 アメリカ合衆国における日系移民/日系アメリカ人の長期的な変容過程を具体的な題材に、エスニシティという概念について、社会学の視点から理論的・実証的に検証しています。2007年に博士論文をもとに、著書『「日系アメリカ人」の歴史社会学』(彩流社)を発表し、エスニシティ、人種、ナショナリズムという3つの要素が絡み合う人種エスニック編成という枠組を提示し、1900年ごろから1960年代にかけてのロスアンジェルスの日系社会の形成と変容を分析しました。

現在は、以下の3つの点を中心に研究を進めています。(1)アメリカ合衆国におけるエスニシティ論と人種論を下敷きに、多元社会としてのアメリカのあり方について、多文化主義(multiculturalism)の理念と政策の歴史的な展開に注目して考察しています。(2)第二次世界大戦後のロスアンジェルスにおける日系人、黒人、メキシコ系、中国系移民などを含む人種エスニック関係と、このような複数の人種エスニック集団を抱え込む都市コミュニティのあり方を歴史的に研究しています。(3)国際移民におけるトランスナショナリズムや移民をめぐる国際比較研究の展開を環太平洋という視野から問いなおすという立場から、いくつかの共同研究に参加しています。
■研究キーワード
エスニシティ、人種、多文化主義、アメリカ合衆国、移民、歴史社会学 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
アメリカ多文化社会論:「多からなる一」の系譜と現在  法律文化社  2016/01  978-4-589-03728-2
「日系アメリカ人」の歴史社会学:エスニシティ、人種、ナショナリズム  彩流社  2007/06
排外主義の国際比較:先進諸国における外国人移民の実態(第6章「「移民の国」のネイティヴィズム:アメリカ排外主義と国境管理」)  樽本英樹編  ミネルヴァ書房  177-197  2018/09  978-4-623-08363-3
一覧表示...

論文
包摂と分裂のカリキュラム—ニューヨーク州教育改革と多文化主義論争—  南川文里  アメリカ研究  52, 157-178  2018/06  0387-2815
書評:戦争の「神話化」と「平凡化」をジェンダー化する:望戸愛果『「戦争体験」とジェンダー:アメリカ在郷軍人会の第一次世界大戦巡礼を読み解く』  南川文里  戦争社会学研究  2, 266-270  2018/06
書評:ロジャース・ブルーベイカー『グローバル化する世界と「帰属の政治」—移民・シチズンシップ・国民国家』  南川文里  移民政策研究  10, 183-185  2018/05
一覧表示...

研究発表等
アメリカ型移民国家における生得的市民権と排外主義  シンポジウム「逆流するグローバリゼーションにゆれる市民権」  2018/10/15
「今や、われらはみな(反)多文化主義者である」:1990年代初期の白人リベラルと「トランプの時代」  日本アメリカ史学会第15回年次大会シンポジウムA  2018/09/22
重国籍制度をめぐる比較社会学的研究(5) アメリカ合衆国における重国籍容認への転換  日本社会学会第91回大会一般研究報告部会「民族エスニシティ(1)」  2018/09/15
一覧表示...

その他研究活動
トランプ時代のアメリカと人種主義  国際理解セミナー(兵庫県宝塚市南口会館)  2018/07/19-2018/07/19
トランプ時代のアメリカと人種  立命館大学1日キャンパスアカデミック講演会(ホテルメトロポリタン高崎)  2018/06/24-2018/06/24
コメント「秋篠宮ご夫妻、日系人大会出席「先駆者」の苦労しのぶ」  東京新聞 夕刊  2018/06/07-2018/06/07
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     アジアの文化的重層性をもとにした多文化共生教育の再構築   代表   -   2016/04-2017/03   2016     
専門研究員プログラム(旧ポストドクトラルフェロープログラム)   -     アジアの文化的重層性をもとにした多文化共生教育の再構築   代表   -   2015/04-2016/03   2015     
学術図書出版推進プログラム   -     アメリカ多文化社会論:「多からなる-」の系譜と現在   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,000,000   
一覧表示...

受賞学術賞
 第2回日本都市社会学会若手奨励賞  2008/09
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  Advanced Seminar  演習
2017  IR-GR301 専門演習  演習
2017  IR-GR401 卒業論文  演習
一覧表示...

教育活動
グローバルを生きる、グローバルに学ぶ(立命館守山中学「総合学習」国際理解講座)  2018/10-2018/10
トランプ時代のアメリカと移民:国際関係学の視点から  2018/07-2018/07
○○ファーストで本当にいいのか? 自国第一主義を超えるための国際関係学[基礎編]および[実践編]  2018/06-2018/06
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
社会学
地域研究
西洋史