English
理工学部  /
建築都市デザイン学科

 ムネモト   シンサク   (男)
 宗本    晋作   教授
 Shinsaku   MUNEMOTO

■兼務所属(本学内)
理工学研究科
衣笠総合研究機構   /
歴史都市防災研究所
■出身大学院・出身大学他
1996/03  京都大学  工学部  建築学科  卒業
1998/03  京都大学大学院  工学研究科  建築学専攻  修士課程  修了
2008/09  京都大学大学院  工学研究科  建築学専攻  博士課程  修了
2010/03  京都大学大学院  ナノメディシン融合教育ユニット  修了
■取得学位
博士(工学) (2008/09 京都大学)  
■職歴
1998/04-2004/09  株式会社日建設計設計部設計室
2006/10-  宗本晋作建築設計事務所 主宰(現在に至る)
2008/01-2008/03  岡山県西粟倉村雇用対策協議会人材育成研修講師
2008/04-2015/03  京都精華大学非常勤講師
■所属学会
日本建築学会  
日本感性工学会  
日本建築家協会  
日本建築家協会 登録建築家  
日本建築学会 感性デザインシステム応用研究小委員会委員(現在に至る)  
京都府建築士会  
■免許・資格
一級建築士(第287627号)  (1995)   
■研究テーマ
人間の感性評価を取り入れた設計方法の研究
数理的手法を用いた設計方法の研究
生理学的なエビデンスに基づく設計方法の研究
■研究概要
都市や建築空間と人間の感覚や認知、行動との関係性を捉え、建築計画と設計の方法に反映する研究

 人間の感覚や行動、生理学的な反応に基づく合理的な建築を計画し、設計することは大切である。しかしながら、設計者は明確な根拠を持って、狙った印象やよい評価を受けるような建築のデザインを生み出しているわけではない。建築計画学には多くの基礎的な理論やルールはあるものの、最終的なデザインは、設計者の個人的な感覚や知識に基づいている。そのため、設計者がデザインを作り上げる過程を理論的に説明することは極めて困難であり、科学的にもそのメカニズムはほとんど解明されていない。
これまで、感性は人間の行動や設計の創造性の原動力となっていると考え、感性を取り入れた設計方法についての研究を行ってきた。これは、人間の感性と建築(環境)をシステムとして捉えて、その振る舞いから設計解を導き出そうとするものであり、利用者の選好と空間を構成する要素との関係をモデル化し、他者と共有できる知識としてきた。
近年、人間のモニターリング技術や非線形の解析手法等により、建築や都市における空間と、人間の感覚や認知、行動との複雑な関係を曖昧なまま扱うことが可能になってきた。これらの手法を用いて、人間により合理的な建築を目指し、生理学的なエビデンスを用いた設計方法を構築すべく、人間の感性や視覚や脳の生理学的な反応をモデル化し、設計の方法に取り込むことを試みている。
■研究キーワード
建築計画、設計方法、展示計画、室配置、空間要素 感性評価、空間嗜好、印象 設計知識、確率推論 最適化、ラフ集合理論、ベイジアンネットワーク、自己組織化マップ 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

論文
GISを用いた木造密集市街地における袋路の避難経路の抽出方法に関する研究  雪谷亮太・宗本晋作・山田悟史・北本英里子  歴史都市防災論文集  11, 143-150  2017/07
ベイジアンネットワークを用いた緑視率に基づく緑環境評価の確率モデルに関する研究  宗本晋作、山田悟史  日本建築学会計画系論文集  81/ 729, 2411-2419  2016/11  http://doi.org/10.3130/aija.81.2411
全方位緑視率を用いた緑地環境に対する印象評価推定モデル作成と検証-全方位緑視率と印象評価実験をもとにした自己組織化マップを用いて-  山田 悟史, 藤井 健史, 宗本 晋作  日本建築学会計画系論文集  81/ 727, 2083-2093  2016/09
一覧表示...

研究発表等
H-House  2017 BUGAIK International Architecture Exhibition at Busan  2017/11
Obama Tourist Information Center  BUGAIK International Architecture Exhibition,Architectural Institute of Korea  2016/11
ZEH+水 -水と暮らしの重ね箱- その2: 導入した技術と住宅の展開  日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集  2016/08
一覧表示...

その他研究活動
韓国ドンレ駅保存に向けての調査報告書  釜山  2017/04-2018/03
Exhibition SMA(建築展覧会 個展)  韓国 大邱 CAFE NANANGURU  2016/05/25-2016/05/30
エネマネハウス2015ZEH+水-水と暮らしの重ね箱-  神奈川県横浜市  2015/04/01-2015/10/30
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   基盤研究・災害研究枠     被災地における住民の記憶や関心に合わせた復興計画の策定方法に関する研究―宮古市鍬ヶ崎まちづくり協議会を対象として―   代表   -   2013/08-2014/03   2013   1,000,000   
研究推進プログラム   若手研究(旧 若手スタートアップ含む)     生理的反応に基づく建築ファサードの構成法に関する研究   -   国内   2010/06-2011/03   2010   700,000   
一覧表示...

受賞学術賞
日本建築学会  日本建築学会賞(業績賞)  2015/05
鹿島出版会  SD REVIEW 2014 入選「裏錦・空錦・小錦」  2014/12
公益財団法人都市緑化機構  環境大臣賞「緑ノビル」  2014/10
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  建築インターンシップ実習  演習
2017  建築都市デザイン演習Ⅰ  演習
2017  建築都市デザイン演習Ⅳ  演習
一覧表示...

教育活動
洛北高校模擬講義 人間観察から未来の建築を考える  2015/11-2015/11
立命館宇治高校「生命科学部研究室訪問理工学部研究室訪問」を担当した。  2015/05-2015/06
専門科目「建築計画Ⅱ」において「コミュニケーションペーパー」を毎回利用し、学生から授業の感想・要望聴取を行い、授業改善へ活用した。疑問点等は、次回授業で必ず回答し、学生との意思疎通を心がけた。  2010/09-
一覧表示...
■電話番号
077-599-4186
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
ソフトコンピューティング
感性情報学
都市計画・建築計画
建築史・意匠