English
産業社会学部  /
現代社会学科

 カトウ   マサトシ  
 加藤    雅俊   准教授
 Masatoshi   KATO

■兼務所属(本学内)
社会学研究科
衣笠総合研究機構   /
人文科学研究所
■出身大学院・出身大学他
2003/03  名古屋大学  法学部  卒業
2005/03  名古屋大学大学院  法学研究科  博士課程前期課程  修了
2008/03  名古屋大学大学院  法学研究科  博士課程後期課程  修了
■取得学位
学士(法学) (2003/03 名古屋大学)   修士(法学) (2005/03 名古屋大学)   博士(法学) (2008/03 名古屋大学)  
■職歴
2008/11-2008/12  北海道大学大学院 法学研究科 博士研究員
2008/12-2009/05  北海道大学大学院 法学研究科 特任助教
2009/05-2010/03  北海道大学大学院 法学研究科 助教
2010/04-2014/03  立命館大学 産業社会学部 准教授
2014/04-2016/03  横浜国立大学 国際社会科学研究院 准教授
2016/04-  立命館大学 産業社会学部 准教授
■所属学会
日本政治学会、日本比較政治学会、社会政策学会、日本公共政策学会  
■研究テーマ
先進諸国における福祉国家再編の比較分析
オーストラリアとニュージーランドにおける福祉国家再編の政治学的分析
現代政治学におけるメタ理論の意義
■研究概要
構成主義的アプローチに基づく福祉国家再編の政治学的分析

■研究キーワード
比較福祉国家論、比較政治学、現代政治学におけるメタ理論、政治学における新制度論、福祉国家再編の比較分析、オーストラリアにおける福祉国家再編 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『福祉国家再編の政治学的分析-オーストラリアを事例として-』  加藤雅俊  御茶の水書房  全324(288+36)頁  2012/03
『ウェストミンスター政治の比較研究』(著者:R. A. W. ローズ、ジョン・ワンナ、パトリック・ウェラー)  小堀眞裕・加藤雅俊(共訳)  法律文化社  全308  2015/10
一覧表示...

論文
福祉国家論における財政と政治-オーストラリアを手がかりとして-  加藤雅俊  日本比較政治学会研究大会報告ペーパー  1-19  2019/06
The Political Effects of State Rescaling in Australia and Japan: A Comparative Analysis  Masatoshi KATO and Kyoko TOKUHISA  Paper prepared for presentation at the 2019 Canadian Political Science Association Conference  1-15  2019/06
「東アジア福祉国家論」から「東アジア発の福祉国家論」へ─福祉国家論の理論的刷新に向けて─  加藤雅俊  立命館産業社会論集  55/ 1, 249-271  2019/06
一覧表示...

研究発表等
The Japanese Welfare Model: From The Corporate Centered System to The Major Corporation Centered System  the 16th Annual Conference of the East Asian Social Policy Research Network  2019/07
福祉国家論における財政と政治-オーストラリアを手がかりとして-  日本比較政治学会研究大会  2019/06
The Political Effects of State Rescaling in Australia and Japan: A Comparative Analysis  The 2019 Canadian Political Science Association Conference  2019/06
一覧表示...

その他研究活動
第一評者からのコメント  「経済学史学会ニュース」、53号(2019年1月号)、13-14頁  2019/01-2019/01
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
大規模環境紛争の処理に向けたローカル知の蓄積および活用に関する実践的研究-諫早湾干拓紛争を事例として-  公益財団法人 日本生命財団 2019年度 環境問題研究助成 若手研究・奨励研究助成  2019/10  2020/09  代表
諫早湾干拓紛争の処理に向けた実践的研究 ‐有明海に関するローカル知の集積と活用に注目して‐  公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 2019年度 国内研究助成  2019/10  2020/09  代表
学術図書出版助成  立命館大学産業社会学会・出版助成  2011  2011
一覧表示...

研究高度化推進制度
学術図書出版推進プログラム   -     『国家―過去・現在・未来―』   代表   -   2017/04-2018/03   2017   1,000,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     社会統合の変遷に関する日豪新の比較分析-主体概念の変容に注目して―   代表   -   2016/06-2017/03   2016   200,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  プロジェクトスタディⅠA  演習
2017  プロジェクトスタディⅡA  演習
2017  先進プロジェクト研究  演習
一覧表示...

教育活動
「現代政治論」「比較政治論」において、コミュニケーションペーパーを利用した、受講生からの要望・質問・感想の聴取と授業へのフィードバック  2010/04-
「プロジェクトスタディ」において、授業内容に関する小ペーパーの作成を行い、それを添削した上で、受講生に返却する  2010/04-2011/03
「基礎演習」において、ペーパーを作成(例、記事や論文の要約や自分の主張をまとめるなど)し、それを添削した上で受講生に返却する  2010/04-2011/03
一覧表示...
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
政治学