English
国際教育推進機構

 ソウ   ズイリン  
 曹    瑞林   教授
 Ruilin   CAO

■兼務所属(本学内)
経済学部   /
国際経済学科
経済学研究科
OIC総合研究機構   /
医療介護経営研究センター
■出身大学院・出身大学他
1982/07  吉林大学  外国語学院・日本文学言語専攻  卒業
1990/09  大阪市立大学大学院  経済学研究科(国費留学、1989-1990)
1997/03  九州国際大学  経済学部客員研究員(1995-1997)
■取得学位
文学士 (1982/07 吉林大学)   博士(経済学) (2004/09 立命館大学)  
■所属学会
日本財政学会  
日本地方財政学会  
■研究テーマ
中国の経済発展と税制・財政の構造
中国の地方財政
中国の地方税体系の現状と課題
社会保障の財政
中国「新常態」経済
■研究概要
中国の経済発展と税財政の構造及び地方財政

 中国の改革開放政策が実施されて30年が経過した。中国の経済は目覚しい成長を遂げるとともに、中国の社会、人々の生活、意識、価値観も大きく変化している。90年代以降、中国の社会主義市場経済の目標が一層明確になった。1994年の国有企業や金融の改革とともに財政や税制の改革はこれに沿ったものである。

1995年から2004年までの9年間、中国の市場経済化と税制改革について重点的に研究を行ってきた。この間、これに関連する8編の論文を公表し、学会報告を3回行った。2004年にこれらを基礎に『現代中国税制の研究(お茶の水書房)』を公刊した。本書の出版に際して日本学術振興会2004年度科学研究費補助金「研究成果公開促進費(学術図書)」の交付を受けることができた。この研究で立命館大学から経済学博士の学位を授与された。

本書の特徴は日本を中心に国際的な財政学研究の成果を摂取し、税体系と市場経済化との関連を解明したことである。また付加価値税(増値税)、サービス消費税(営業税)、企業所得税、個人所得税など主要税について日本を含む先進工業国の税制と比較して中国の税制の問題点、過渡的性格やその根拠を総括し、今後の改革課題を提示した。また地方税について中国東北部、計画単列都市を素材に分析した。

今日の中国税制は、計画経済から市場経済への移行国税制の典型事例であるとともに、発展途上国としての特徴を濃厚に持つ。この研究は移行国、途上国の税制研究に貢献するだけでなく、中国の市場経済への移行や経済システムの特質を理解するうえで重要な意義を持つ。
近年、中国の市場経済の進展、経済の高度成長とともに、地域間格差、所得格差、社会保障、公共サービスなど国民生活と関連する経済的、社会的問題が現れてきた。これらの問題を解決するうえで財政、とくに地方財政の役割はきわめて大きい。

地方財政はグローバル化する地域の経済や産業の発展と密接な関係がある。2005年以来、地域経済と地方財政の相互関係、中央・地方政府間の財政関係に着目している。この間、毎年中国遼寧省、大連地域を中心に研究調査と交流を行っている。具体的な研究課題は、①東部沿海地域と内陸地域の省級政府の財政、②省級地区ミニマムの提起、③中国大都市(大連)地域の基本医療保障、④農村義務教育とその財政、である。この研究の成果を日中の学会で報告し学術誌に投稿している。

中国の税制、地方財政の研究において資本主義国の税制や財政との比較によって中国的特徴を深く解明できたといえる。またこれらの研究は教育内容を一層豊にすることにとても役立っている。
■研究キーワード
改革開放政策、市場経済化、中国「新常態」経済、税制改革、地方財政、地方税、社会保障の財政、義務教育財政、地方政府財政自立性、ナショナル・ミニマム、省級地区ミニマム、土地財政、不動産課税、地域経済、地域格差、日中経済協力と日中交流 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
『現代中国税制の研究―中国の市場経済化と税制改革―』
(2004年度日本学術振興会学術図書出版助成金による出版)  御茶の水書房  1-282  2004/10
『財政とはなにか』「第2章日本の財政システム49」(桑田但馬/曹瑞林)「第3章日本の財政システム(2)」(曹瑞林/内山昭)「第11章社会保障の財政」(曹瑞林)  内山昭編著  税務経理協会  42-49,53-57,177-193  2014/01
『転換・創新と科学的発展』(「『大連振興の軌跡』に見る大連振興の経験と政府の役割及び政策課題」執筆)  李才・慈道裕治主編  遼寧人民出版社  47-54  2012/09
一覧表示...

論文
中国の地方税体系の現状と課題  曹瑞林  『グローバル社会における格差是正と法制・税財政に関する研究』2017年度立命館大学社会システム研究所重点研究プロジェクト報告書  2018/03  0288-0180
遼寧省経済の新展開-2017年大連・旅順・営口-(Ⅱ大連の産業政策の展開と新段階、執筆)  松野周治・曹瑞林・楊秋麗・高屋和子  社会システム研究  第36号, 163-169  2018/03  1345-1901
現代中国地方税制の特徴と課題  曹瑞林  立命館経済学  第65巻/ 第5号, 119-140  2017/03
一覧表示...

研究発表等
中国における2段階地方財政調整の課題―省級政府による地方財政調整を中心に―  立命館大学社会システム研究所重点研究プログラム研究会  2016/03/21
中国における2段階地方財政調整の課題  国家経済研究会(代表:宮本憲一大阪市立大学名誉教授)  2016/01/23
日本の政府間財政関係  中日地方財政研究会(東北財経大学経済社会発展研究院)  2015/09/28
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  Theme Study  演習
2017  基礎演習  演習
2017  国際平和交流セミナー  演習
一覧表示...

教育活動
応用経済研究では、中国経済の基本的問題、改革開放30年の光と影について研究し、経済学の理論や専門用語に対する理解を深める。授業では、レジュメにもとづく発表と討論、教員のコメントによって進めていく。  2013/04-
国際経済学科1回生の基礎演習では、中国経済の基礎知識について学ぶ。レジュメに基づいてグループごとに発表と討論、教員のコメントによって進める。  2013/04-
Economics(特殊講義)(EC)の授業では、中国経済の文献を使用して中国経済の専門用語、基礎知識、現状と課題を説明し、中国語を学ぶ学生、中国、中国経済に関心を持つ学生により深く授業の内容を理解してもらうよう  2013/04-
一覧表示...
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
経済政策
財政学・金融論