English
薬学部  /
創薬科学科

 コイケ   チエコ   (女)
 小池    千恵子   教授
 Chieko   KOIKE

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
システム視覚科学研究センター
薬学部   /
創薬科学科
生命科学研究科
総合科学技術研究機構   /
バイオメディカルデバイス研究センター
■取得学位
博士(薬学) (1995/03 静岡県立大学)  
■委員歴
2015/01-2018/12  視覚科学フォーラム  運営委員
2017/04-  文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)科学技術予測センター  専門調査員
■所属学会
日本神経科学会  
日本薬学会  
全米神経科学会  
視覚眼科学会(ARVO)  
視覚科学フォーラム  
■免許・資格
薬剤師免許  (1990)    第一種放射線取扱主任者  (2001)   
■研究概要
脊椎動物網膜の発生と機能のシステムズバイオロジー

 私たちは、毎日の生活における認識や行動の多くを視覚情報に依存しています。中枢神経系に属する網膜は光情報を神経情報に変換する唯一の神経組織です。視覚情報処理は、大脳皮質視覚野で行われることが知られていますが、網膜でまず重要な処理が行われます。
■研究キーワード
中枢神経、網膜、視覚、極性、接着、双極細胞、視細胞 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
薬学領域の放射科学  飯田靖彦 中西徹 上田真史  廣川書店  153-165  2015/04
生物系薬学 スタンダード薬学シリーズII-4  日本薬学会編   東京化学同人 共著  300-303  2015/02
一覧表示...

論文
Evaluation of critical flicker-fusion frequency measurement methods using a touchscreen-based visual temporal discrimination task in the behaving mouse  Yuichiro Nomura, Shohei Ikuta, Satoshi Yokota, Junpei Mita, Mami Oikawa, Hiroki Matsushima, Akira Amano, Kazuhiro Shimonomura, Yasuhiro Seya, Chieko Koike  Neuroscience Research  in press  2018  0168-0102
Different activity patterns in retinal ganglion cells of TRPM1 and mGluR6 knockout mice.  Haruki Takeuchi, Sho Horie, Satoru Moritoh, Hiroki Matsushima, Tesshu Hori, Yoshitaka Kimori, Katsunori Kitano, Yasuhiro Tsubo, Masao Tachibana and Chieko Koike  BioMed Research International (The special issue "Combining Clinical, Genetic and Biomedical approaches for Added Value in Understanding Congenital Stationary Night Blindness)  2018/ 5, 1-6  2018/05
病変網膜における自発振動活動発生メカニズム  谷口 佳那子、小池 千恵子、北野 勝則  薬学雑誌  138/ 5, 685-692  2018/05
一覧表示...

研究発表等
Differential infection pattern of AAVs in mouse retina  Neuroscience2018  2018/11/05
TRPM1及びmGlu6欠損マウスにおける網膜神経節細胞の発火パターン解析  視覚科学フォーラム2018  2018/09/06
The differential activities of retinal ganglion cells between TRPM1 and mGluR6 knockout mice.  FASEB Retinal Neurobiology and Visual Processing  2018/06/26
一覧表示...

その他研究活動
武田科学振興財団研究助成金  東京  2010-
(財)大阪対ガン協会 ガン研究助成奨励金  大阪  2002-
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

競争的資金等(科研費を除く)
網膜ON ・OFF回路基盤と視覚行動制御メカニズムの解析 (Investigation of the ON-OFF visual transmission pathways in retinal circuits governing visual behavioral responses)  (独)科学技術振興機構・さきがけ・生命システムの動作原理と基盤技術  2008  2011  代表
一覧表示...

研究高度化推進制度
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     中枢神経系網膜における神経-グリア細胞間の形質転換制御メカニズムの解明   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     網膜疾患における機能的神経回路のスクラップ&ビルド解析   代表   -   2017/04-2018/03   2017   200,000   
研究推進プログラム   科研費獲得推進型     網膜細胞内位相の転換制御メカニズム解析   代表   -   2016/07-2017/03   2016   200,000   
一覧表示...

知的財産権
実験動物の視機能評価装置  2014-199015   日本
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  衛生化学実習  実験・実習・実技
2017  衛生化学実習2  実験・実習・実技
2017  病院実務実習  実験・実習・実技
一覧表示...

教育活動
「文献購読」「応用化学セミナー」「生物工学セミナー」「理工学演習」において、英語の教科書や論文を読み内容を理解し論理的に説明を行うトレーニングを行っている。  2009/04-
基礎専門科目「分子細胞生物学1」における「インタラクティブシート」を適宜利用した学生からの授業の感想質問の受付と授業での回答による学生との意思疎通の実施。  2009/04-
基礎専門科目「放射線生物学」における「インタラクティブシート」を適宜利用したりセミナースピーカーを含めた交流などを交えた学生との意思疎通の実施。  2010/10-
一覧表示...
■関連URL
 独立行政法人科学技術振興機構 生命システムの動作原理と基盤技術 小池 千恵子 研究課題
 総合科学研究機構 システム視覚科学研究センター CSVS
 薬学部 神経発生システム研究室
 神経発生システム研究室について
 TANQ 「?」があるなら実験だー立命館大学理系スペシャルサイト
■電話番号
077-561-2575
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
神経生理学・神経科学一般
分子生物学
細胞生物学
発生生物学
生物系薬学
薬理系薬学