English
教育開発推進機構

 ヤマオカ   ケンジ   (男)
 山岡    憲史   教授
 Kenji   YAMAOKA

■出身大学院・出身大学他
1978/03  神戸市外国語大学  外国語学部  英米学科  卒業
■職歴
1978/04-1983/03  滋賀県立彦根東高等学校(教諭・英語)
1983/04-1992/03  滋賀県立虎姫高等学校(教諭・英語)
1992/04-1994/03  滋賀県教育委員会事務局学校教育課(指導主事)
1994/04-1998/03  滋賀県立伊吹高等学校(教諭・英語)
1998/04-2005/03  滋賀県立米原高等学校(教諭・英語)
2005/04/01-2006/03/31  滋賀県立草津東高等学校(教頭)
2006/04/01-  立命館大学(教授)
■委員歴
1993/09-2001/10  財団法人全国市町村振興協会全国市町村国際文化研究所  財団法人全国市町村振興協会全国市町村国際文化研究所講師
1994-  文部科学省  文部省教科書検定調査委員
2002/04-2005/03  文部科学省  文部科学省スーパーイングリッシュランゲッジハイスクール (滋賀県立米原高校)研究主任
2004/04-2004/07  京都外国語大学  京都外国語大学短期大学部Basic Grammar講師 (春学期週1コマ×2クラス、12回)
2004/06-2009/01  文部科学省  中央教育審議会初等中等教育分科会 教育課程部会外国語部会委員
2006/04-2007/03  帝塚山高等学校  帝塚山高等学校スーパーイングリッシュランゲッジ ハイスクール運営指導委員
2006/04-2007/03  大阪府立長野高等学校  大阪府立長野高等学校スーパーイングリッシュランゲッジ ハイスクール運営指導委員
2007/04-2009/03  京都市立日吉ヶ丘高等学校  京都市立日吉ヶ丘高等学校スーパーイングリッシュランゲッジ ハイスクール運営指導委員
2009/04-  北海道立函館中部高等学校  北海道立函館中部高等学校 英語教育改善のための調査研究運営指導委員
2009/04-  富山県立伏木高等学校  富山県立伏木高等学校 英語教育改善のための調査研究運営指導委員
2012/04-2013/03  兵庫県立網干高等学校  兵庫県網干高等学校「英語力を強化する指導の改善の取り組み」事業指導助言
2012/04-2014/03  滋賀県教育委員会  滋賀県外国語能力強化地域形成事業指導助言
2012/04-2014/03  鳥取県教育委員会  平成24年・25年度鳥取県英語力を強化する指導改善の取組運営指導委員
2013/04-2014/03  兵庫県立網干高等学校  兵庫県立網干高等学校 文部科学省「平成25年度英語によるコミュニケーション能力・論理的思考力を
強化する指導改善の取組」拠点校事業運営指導委員
2013/04-2018/03  福岡県教育委員会  福岡県英語教員指導力向上研修指導助言
2013/04-2019/03  福井県立藤島高等学校  英語授業研究指導委員
2013/06-2019/03  鳥取県教育委員会  鳥取県英語教育推進会議委員
   
2013/08-2014/03  鳥取県教育委員会  平成25年度鳥取県 英語によるコミュニケーション能力・論理的思考力を強化する指導改善の取組運営指導委員
2014/04-2015/03  兵庫県立網干高等学校  文部科学省指定兵庫県立網干高等学校「外部専門機関と連携した英語指導力向上研修協力校」指導助言
■研究テーマ
高等学校における語彙と文法の指導法
高等学校における英語の諸技能を伸ばす効果的な指導法
高等学校におけるコミュニケーション能力と受験学力をともに伸ばす指導法
■研究概要
高等学校現場における効果的な英語指導方法

  高等学校における英語教育は、4つの技能のすべてを伸ばし、コミュニケーション能力を養うという観点に欠け、大学受験に合格させることを主目的として詰め込み教育が行われてきた。そのため、英語で表現する力の養成にはあまり顧慮されず、受験に対応するためだけの知識偏重の指導により、コミュニケーション能力を伸長させることができていない。さらに、受験を通過すれば英語学習への意欲は減退し、英語力自体もまた低下していくという現状が見受けられる。
 このような英語教育の非効率性や偏向を改善するためには、英語の学習や諸活動をコミュニケーションを指向したものに改善し、そのために基礎力をつけ、諸技能を伸ばすという指導法が望ましいと考える。そのためには、文法や語彙を習得することも、英文を読解することも、言語材料を使って、情報や意見に対して自らの考えを発信するという目的のもとに学習する仕組みを作ることが必要である。この考え方は、平成25年より施行される、新課程の高等学校学習指導要領が掲げる4技能統合型の授業をめざす方針とも方向性が一致する。生徒たちの表現意欲を高め、自己表現のために英語を習得するという学習姿勢は、大学入試にも十分対応するだけでなく、その後の意欲や学習の姿勢も好影響を及ぼすであろう。
 私の研究は、4技能を総合的に伸ばすための指導法や教材の開発、コミュニケーション能力を伸ばす言語活動、さらに技能を支える言語材料の定着のための指導のあり方を対象とし、高等学校教育現場に有意義な提言を供することを目的としている。
■研究キーワード
コミュニケーション能力、4技能統合、受験、新課程、英文法 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
話せる英語へ ほんとうの近道  青灯社  2019/03
ジーニアス総合英語  中邑光男、柏野健次、他  大修館書店  項目執筆にて担当部分抽出不可能  2017/10
All Ears リスニング Vol.3  美誠社  2016/08
一覧表示...

論文
英語表現と文法指導  GCD英語通信64号  2018/03
教師の文法知識を充実させる  岡山県英語教育研究会紀要」第5号  2018/03
表現力を伸ばす指導法  GCD英語通信62号  2017/11
一覧表示...

研究発表等
4技能統合型の指導を考える  平成30年度 島根県英語教育研究大会  2018/11/09
英語における文法指導の在り方  平成30年度 兵庫教育大学英語指導学会  2018/08/08
4技能統合型の授業をめざして  平成29年度石川県高等学校教育研究大会  2017/06/30
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     日本の英語教育におけるリーティングスキルとライティングスキルの発達と言語活動の研究   -   国内   2015/04-2016/03   2015     日本 
一覧表示...

受賞学術賞
 第54回読売教育賞 外国語教育部門 最優秀賞  2005/07
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  (教)英語科授業演習(高校)  演習
2017  (教)学校教育演習  演習
2017  (教)教育実習Ⅰ(事後指導を含む)  演習
一覧表示...

教育活動
平成27年度 兵庫県教育研究所 「英語科授業力錬成」講座講師  2015/08-
神戸市「英語教員スキルアップ講座」講師  2015/08-
第53回近畿公立中学校英語教育研究会連絡協議会滋賀大会講師  2015/08-
一覧表示...
■電話番号
075-466-3441
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
外国語教育