English
総合心理学部  /
総合心理学科

 タニ   シンジ   (男)
 谷    晋二   教授
 Shinji   TANI

■兼務所属(本学内)
応用人間科学研究科
衣笠総合研究機構   /
人間科学研究所
■出身大学院・出身大学他
1982/09  大阪教育大学大学院教育学研究科修士課程(障害児教育学専攻)  修士課程  修了
■取得学位
心身障害学博士 (1998/07 筑波大学)  
■職歴
2002/04/01-2004/03/31  大阪人間科学大学社会福祉学科・助教授
2004/04/01-2010/03/31  大阪人間科学大学健康心理学科・教授
2004/04/01-2010/09/30  大阪人間科学大学 人間科学研究科・教授
2010/04/01-2010/09/30  大阪人間科学大学 社会福祉学科・教授
2010/10/01-  立命館大学 文学部・教授
2010/10/01-  立命館大学 応用人間科学研究科・教授
2012/04/01-2016/09/25  立命館大学応用人間科学研究科 副研究科長
■委員歴
2008-  大阪府大東市特別支援教育推進会議委員
2009-  財団法人 日本高等教育評価機構評価員
2009-  日本行動療法学会 編集委員
2010-  日本認知・行動療法学会  日本認知・行動療法学会編集副委員長
2010-  日本行動療法士会 理事
2010-2014/03  Association of Contextual Behavior Sciences Japan  ACT JAPAN 理事
2013/04-  日本行動療法学会  常任理事
2015/04-  立命館大学人間科学研究所  副編集委員長
■所属学会
日本行動療法学会  
日本行動分析学会  
日本心理学会  
日本特殊教育学会  
Assciation for Behavior Analysis International  
Association for Contextual Behavioral Science  
■免許・資格
日本行動療法学会 専門行動療法士  (2001)   
■研究テーマ
ACTを用いた対人援助
発達障がいのある人とその家族への包括的行動支援
■研究概要
・発達障がいのある人とその家族への包括的行動支援 ・アクセプタンス・コミットメント セラピー(ACT)を用いた対人援助

 発達障がいのある人への行動的な支援を行っている。言語や社会的スキルの習得を支援するプログラムを開発し,その有効性を検討している。また,障がいのある人とその家族が相互に正の強化で維持される関係を作ることができるように家族への支援をおこなっている。
 ACTは第三世代の認知行動療法と呼ばれるが,行動分析学に基づく心理療法である。ACTを用いた感情障害,行為障害のある人への対人援助について実践的研究を行っている。
■研究キーワード
発達障がい、応用行動分析、対人援助、ACT 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
精神医療・臨床心理の知識と技法 第19章発達障害-自閉スペクトラム症-  下山晴彦・中島義文編集 谷 晋二  医学書院  275-276  2016/09  978-4-260-02799-1
ケースで学ぶ行動分析学による問題解決  谷 晋二  金剛出版  102-109  2015/08  978-4-7724-1448-7
優しいみんなのペアレント・トレーニング入門  リサ・W・コイン+アミー・R・マレル 著
谷 晋二 監訳  金剛出版  2014/11  978-4-7724-1398
一覧表示...

論文
ACTによる子育て支援  谷 晋二  認知療法研究  10/ 1, 11-20  2017/02
インクルーシブ社会に向けた<学=実>連環型研究:第2部 伴走的支援研究と<学=実>連環  谷 晋二  インクルーシブ社会研究  15, 45-68  2016/03
先延ばし行動を持つ大学生にアクセプタンス&コミットメント・セラピーの心理教育を実施した症例報告  谷 晋二  行動療法研究  42/ 2, 147-158  2016/02
一覧表示...

研究発表等
ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)の最前線  日本認知・行動療法学会第43回大会  2017/09/30
Japanese Version of Child and Adolescent Mindfulness Measure: Development and Examination of its Reliability and Validity  ACBS Annual Conference 15  2017/06/21
The effect of ACT WS for Teachers and Staffs working for Children Having Disabilities II  ACBS Annual World Conference 15  2017/06/21
一覧表示...

その他研究活動
ACT & RFT  Chinese Academy, Beijing, China  2016/08/08-2016/08/08
ACT工作坊(支援者向けACTワークショップ)  蘇州、中国  2016/08/06-2016/08/07
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
学外研究制度   -     関係フレーム理論に基づく「自己self」の理論的、および実証的研究   -   国外   2016/09-2017/09   2016     アイルランド 
研究の国際化推進プログラム   -     障がいのある子どもを持つ家族とその支援者へのメンタルヘルスプログラムの改訂と台湾での有効性の検討   代表   -   2014/04-2015/03   2014   1,500,000   
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2016  行動分析学  講義
2016  専門演習Ⅰ  演習
2016  組織行動援助研究  講義
一覧表示...

教育活動
WEBCTを使った授業中の発表回数の登録
学生は授業中に行なった各自の発表、質問の回数を出席登録、コメントとともにmanaba+Rに登録をする  2015/04-
応用人間科学研究科でのポートフォリオ作成とFD研修
キャリア&アカデミック ポートフォリオ作成を行い、教員に向けたFD研修を行った。  2011/05-
WEBCTを用いた情報公開
WEBCT上に授業スライド、コミュニケーションペーパーの要約を置いている。次回の講義予告はWEBCTを通して受講生に通知している。  2011/04-
一覧表示...
■電話番号
075-466-3245
■Eメールアドレス
  
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
臨床心理学
特別支援教育