Papers
Number of the published data : 33
No. Title of presented paper Author's name etc. Journal name Volume/issue,page Date of Publication ISSN DOI URL
1 書評:秋田茂編著『アジアからみたグローバルヒストリー―「長期の18世紀」から「東アジアの経済的再興」へ―」(ミネルヴァ書房・2013年11月)
石川亮太
西洋史学
264, 105-107
12/2017



2 韓国保護国期(1905~10)における華商の活動:駐韓清国領事館「商務報告」から
石川亮太
佐賀大学経済論集
49/ 4, 27-38
03/2017



3 朝鮮開港をどう考えるか : 拙著『近代アジア市場と朝鮮 : 開港・華商・帝国』に寄せて
石川亮太
News letter(近現代東北アジア地域史研究会)
28, 72-79
12/2016



4 화교 화인의 시점에서 본 아시아 속 조선 개항(華僑・華人の視点から見たアジアの中の朝鮮開港)
이시카와 료타(石川亮太)
歴史批評(ソウル:歴史批評社)
114, (82‐112)
03/2016



5 書評:須永武徳編著『植民地台湾の経済基盤と産業』(日本経済評論社, 2015年)
石川亮太
立教経済学研究
69/ 5, (267‐272)
03/2016



6 개항기 부산의 일본인 상인과 부산수산회사(開港期釜山の日本人商人と釜山水産会社)
이시카와 료타(石川亮太)
民族文化研究(釜山:民族文化研究院)
69, (417-463)
11/2015



7 一八八〇年代の紅蔘対清輸出と華商―裕増祥事件を通じて
石川亮太
朝鮮史研究会論文集
53, (83–113)
10/2015



8 Commercial Activities of Chinese Merchants in Korean Inland Areas after the Opening of its Ports
Ishikawa Ryota
Chosen Gakuho (Journal of the Academic Association of Koreanology in Japan)
235, (39-80)
04/2015



9 The Question of Foreign Residents in Pusan's Japanese Enclave during the 1880s: The Clash between Traditional Diplomatic Institutions and Freedom of Movement within Open Ports
Ishikawa Ryota
Memories of the Research Department of the Toyo Bunko
72, (57-97)
2014



10 近代東アジア史のなかの朝鮮華僑
石川亮太
歴史と地理
669, 37-40
11/2013



11 인천을 둘러싼 러시아 정기항로 구축과 화교 상인 -대한제국 시기를 중심으로-(仁川をめぐるロシア定期航路構築と華僑商人-大韓帝国時期を中心に)*韓国語
石川亮太
仁川文化研究(仁川:仁川広域市立博物館)
9, (19-79)
12/2012



12 アメリカ人の見た近代東アジアの国際秩序--O.N.デニー著/岡本隆司校訂・訳註『清韓論』(東北アジア文獻研究叢刊4)
石川亮太
東方
355, (24-27)
09/2010



13 開港期朝鮮華僑の商業活動:ソウル大学校所蔵同順泰資料を中心に
石川亮太
訪韓学術研究者論文集
9, (1-22)
03/2009



14 Commercial Activities of Chinese Merchants in the Late Nineteenth Century Korea: with a focus on the documents of Tong Shun Tai archived at Seoul National University, South Korea
Ryota Ishikawa
International Journal of Korean History
13, (75-97)
03/2009



15 討論(姜ジナ報告に対して)
石川亮太
グローバル・ヒストリーの諸相と展望(第8回日韓・韓日歴史家会議報告書)
(125-128)
02/2009



16 개항기 중국인 상인의 활동과 정보매체 -동순태 서간자료를 중심으로-(開港期中国人商人の活動と情報メディア-同順泰書簡資料を中心に)*韓国語
石川亮太
奎章閣(ソウル:ソウル大学校奎章閣韓国学研究院)
33, (183-234)
12/2008



17 국경을 뒤어넘는 지역의 다중적 구조 (国境を超える地域の多重的構造) *韓国語
石川亮太
韓国学研究(仁川:仁荷大学校韓国学研究所)
19, (235-253)
11/2008



18 조선 개항후 중국인 상인의 무역활동과 네트워크(朝鮮開港後中国人商人の貿易活動とネットワーク)*韓国語
石川亮太
歴史問題研究20(ソウル:歴史問題研究所)
20, (9-50)
10/2008



19 近代東アジア市場と朝鮮-中国人商人の活動を通じて
石川亮太
日韓文化交流基金NEWS
47, (2-3)
09/2008



20 篠田治策文書
有馬学・松原孝俊・高野信治・中野等・中島楽章・石川亮太・倉本潤子・新城道彦・石橋道秀・内山一幸・藤田理子・官田光史・山口華代・崔相振・田中光晴・山下達也
九州大学韓国研究センター年報
8, (87-116)
03/2008



21 동순태와 인천 화교무역(同順泰と仁川華僑貿易)*韓国語
石川亮太
Platform(仁川:仁川文化財団)
5, (70-75)
08/2007



22 2006年の歴史学界:回顧と展望-朝鮮(近現代)
石川亮太
史学雑誌
116/ 5, (252-256)
05/2007



23 開港期漢城における朝鮮人・中国人間の商取引と紛争―「駐韓使館档案」を通じて―
石川亮太
年報朝鮮学
10, (93-127)
03/2007



24 韓国保護国期における小額通貨流通の変容
石川亮太
朝鮮史研究会論文集
44, (101-131)
10/2006



25 近代東アジアのロシア通貨流通と朝鮮
石川亮太
ロシア史研究
78, (21-56)
05/2006



26 書評:岡本隆司著《属國と自主のあいだ-近代清韓関係と東アジアの命運-》(名古屋大學出版會, 2004年)
石川亮太
洛北史学
7, (136-142)
03/2005



27 朝鮮開港後における華商の対上海貿易―同順泰資料を通じて―
石川亮太
東洋史研究
63/ 4, (21-56)
03/2005



28 日露戦争軍票の流通実態と日本の対応―満洲通貨政策の起点として―
石川亮太
軍事史学
40/ 2・3, (246-259)
12/2004



29 ソウル大学校蔵『同泰来信』の性格と成立過程―近代朝鮮華僑研究の端緒として―
石川亮太
九州大学東洋史研究
32, (126-193)
03/2004



30 1910年代満州における朝鮮銀行券の流通と地域経済
石川亮太
社会経済史学
68/ 2, (3-20)
07/2002



31 20世紀前半の朝鮮における穀物価格変動の統計学的分析
石川亮太
年報〈島根県立大・メディアセンター〉
2, (21-33)
03/2002



32 20世紀初、朝鮮東北部のルーブル紙幣流通―近代東アジア域内流通と朝鮮の地域経済―
石川亮太
待兼山論叢(史学編)
35, (27-49)
12/2001



33 19世紀末東アジアにおける国際流通構造と朝鮮―海産物の生産・流通から―
石川亮太
史学雑誌
109/ 2, (1-33)
02/2000