English
理工学部  /
都市システム工学科

 カワサキ   ユウマ   (男)
 川﨑    佑磨   准教授
 Yuma   KAWASAKI

■兼務所属(本学内)
総合科学技術研究機構   /
防災フロンティア研究センター
衣笠総合研究機構   /
歴史都市防災研究所
■出身大学院・出身大学他
2007/03  呉工業高等専門学校  環境都市工学科  卒業
2009/03  熊本大学  工学部  都市システム工学科  卒業
2010/03  熊本大学大学院  自然科学研究科  社会環境工学専攻  博士課程前期課程  修了
2012/03  熊本大学大学院  自然科学研究科  複合新領域科学専攻  博士課程後期課程  修了
■取得学位
博士(工学) (2012/03 熊本大学)  
■職歴
2012/04/01-2016/03/31  立命館大学理工学部都市システム工学科・助教
2016/04/01-  立命館大学理工学部都市システム工学科・准教授
■委員歴
2012/04-2015/03  (社)土木学会  東日本大震災による橋梁等の被害分析小委員会・委員
2012/04-2015/03  関西道路研究会  橋梁の健全度診断技術に関する研究小委員会・委員
2012/12-2015/06  (社)日本コンクリート工学協会  JCI近畿支部・若手研究プロジェクト推進WG
2013-2016  RILEM  TC239"On-site measurement of concrete and masonry structures by visualized NDT"
2014/04-2018/03  (社)日本非破壊検査協会  衝撃弾性波法研究委員会・委員
2014/10-2018/07  (社)日本非破壊検査協会  鉄筋腐食診断手法研究委員会・委員
2015/03-2015/03  (社)土木学会 関西支部  平成27年度土木学会関西支部年次学術講演会プログラム編成委員会・委員(Ⅰ部門担当)
2015/06-2017/05  (社)土木学会  橋梁の対津波設計に関する研究小委員会・幹事
2016/03-2016/03  (社)土木学会 関西支部  平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会プログラム編成委員会・委員(V部門担当)
2017/04-2018/07  (社)日本コンクリート工学協会  コンクリート工学年次大会2018実行委員会幹事
2017/05-  滋賀県  滋賀県リサイクル製品認定懇話会委員
2017/05-  (社)日本コンクリート工学協会  JCI近畿支部執行委員
2017/12-  (社)土木学会  橋梁等の対津波・対洪水設計に関する研究小委員会
2017/12-  (社)土木学会  大学・大学院教育小委員会
2018/04-  (社)土木学会  関西支部幹事
2018/04-  (社)土木学会  関西支部 橋梁等の維持管理・更新における情報通信技術の活用に関する調査研究委員会
2018/09-  (社)日本非破壊検査協会  鉄筋腐食診断に係るガイドライン作成研究委員会
■所属学会
土木学会  
日本コンクリート工学会  
日本非破壊検査協会  
関西道路研究会  
日本地震工学会  
RILEM(International Union of Laboratories and Experts in Construction Materials, Systems and Structures,国際材料構造試験研究機関・専門家連合)  
■研究テーマ
非破壊試験法を用いた鋼板補強されたRC橋脚の損傷評価法
鉄筋腐食を受けるRCのAE技術を用いたモニタリングによる損傷評価法の構築
鉄筋腐食を受けるRC部材のハイブリッド非破壊検査法の開発
AE技術を用いた積層ゴム支承の非破壊評価手法への挑戦
ポーラスコンクリートの品質評価に関する研究
ポーラスコンクリートによる水質改善効果に関する研究
ポーラスコンクリートを使用した生物共生への挑戦
ポーラスコンクリートの各種用途、品質に関わる研究
コンクリートの新規用途開発に関する研究
■研究概要
社会基盤施設(インフラ)の維持管理・防災に向けた研究

 私たちの国は,多くの社会基盤構造物(インフラ)が存在し,それらの多くが今後数十年で更新時期を迎えます.財政状況,人手不足などの影響から全ての構造物を維持管理していくことは非常に困難です.そこで,非破壊試験法が注目されています.非破壊検査とは,構造物を傷つけることなく,どこが悪いか検査する手法です.様々な非破壊試験法がありますが,この研究では主にアコースティック・エミッション(AE)法という方法を利用しています.様々な材料,部材にAE法を利用することで,破壊メカニズムの解明や健全度の把握などを評価していきます.
また,AE法のみではなく,様々な非破壊試験法の長所を活かして「ハイブリッド非破壊試験法」の開発を行います.
■研究キーワード
コンクリート材料、コンクリート構造、非破壊試験 
■研究業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します。)

著書
Innovative AE and NDT Techniques for On-Site Measurement of Concrete and Masonry Structures  Yuma Kawasaki, Yuichi Tomoda and Masayasu Ohtsu  Springer  133-156  2016/06  978-94-017-7606-6
Acoustic Emission (AE) and Related Non-Destructive Evaluation (NDE) Techniques in the Fracture Mechanics of Concrete  Yuma Kawasaki, Takahisa Okamoto and Kazuyuki Izuno (Edited by Masayasu Ohtsu)  WOODHEAD PUBLISHING  57-76  2015/04  978-1-78242-327-0
一覧表示...

論文
鋼板とコンクリート間の接着剥離面積が衝撃弾性波法における検出波形に与える影響  康田雄太、櫻井裕隆、川崎佑磨、伊津野和行  土木学会論文集A1(構造・地震工学)  74/ 4, 490-496  2018/11
繰返しせん断変形が積層ゴム支承のAE特性に与える影響  田中陽裕、川崎佑磨、植田健介、伊津野和行  土木学会論文集A1(構造・地震工学)  74/ 4, 481-489  2018/11
RI法を援用したポーラスコンクリートの品質評価手法の現場施工への適用と有効測定範囲に関する研究  王子哲、安部良介、岡本享久、川崎佑磨  コンクリート工学年次論文集  40/ 1, 1359-1364  2018/07
一覧表示...

研究発表等
RI法を応用したポーラスコンクリートの空隙率評価に関する研究  第45回セメント・コンクリート研究討論会  2018/11/09
Evaluation of Rebar Corrosion without Oxide Film in concrete Using Acoustic Emission and Half-cell Potential Methods  The 8th International Conference of Asian Concrete Federation (ACF2018)  2018/11/06
Application of Quality Evaluation of Porous Concrete by RI Method to On-site Construction and Research on Effective Measuring Range  The 8th International Conference of Asian Concrete Federation (ACF2018)  2018/11/06
一覧表示...

科学研究費助成事業
科学研究費助成事業データベースへのリンク

研究高度化推進制度
研究の国際化推進プログラム   -     AE法に基づくコンクリートの爆裂発生過程の評価に関する基礎的研究   代表   -   2015/10-2016/03   2015   500,000   
研究推進プログラム   若手研究(旧 若手スタートアップ含む)     塩害劣化したコンクリート部材の鉄筋腐食補修効果の検証に関する研究   代表   -   2015/07-2016/03   2015   1,000,000   
研究推進プログラム   基盤研究     積層ゴム支承の劣化に対する定量的な短期モニタリング診断技術に関する研究   代表   -   2015/04-2016/03   2015   1,500,000   
一覧表示...

受賞学術賞
(社)日本非破壊検査協会  睦賞  2016/06
(社)土木学会  吉田研究奨励賞  2016/06
(公社)日本材料学会  第28回信頼性シンポジウム優秀研究発表賞  2014/12
一覧表示...
■教育業績一覧  (上位3件までを表示します。一覧表示では、公開対象の全件を表示します)

担当授業科目
2017  環境都市工学実験Ⅰ  実験・実習・実技
2017  環境都市工学実験Ⅱ  実験・実習・実技
2017  まちづくり演習入門  演習
一覧表示...
■研究者からのメッセージ
安心・安全なインフラの構築とコンクリートで夢を!!
 防災という観点から,様々な材料や部材の維持管理に関する研究をしています.
また,「コンクリートでこんなことができるのか!!」というような夢の持てる研究を一緒に進めていきましょう.
研究室では,活発な意見交換や発表技術の向上のために,研究ゼミや懇親会なども定期的に行っています.実験や解析も全員で助け合いながら勉強しています.一緒に頑張っていきましょう.
■電話番号
077-561-3368
■Eメールアドレス
■研究分野(ReaD&Researchmap分類)
土木材料・施工・建設マネジメント