ハタ カツ
秦 劼
QIN Jie
所属 経済学部 経済学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 行動経済学

 研究テーマは「感情と市場」である。人間の感情は意思決定に強い影響を与える。これは進化の結果であり、意識によってコントロールできない場合が多い。従来の経済学では、感情の影響が無視され、意思決定を純粋な認知過程として捉えてきたが、近年、神経経済学という新しい研究分野が形成し、神経学の専門家、心理学者、経済学者が協力して、感情と意思決定の関係を解明しようとしている。私の研究もその一環であり、近年の神経学、心理学、実験経済学の発見に基づき、感情が投資行動にどのような影響を与えるのかを分析する。
 最近の研究は後悔の影響に注目する。投資が失敗したとわかるときに、だれでも後悔という感情を感じるだろう。また、激しい後悔を経験した後に、「後悔しないように」と思うのも普通である。神経学の研究は後悔の脳内メカニズムをある程度解明し、心理学の実験結果は、後悔が意思規定に強い影響を与えることを示した。私の研究は、後悔を証券投資のモデルに導入し、後悔が投資家行動及び市場価格にどのような影響を与えるのかを分析する。分析の結果によると、投資家が間違った行動に対して強い後悔を感じ場合、彼らは利益を犠牲にするまで後悔を回避しようとする。その結果、彼らは価格が低いときに買って高いときに売るのではなく、価格が高いときに買って低いときに売るような行動を取る。また、後悔は、みんなが同じことをするという群衆行動(Herding)も引き起こす。投資家たちのこのような行動は、市場に波乱をもたらし、バブルやクラッシュを引き起こす。