KOBAYASHI Kahori
Department / Course Institute for Language Education and Research
Title / Position Lecturer
言語種別 日本語
研究概要 開発教育の手法を取り入れた習熟度別英語教授法に関する研究

 本研究の目的は、グローバル社会に必要とされる人材育成のため、開発教育の内容とその参加型学習の手法を英語教育に取り入れた教授法の開発である。開発教育は、文化、人権、 環境などに関連した世界の様々な問題の解決に向けて、「知り・考え・行動する」を促す教育活動である。開発教育の参加型の学習方法は、内容理解を容易にし、議論を活発にするために有効であるばかりか、言語習得にも役立つと考える。英語の習熟度があまり高くなく、 取り扱う内容の背景知識が少ない学習者対象でも、英語での授業展開が可能だ。学習者の英語の習熟度や内容の背景知識量に配慮しつつ、アクティブラーニングを通して、国際問題が理解でき、議論に必要な英語でのコミュニケーション力が身につく教授法と教材を開発する。 最終的に、教材集とアクティビティを作成するための手順を示した本を出版する。市民や教員向けにワークショップを開催し、この教授法の広報と普及に努める。