オオクボ タケユキ
大窪 健之
OKUBO Takeyuki
所属 理工学部 環境都市工学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 持続可能で(環境)、安全な(防災)、都市・地域のデザイン手法(設計)をテーマとする「防災まちづくり」に取り組んでいます。
次世代へ受け継ぐべき文化遺産と、それを取り巻く歴史都市の災害安全を目指して、伝統的な減災の知恵やコミュニティ防災の研究と実践をすすめています。

 従前には別々に取り組まれてきた、文化遺産の保全と都市の防災計画との間の複合領域を主な対象として、安全で美しい都市や地域のデザイン(設計)を目指しています。 
主に、グローバルCOE「文化遺産防災学」に関連する研究に取り組みます。
京都市事業として実践段階にある「清水周辺地域を対象とした環境防災水利の整備事業」を始め、各地の重要伝統的建造物群保存地区など歴史的町並みの「住民参加を通じた防災計画の策定」、歴史に見る「伝統的な減災の知恵」の抽出とその現代における有効性評価など、実践的な社会貢献を目指したプロジェクト参画を通じて、研究を進めます。
国内外の現場におけるフィールド調査→そこに内在する社会的な課題抽出→分類や解析を通じた分析→解決へ向けた基本方針の導出→具体的計画案としての総合化→成果の市民・行政等による評価、といった一連の課題解決型の研究に、現場の行政、市民とともに取り組んでいます。