キクチ タケシ
菊地 武司
KIKUCHI Takeshi
所属 生命科学部 生命情報学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル タンパクの立体構造とドラッグデザイン
メッセージ 私はもともとヘムという生物分子の電子状態を分子軌道法を用いて予測することから研究をスタートさせた。そのうちにヘムを含むヘモグロビンタンパク全体の挙動に興味をもち、タンパクそのものの構造と機能との関連に関心が広がっていった。タンパクは、生命現象のもっとも基本的な性質である自己組織化能力をもち、その挙動を解明することは生命現象の基本的な理解に繋がると期待される。一方、タンパクは生体内で様々な機能を担うがそれはタンパクの固有の立体構造に由来することが知られている。そしてタンパク構造に適合し、強く結合する化合物を設計すれば医薬分子となる可能性がある。これがコンピュータ支援ドラッグデザインの考え方である。このことはいわゆるゲノム創薬においてもキーとなる点である。私の現在の興味は、コンピュータを利用してタンパクの構造と機能との関連を理解し、それをドラッグデザインに応用することである。