ヤマダ ノゾミ
山田 希
YAMADA Nozomi
所属 法学部 法学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 契約法における相対効原則の意義
メッセージ 契約の効力は、本来、契約当事者にしか及ばないとされています(契約の相対効原則)。
しかしながら、複雑な取引社会においては、相対的な効力しかもたないはずの契約が他の契約と相互に影響を及ぼしあう場合があります。このように、密接に関連する複数の契約関係が存在する場合に、それらが互いにどのような影響を及ぼしあうのかを解明し、その法的根拠が何かを検討するという研究を中心に進めてきました。とりわけ最近は、賃貸借契約と転貸借契約との関係をはじめとする、主たる契約とその下位契約との関係について研究を進めているところです。

1996年に名古屋大学を卒業。同大学大学院を経て名古屋学院大学に専任講師として赴任。2014年より現職。
趣味は、硬式テニス、登山、スポーツ観戦(野球や相撲など)。