コスギ ヤスシ
小杉 泰
KOSUGI YASUSHI
所属 立命館アジア・日本研究機構 アジア・日本研究所
職名 教授
研究期間 2009 ~ 2011
研究課題 IT時代における現代アラビア語の言語社会学的研究
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(B)
科研費研究課題番号 21310156
キーワード IT技術, メディア, 口語, アラビア語, アイデンティティー, イスラーム, 文語, 言語学
代表分担区分 研究分担者
代表者 長沢 栄治
連携研究者名 保坂 修司, 中江 加津彦
概要 本研究は、アラブ世界の国民国家形成と近代化過程の中で成立した「現代アラビア語」が、今日の情報革命とマスメディアの展開による言語環境の変化の中で、新たに果たしつつある政治社会的な役割について、とくに言語環境と社会・政治変容との関係に注目しながら、地域研究的な共同研究を行った。とくに正則アラビア語(フスハー)と方言アラビア語(アーンミーヤ)と言う二種類の言語が社会各層のアイデンティティやイスラーム運動などの社会運動とどのような関係にあるかについて考察した。2011年に始まるアラブ革命におけるアラビア語の役割についても機動的に分析を行った。以上の研究を踏まえ「現代アラビア語」のプロジェクト全体の研究ツールとしてアラビア語辞書データベースの改良も行った。