モチヅキ チカ
望月 爾
MOCHIZUKI Chika
所属 法学部 法学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 納税者の権利の確立と保護
メッセージ わが国では、納税といえば憲法上国民の義務として考えるのが一般的です。国民は税を納めることを一方的に求められますが、納税者としての権利は保障されておりません。この矛盾をどのように考え、解消してきくべきかという問いかけが、私の研究の原点にあります。

一方、諸外国では、国民主権の理念のもと納税を権利と位置づけ、納税者の権利保護のための立法や宣言を制定している国々も少なくありません。とくにアメリカでは80年代後半から三次にわたって納税者権利保護法を制定し、納税者を「お客様」として丁重に扱うことを前提に、調査徴収、不服申立などにおける権利保護手続が整備されてきました。
私はわが国においても、納税者の権利を確立し保護手続を整備すべく、人権論の立場から税法の研究を進めてまいりたいと考えております。