HASEGAWA Kyoko
Department / Course College of Information Science and Engineering Department of Information Science and Engineering
Title / Position Lecturer
言語種別 日本語
研究概要 点群を基にしたメッシュフリー構造解析手法と半透明可視化手法の融合技術の開発

点群データを基にして分布関数を作成するという研究は現在,CG分野の曲面モデル生成手法だけではなく数値解析分野のメッシュフリー法による解析技術の発展にも繋がっている.我々は上記2手法の親和性から,曲面モデルを基にしたメッシュフリー法による応力解析手法の開発・改良を行ってきた.曲面モデルの可視化に関してはGPUを用いたリアルタイムレンダリングが実現されているが,解析結果と同時に可視化する為には,正規格子ボリュームデータへ出力した後にボリュームレンダリングを行ってきた.線量分布シミュレーション結果と人体の2つの異なるボリュームデータを可視化するソフトウェアの開発では,従来の可視化手法であるレイキャスティングによる可視化を実現している.
 ボリュームグラフィックスの技術としては近年,ポイントレンダリング技術の1つとして粒子ベースレンダリングが開発された.この手法は点群を不透明な発光粒子とみなし,点群(粒子群)を画像平面へ投影し,投影画像を平均することで実現できる.この手法はソート処理が不要でありながらレイキャスティング法と同等な半透明画像を生成でき,さらには粒子群を混ぜ合わせるだけで,ボリュームデータだけではなく,ボリュームと曲面の半透明融合可視化を容易に実現できる.粒子ベースレンダリングは内部構造の立体的な可視化が特徴であり,今後は複雑形状を基にしたメッシュフリー解析の工学的諸問題への応用および手法の高速化を行い,シミュレーション結果と曲面モデルを統合的に可視化する為の粒子ベースレンダリングの実現を目指している.