オオタ トシアキ
太田 俊明
OHTA Toshiaki
所属 総合科学技術研究機構
職名 上席研究員
言語種別 日本語
研究概要 シンクロトロン放射光を用いた物性科学の研究

シンクロトロン放射光(放射光)は赤外からX線にまで拡がった強力な光源であり、これを用いて様々な物性研究が行われてきた。私は、特に軟X線領域の放射光利を光源にしたX線吸収分光法、X線光電子分光など、内殻分光法を駆使して、固体表面の電子構造、原子構造、磁気構造の研究を行ってきている。立命館大学に移ってからは、小型放射光の産業応用を中心にして、軟X線吸収分光法の高度化を図っている。また、放射光を用いた赤外顕微鏡の開発も同時行っており、ナノ、バイオ材料の評価に応用する予定である。

【研究テーマ(2)概要】
放射光の軟X線領域の光を利用した吸収分光、光電子分光、XMCD法を用いて金属表面の原子構造、電子状態、磁気的性質を調べ、それらの相関を明らかにする。