HOSHINO Kaoru
Department / Course College of International Relations Department of International Relations
Title / Position Professor
言語種別 日本語
タイトル ユーロ危機とEU統合の行方
メッセージ 2008年のグローバルな金融・経済危機の延長上にユーロ危機が発生して以降、ユーロ危機の原因とそれがヨーロッパの経済や統合に与えた影響についてずっと考察してきた。ユーロは本来ヨーロッパ経済の成長とヨーロッパ統合の発展を促すはずであったが、現状は危機を助長している。しかも、ユーロ危機による深刻な打撃が癒えない中で、EUは難民や宗教対立、高まる反EU運動、ロシアとの軋轢、米国との関係の冷却化など、新たないくつもの難問を抱えている。言い換えれば、目下のEUは特に学際的な視点で考察するのに格好の題材であるといえる。