スエチカ コウタ
末近 浩太
SUECHIKA Kota
所属 国際関係学部 国際関係学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 「イスラーム」を軸とする現代中東政治研究
メッセージ 専門は現代中東政治、特に東アラブ地域のイスラーム政治運動・思想を研究しています。冷戦後の世界においてイスラーム政治運動は国際政治の主要なアクターの1つとなりましたが、その実態は十把一絡げに「イスラム原理主義」とされるなど、十分に把握されているとは言えません。
さらに、9.11事件や「イラク戦争」を経て、今や人々の関心は実態の把握(あるいは異文化の理解)よりも「彼ら」をいかにコントロールするかという、古くて新しい問題にシフトし始めています。

こうしたなかで、アラビア語の原典読解と臨地調査を2つの柱に、「彼ら」の考え方や活動を紹介し、理解することに取り組んできました。地道な作業ですが、民主化や安全保障、天然資源の問題とおなじように大切なことだと考えています。これを手掛かりに、国際政治における「イスラーム」の意味と意義を今一度きちんと検討し、21世紀の国際社会のあり方を構想していきたいと思います。
英国ダーラム大学修士、京都大学博士。