タカヤ カズコ
高屋 和子
TAKAYA Kazuko
所属 経済学部 経済学科
職名 教授
言語種別 日本語
タイトル 最近の関心テーマ:中国の財政制度改革-発展戦略の転換と財政制
メッセージ 90年代に入ってから地域格差の問題が顕在化し、中国政府はそれまでの地域不均衡発展戦略から均衡発展戦略へと発展戦略を転換し始めた。特に都市と農村間では公式統計で平均でも約3倍の収入格差が存在し、また経済的格差以外にも教育・医療など社会的サービスでも格差が存在している。都市へ出稼ぎに出た農民も差別的な待遇を受けたり、他にも農地を転用する際の保障が十分に行われないなど、農民は社会、政府に対し大きな不満を抱いている。その不満は最近度々報道されるようなデモ、暴動へとつながり、中国の安定的成長とともに、中国共産党の存在をも脅かしかねない。このような状況に対し政府は農業関連への財政資金投入の増加、農村の産業構造高度化、都市化、農民負担(税、税以外の様々な費用負担)の軽減などの取り組みを実施している。これには発展の遅れた内陸地域への財政移転、農村支援など中央政府による財政的支援が不可欠であり、財政の果たす役割は大きい。このような発展戦略の転換に財政制度はどのような役割を果たすのか?どのような改革が今後必要になるのか?を研究している。