DOUSEKI Takakuni
Department / Course College of Science and Engineering Department of Electronic and Computer Engineering
Title / Position Professor
言語種別 日本語
タイトル 古きを温めて新しきを知る
メッセージ 半導体における日本の位置付けが低下しています。欧米勢によるMPU、DSPの先導、東南アジア勢によるDRAMの台頭の中で、日本が進むべき方向がなかなか見えてきません。この問題を解決するためには、どうしたらよいのでしょうか。私は日本にしかできないことに取り組むことが大事だと思っています。幸いなことに、日本には外国にはまねのできない、先祖から代々受け継がれた繊細で美しい「花道」「茶道」「茅葺き」「障子」「扇子」「ふろしき」「折り紙」等の文化や「もったいない」という精神があります。私が取り組むテーマでは、「日本の古き良き文化や精神の本質をよく咀嚼、理解して、そのコンセプトを新しいシステム作りに取り入れる」を合言葉に研究を進め、その成果を世界に発信していきたいと思います。NTT研究所に24年間勤務後、2006年から本学に。趣味は、妻等とのテニス(現在の課題は、つなぎのテニスから攻めのテニスへのステップアップ)。工学博士。