タキ ヒロシ
瀧 博
TAKI HIROSHI
所属 経営学部 経営学科
職名 教授
研究期間 2000 ~ 2001
研究課題 会計情報の検証行為における事実認定に関する実証研究
実施形態 科学研究費助成事業
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 奨励研究(A)
科研費研究課題番号 12730088
キーワード 監査人の責任, 証券取引法違反, 会計情報の信頼性, 不正な財務報告, 会計, 情報の信頼性, 監査, 証券取引委員会, 規則 10b-5, 不正
代表分担区分 研究代表者
代表者 瀧 博
概要 本研究で明らかになったことは,SECにおける処分事例では,会計上の不正が行われ隠蔽された年数が長ければ長いほど,監査人(公認会計士および監査事務所)が処分される傾向にあるが,他方,会計上の不正が行われた項目や隠ぺい工作と監査人の処分には有意な差は見られなかった。