オノエ アケヨ
尾上 明代
ONOE Akeyo
所属 人間科学研究科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 さまざまな対象・場・目的に応じたドラマセラピーの実践・応用の方法

ドラマセラピーは、表現芸術療法の一つです。北米ドラマセラピー学会(NADTA)の定義では、「ドラマ・演劇のプロセスと結果を系統的かつ意図的に用いて、症状を緩和する治療を行なったり、感情的・身体的な統合をすすめたり、また個人の成長を達成させようというものである。ドラマセラピーは行動的で経験的なアプローチであり、次のような能力――クライエントが自分のことを語る、問題を解決する、ゴールを決める、適切に感情を表現する、カタルシスを得る、内面的な経験の深さと幅を広げる、人間関係を向上させる、生活の中のさまざまな役割における柔軟性を増大させながら役割を行なう力を強める――などを引きだす」となっています。

NADTAのドラマセラピストたちの活動領域(対象者)は、医療(慢性精神病、摂食障害、PTSD、薬物依存などの精神科の患者、ターミナルケアを受ける患者など)、福祉(発達障害などがある方、認知症などの高齢者、被虐待者、復員兵、受刑者など)、教育現場などであり、病気の治療としてだけでなく、幅広い目的で、さまざまな対象者に行なうことができるのです。私は、臨床の場だけでなく、現代社会におけるニーズに合わせ、一般の人に向けて、積極的な心の健康や、病気の予防という観点からも、この療法が役に立つよう応用方法を考えてきました。さらに、自己表現力などを向上させることを重視した視点での教育方法を編み、人間関係スキルやコミュニケーションスキルとともに取得できるように工夫した授業やセッションを教育現場や企業などでも実践し、その効果なども研究しています。