タカダ タツユキ
高田 達之
TAKADA Tatsuyuki
所属 薬学部 創薬科学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 多能性幹細胞の分化制御とその薬学への応用

多能性幹細胞(ES iPS細胞、生殖幹細胞、組織幹脂肪など)を材料にその分化機構、天然物や化学物質が細胞分化(レチノイン酸シグナル)に与える影響解析、および分化制御方法の開発を行なっている。また幹細胞生物学を利用した琵琶湖固有魚種の保存、in vitro 生殖細胞分化も研究している。