アオノ コウヘイ
青野 幸平
AONO Kohei
所属 経済学部 経済学科
職名 教授
言語種別 日本語
研究概要 株式収益率の予測可能性と金融政策に関する時系列分析/日本の消費と資産価格に関する研究

TOPIXや日経平均,それらに関連する株価配当比率など,日本の株式市場の時系列データを利用した分析を行うことで,株式市場における予測可能性について研究している。また,予測変数として,Fama=Frenchモデル以降頻繁に利用されているHMLやSMBなどのファクターなどを利用した分析を行っている。また,金融政策や石油価格との関係,各個別企業の株式収益率などのデータを利用して,収益率の予測可能性に関して,マクロ・ファイナンスの視点で分析する事を目的とした研究も行っている。

現在取り組んでいる課題は以下の通り。

(1)TOPIX を用いた株式収益率の予測可能性と日本の金融政策の関連はあるのか?あるとすれば,どの様な関連になるのか?
(2)日本の企業レベルの株式収益率には,TOPIX の株式収益率同様に,予測可能な要因が含まれているのか?
(3)予測可能性に関する時系列分析において,考えうるバイアスをどの様に修正するべきか?
(4)日本における消費データと資産価格データを利用した変数で,株式収益率を予測できるのか?
(5)石油価格と株式市場・債券市場の関係について
(6)産業別の株価指数と金融政策の関係について